機械翻訳について

グループおよび計算アイテムでのメンバーの操作

グループおよび計算済アイテムを使用してメンバーを操作できます。

トピックス:

グループおよび計算済アイテムについて

表、ピボット表、トレリス、ヒート・マトリックスまたはグラフにデータを表示する方法として、グループまたは計算済アイテムを作成できます。

グループおよび計算済アイテムを使用すると、データ・ソースに存在しない新しいメンバーを列に追加できます。 これらのメンバーは、カスタム・メンバーとも呼ばれます。

列にメンバーを定義するには、メンバーのリストまたはメンバーのリストを生成する選択ステップのセットとしてグループを使用します。 グループはメンバーとして表されます。

計算済アイテムはメンバー間の計算で、ドリルできない単一のメンバーとして示されます。 計算済アイテムの作成時に、選択したアイテムの集計方法に新しいメンバーを追加します。 SumやAverageまたはカスタム式を使用して集計できます。

グループと計算アイテムの作成

グループまたは計算済アイテムを使用して、列に新しいメンバーを追加します。

たとえば、モバイル・デバイスによる売上を確認し、その値を他の製品タイプと比較できます。 Flip PhonesおよびSmart Phonesを含むProduct列に対してMobile Devicesという名前のグループを作成できます。

  1. 分析を編集用に開きます。
  2. 「結果」タブのツールバーで、「新規グループ」または「新規計算項目」をクリックします。

    「新規グループ」または「新規計算項目」ダイアログが表示されます。

  3. グループまたは計算済アイテムがビューに表示される際の値を「ラベルの表示」に入力します。
  4. 「値の場所」リストで、グループまたは計算済アイテムに含める値を含む列を選択します。
  5. 計算済アイテムを作成する場合は、計算済アイテムの関数を選択します。
  6. 「使用可能」領域から「選択済」領域に適切な列値を移動します。
  7. 関数として「カスタム式」が選択されている計算済アイテムでは、ツールバーを使用して数学演算子を選択し、関数に含めます。 Absolute、Ceiling, Floor、RoundおよびSqrt関数も使用できます。

    式によって、ビュー内に動的なカスタム・グループが作成されます。 式で参照されるすべてのメジャーが同じ列から取得され、結果に存在している必要があります。 他の計算済アイテムに式を挿入したり、他の計算済アイテムと連結することができます。

    列に名前付きアイテムを指定するかわりに、$nまたは$-nを指定できます。 ここで、nは、アイテムの行の位置を示す整数です。 $nを指定すると、メジャーはn番目の行から取得されます。 $-nを指定すると、メジャーは最後からn番目の行から取得されます。

  8. オプションで、計算済アイテムを作成する場合は、「計算項目メンバーをビューから削除」を選択します。

    このボックスを使用して、計算済アイテムに含めたメンバーをビューに表示しないようにします。

  9. 「OK」をクリックします。

    デフォルトでは、新しいグループまたは計算済アイテムは分析内のすべてのビューに対して作成されます。

グループと計算アイテムの編集

「選択ステップ」ペインまたは「カタログ」ペインから、グループおよび計算済アイテムを編集できます。 表、ピボット表、ヒート・マトリックスまたはトレリスのグループおよび計算済アイテムを編集することもできます。

たとえば、Game StationおよびPlasma Televisionメンバーを含めるようにグループを編集できます。

グループや計算済アイテムを編集するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • 「選択ステップ」ペインで、グループまたは計算済アイテムへのリンクをクリックしてから、「編集」をクリックします。
  • 「カタログ」ペイン(「カタログ」に保存した場合)でオブジェクトを選択し、「編集」をクリックします。
  • 表、ピボット表、ヒート・マトリックスまたはトレリス(外側のエッジ上)で、グループまたは計算済アイテムを右クリックし、「グループの編集」または「計算項目の編集」を選択します。

グループ・コンテンツの表示

グループのコンテンツを表示して、必要なメンバーが含まれているかどうかを確認できます。

たとえば、Product Category列にカテゴリのグループを作成してあるとします。 グループ・コンテンツを表示して、適切なカテゴリが含まれているかどうかを確認できます。

