機械翻訳について

ビュー内のデータのレイアウトの変更

「レイアウト」ペインを使用して、ビューでのデータの配置を変更します。

列の追加と再配置や合計の追加などのタスクを実行します。

トピックス:

ビューでの列の追加と再配置

ビューに列を追加したり、列を再配置することができます。

トピック

ビューへの列の追加

ここでは、ビューに列を追加する方法について説明します。

  • 「サブジェクト領域」ペインからビュー・エディタの適切な場所に列をドラッグします。
  • 「サブジェクト領域」ペインから列をドラッグし、ビュー・エディタの「レイアウト」ペインのドロップ・ターゲットにドロップします。
たとえば、Brand Revenue分析の表にOffice列を含めるとします。 「サブジェクト領域」ペインからProduct列の後のドロップ・ターゲットにOffice列をドラッグします。

ビューからの列の削除

ビューから列を削除できます。

特定のビューから列を削除しても、基礎となる分析から削除されたり他のビューから削除されることはありません。 分析およびすべてのビューから列を削除する場合は、「基準」タブを使用して削除します。

  1. ビューを編集用に開きます。
  2. 「レイアウト」ペインの「列とメジャー」セクションで、「詳細オプション」をクリックします。
  3. 「列の削除」を選択します。

ビューでの列の再配置

ビューの列を再配置できます。

  1. ビューを編集用に開きます。
  2. 列ハンドルを使用して列をドラッグし、ドロップ・ターゲットにドロップします。

「レイアウト」ペインで列を再配置するには、次のようにします。

  1. ビューを編集用に開きます。

  2. 「レイアウト」ペインで、必要な場所に列をドラッグ・アンド・ドロップします。

    このステップでは、「レイアウト」ペインを使用して列を再配置する最も基本的なステップを示しています。 「レイアウト」ペインでの列の再配置では、様々なオプションを使用できます。 「レイアウト」ペインのドロップ・ターゲットについてを参照してください。

ビュー内のデータ・セクションのプロパティの設定

ビュー本文(ピボット表など)またはドロップ・ターゲット(セクションなど)のプロパティを指定できます。

たとえば、背景色を薄緑色に設定したり、売上値の長い表に改ページを挿入できます。

  1. ビューを編集用に開きます。
  2. ビュー・エディタで、「レイアウト」ペインを表示します。
  3. ビュー本体またはドロップ・ターゲットの隣にある「セクションのプロパティ」をクリックします。
  4. 適切なプロパティを設定します。 次の表では、プロパティの一部について説明します。
    プロパティ 説明

    改ページの挿入

    セクションの前に改ページを作成するかどうかを指定して、セクション・ドロップ・ターゲット内の値が変わるたびにその列の新しいセクションが新しいページに表示されるようにします。 改ページは、分析をPDFにエクスポートすると認識できます。 これは、データ駆動型の詳細分析に役立ちます。

    次のうちから選択できます。

    • ページ区切りなし- ページは区切られません。
    • 最下層列 - 最下層列で区切られます(各セクションの間に改ページが挿入されます)。
    • 最も外側の列- 最上層列で区切られます。つまり、最も外側の列のセクション・ラベルが変わると改ページが挿入されます。

      最も外側の列の値が変わった場合、その内側の列の値も変わったとみなされます。 そのため、最も外側の列に改ページを設定すると、セクションごとに手動改ページが挿入されます。

    • フォルダ.列- Markets.RegionやProducts.Brandなど。 指定された列のセクション・ラベルが変わると改ページが挿入されます。 このオプションは、「セクション」ドロップ・ターゲットに列が含まれる場合のみ使用できます。

    空白行を表示

    データがない行をセクションに表示するかどうかを指定します。 行が空のテキスト文字列で値が何も含まれていなくてもすべての行を表示する場合は、このオプションを選択します。 表示する結果がないときは行を非表示にする場合は、このオプションの選択を解除します。

    このオプションは、空のアドレス行を非表示にする場合などに役立つことがあります。

    セクション・スライダ値の最大数

    グラフでは、セクション・スライダ・バーに表示する値の最大数を指定しますが、システム最大値を超える値は指定できません。 システムの最大数は管理者によって構成されます。 システムの最大数を超える値を入力した場合、その値は無視されます。
  5. 「OK」をクリックします。

表およびピボット表への合計の追加

「レイアウト」ペインで、表およびピボット表に列の合計を追加できます。

ビュー内の様々な場所に合計を配置できます。 列の合計を追加して、様々なエッジに表示できます。 合計は、メジャーごとにそのメジャーの集計ルールを使用します。

ピボット表の「行」または「列」ドロップ・ターゲットに合計を指定すると、「メジャー」ドロップ・ターゲットに指定された列の結果が合計として表示されます。 合計値は、ピボット表の「列」または「行」エッジではなく、ピボット表の中心のデータに表示されます。

