機械翻訳について

マップ・バックグラウンドについて

マップのバックグラウンドを追加して管理することで、プロジェクトのマップの視覚化を強化できます。

Oracle 「データの視覚化」には、プロジェクトに簡単に適用できる、すぐに使用できるマップのバックグラウンドが含まれています。 また、Google MapsやBaidu MapsなどのWebマップ・サービス(WMS)プロバイダの利用可能なリストからバックグラウンドを追加することもできます。 これらのプロバイダのバックグラウンド・マップは、特定のリージョン(アジア諸国など)に必要な詳細および言語サポート(都市またはリージョン名など)を提供します。 これらの方法でバックグラウンドを強調することができます:
  • マップ・タイプ、フォーマット、言語、APIキーなどのバックグラウンド・パラメータを変更します。 パラメータは各WMSプロバイダごとに異なります。

  • プロジェクトのデフォルトのバックグラウンドを割り当てたり変更したりします。

  • プロジェクトの継承されたデフォルトのバックグラウンド設定を元に戻します。

WMSプロバイダを追加して、次のタイプの機能を実行できます:
  • WMSマップ・サーバーを追加し、追加のマップ・バックグラウンド・オプションとして使用できるようにします。

  • WMSプロバイダから入手可能な1つまたは複数のマップ・バックグラウンドを選択します。

  • 追加されたWMSプロバイダのマップをデフォルトのマップのバックグラウンドとして割り当てます。