  1. 分析を編集用に開きます。
  2. 「結果」タブをクリックします。
  3. 表ビューで、グループが含まれるセルを右クリックします。
  4. 「グループ定義の表示」を選択します。
  5. 「閉じる」をクリックします。

グループと計算アイテムの保存

インライン・オブジェクト(分析あり)または名前付きオブジェクト(スタンドアロン・オブジェクト)としてグループまたは計算済アイテムを保存できます。

たとえば、Brand Revenue分析で再利用するために、Mobile Devicesグループを名前付きオブジェクトとしてカタログに保存できます。

グループまたは計算済アイテムをインライン・オブジェクトとして保存

  • 分析および分析に含まれるグループまたは計算済アイテムを保存するには、「分析の保存」をクリックします。

    グループまたは計算済アイテムは、分析の一部として保存されます。

グループまたは計算済アイテムを名前付きオブジェクトとして保存

  1. 「結果」タブで、「選択ステップ」ペインを表示します。

  2. グループまたは計算済アイテムのリンクをクリックします。

  3. 「グループに名前を付けて保存」または「計算アイテムを次の名前で保存」を選択します。

  4. 「保存場所」フィールドにフォルダを入力します。

  5. 「OK」をクリックします。

分析内でのグループまたは計算アイテムの再利用

グループまたは計算済アイテムを別の分析に作成された同じ列に追加できます。 グループまたは計算済アイテムは、メンバーのリストまたは選択ステップのセットのいずれかにできます。

たとえば、Brand Revenue分析を表示し、Mobile Devicesグループからグループ・メンバーを追加できます。 「選択ステップ」ペインでは、Mobile Devicesグループのメンバーは追加ステップとして含まれています。

  1. 「結果」タブで、グループまたは計算済アイテムからの選択を適用する列と同じ列を含む分析を表示します。
  2. 「カタログ」ペインで、グループまたは計算済アイテムを選択します。
  3. 「カタログ」ペインのツールバーで、「詳細オプションの追加」をクリックします。
  4. グループまたは計算済アイテム自体を追加するには、「追加」を選択します。 グループまたは計算済アイテムのメンバーのみを追加するには、「メンバーの追加」を選択します。

「メンバー・ステップの編集」ダイアログからのグループまたは計算済アイテムの再利用:

  1. 「結果」タブで、グループまたは計算済アイテムからの選択を適用する列と同じ列を含む分析を表示します。
  2. 「選択ステップ」ペインを表示します。
  3. 必要な列のエントリで、鉛筆アイコンをクリックします。
  4. 「アクション」メニューから、「グループまたは計算項目で開始」を選択します。
  5. 「使用可能」領域から「選択済」領域に保存済のグループまたは計算済アイテムを移動します。
  6. 「OK」をクリックします。

「選択ステップ」ペインからのグループまたは計算済アイテムの再利用:

  1. 「結果」タブに、グループまたは計算アイテムからの選択を適用する列が含まれている分析を表示します。
  2. 「選択ステップ」ペインで、適切な列の「次に、新規ステップ」を選択します。
  3. 「グループまたは計算項目の追加」を選択します。
  4. 「既存のグループおよび計算項目の選択」を選択します。
  5. 結果のダイアログで、「使用可能」領域からグループまたは計算済アイテムを選択し、「選択済」領域に移動します。
  6. 「OK」をクリックします。

グループと計算アイテムの削除

インラインおよび名前付きグループと計算済アイテムを削除できます。

たとえば、分析のFlip PhonesとSmart Phonesの組合せが不要になったとします。 Mobile Devicesグループを削除できます。

インライン・グループまたは計算済アイテムの削除:

  1. 「結果」タブで、削除するグループまたは計算済アイテムを含むセルを右クリックします。
  2. 「削除」をクリックします。

名前付きグループまたは名前付き計算済アイテムの削除:

  1. グローバル・ツールバーで、「カタログ」をクリックします。
  2. 「カタログ」ページで、グループまたは計算済アイテムを見つけます。
  3. グループまたは計算済アイテムで「詳細」をクリックします。
  4. 「削除」を選択します。