  1. ビューの「レイアウト」ペインを表示します。
  2. 表全体に総計を追加するには、「列とメジャー」ドロップ・ターゲットで、「合計」ボタンをクリックしてから、「前」などの位置をクリックします。

    ピボット表全体の場合は、「行」または「列」ドロップ・ターゲットで、「合計」、位置の順にクリックします。

  3. ドロップ・ターゲット内のすべての値に適用される合計を有効および無効にするには、「セクション」などのドロップ・ターゲット名の横にある「合計」ボタンをクリックします。

    次に、データ・アイテムの前(「前」)などの合計の位置を選択します。 ビューに合計領域が追加されます。

  4. カスタム・テキストを指定して、表およびピボット表の合計見出しに挿入するには、「キャプション」ボックスにテキストを入力します。

    次の表では、入力するテキストについて説明します。

    テキスト 説明

    @

    データの値を表示します。 Region列に合計が指定されているとした場合、次のテキストを合計見出しの「キャプション」ボックスに入力します。

    - @のすべての値

    Western Regionの場合、合計見出しに次のテキストが表示されます。

    - 西部リージョンのすべての値

    "@"

    @記号を表示します。

    ""

    二重引用符を表示します。

    二重引用符の構文は、単一の文字以外にも使用できます。 一般的に、バックスラッシュでエスケープする文字列を二重引用符の内側に使用できます。 例:

    "1234567890\\abc\\d"x"yz!@#$%ˆ&*()-+=_{}[];:'|?/><,.` ~"

    これは次のように表示されます。

    1234567890\abc\d"x"yz!@#$%ˆ&*()-+=_{}[];:'|?/><,.` ~

    "\"

    \記号を表示します。

    \

    \記号を表示します。

ピボット表での累計と相対値の表示

「レイアウト」ペインを使用して、ピボット表にメジャー列の累計または相対値を表示できます。

トピック

ピボット表でのメジャー列の累計の表示

ピボット表では、数値メジャーを累計として表示でき、メジャーの連続セルのそれぞれに、そのメジャーの先行セルすべての合計が表示されます。 このオプションは、実際のピボット表の結果に影響しない表示専用の機能です。

通常、累計は、複製された属性列またはデータを列のパーセンテージで表示するオプションが選択されているメジャー列に対して表示され、最後の値が100パーセントになります。 たとえば、来年の売上目標200万ドルへの進捗状況を確認するために、累計およびパーセンテージを表示できます。 累計はすべての合計に適用されます。 各詳細レベルの累計は、別々に計算されます。

累計オプションが選択されている場合、列見出しは影響を受けません。 累計オプションが有効であることを示す必要がある場合、列見出しを書式設定できます。

累計に対して次の使用ルールが有効です。

  • 累計はSQL RSUM関数とは非互換です(結果が累計の累計になります)。

  • すべての累計は、新規セクションごとにリセットされます。 累計は、セクション内の区切りでリセットされることはなく、セクションをまたがって続くこともありません。

  • メジャーは、単一の列または単一の行に表示されていない場合、左から右、次に上から下の順に合計されます。 (右下のセルに合計が含まれます。) 累計は、行ごとまたは列ごとにリセットされません。

  1. ビュー・エディタでピボット表ビューを開きます。
  2. 「レイアウト」ペインの「メジャー」領域で、合計する行または列の「詳細オプション」をクリックします。
  3. 「累計として表示」を選択します。

ピボット表でのメジャー列の相対値の表示

ピボット表では、格納済または計算済のメジャーをパーセントまたは指数に動的に変換できます。

この場合、計算済アイテムを明示的に作成する必要はなく、アイテムの相対値(合計との比較)が表示されます。 0.00から100.00の間のパーセンテージとして、または0から1の間の指数としてメジャーを表示できます。

たとえば、ピボット表を使用して製品別の売上を調べる場合、売上メジャーを複製し、合計に対するパーセンテージで表示できます。 これによって、各製品の実際の売上と、売上に占めるパーセンテージを表示できます。

  1. ビュー・エディタでピボット表を開きます。
  2. 「レイアウト」ペインで、相対値として表示するアイテムの「詳細オプション」をクリックします。
  3. オプションで、メジャー列を複製するには、「レイヤーの複製」を選択します。

    アイテムがピボット表に同じ名前で表示されます。

  4. 「データの表示形式」を選択します。
  5. 「パーセント」または「指数」を選択します。
  6. 「列」「行」「セクション」などの適切な値を選択します。

    ピボット表ビューに列が表示されます。

  7. 列の名前を変更するには、「詳細オプション」「見出しの書式設定」の順にクリックします。

    「書式の編集」ダイアログで、「キャプション」フィールドに値を入力します。