機械翻訳について

プロジェクト内のデータ・セットの置換

データ・ビジュアライゼーション・プロジェクトで使用される列を別のデータ・セットの列に再マッピングすることにより、データ・セットを置換できます。 データ・セットの置換の一部として、プロジェクトで使用されている列のみを確認および再マップし、置換データ・セットの同じデータ・タイプの列で置換できます。 たとえば、テスト・データ・セットを本番データ・セットで置換したり、プロジェクトをテンプレートとして使用してデータを置換できますが、追加された構造、可視化および計算は維持できます。

「データ・セットの置換」オプションは、1つのデータ・セットを使用するプロジェクトに対してのみ使用できます。 このオプションは、複数のデータ・セットを使用するプロジェクトには使用できません。
  1. データ・セットを置換する「データの視覚化」プロジェクトを作成するかまたは開きます。
    「ビジュアル化」キャンバスで作業していることを確認します。
  2. 「データ・パネル」ペインでデータ・セットを右クリックし、「データ・セットの置換」を選択します。
  3. データ・セットの置換ダイアログで、次のタスクを実行します。
    • プロジェクトの既存のデータ・セットを置換するデータ・セットを選択し、「選択」をクリックします。

    • データ・マッピング表内の既存のデータ・セットと新しいデータ・セット間のデータのマッピングを確認します。 データ・マッピング表には、プロジェクトのビジュアライゼーション、計算およびフィルタで使用されるすべてのデータ要素が含まれます。 2つのデータ・セットに類似したタイプと名前を持つデータ要素は自動的にマップされます。 表では、データ型に基づいて、データ要素がグループ化され、アルファベット順にソートされます。

    • 新しいデータ・セット列で、セルのドロップダウン矢印をクリックし、特定のデータ要素を選択してデータのマッピングを調整します。

      • 同じタイプのデータ要素のみがデータ要素選択ダイアログに表示されます。

      • 戻ると、別のデータ・セットを選択できます。

  4. 「置換」をクリックします。

プロジェクトの既存のデータ・セットは、新しいデータ・セットで置き換えられます。 プロジェクト内の他のデータ・セットに結合されているデータ・セットを選択すると、通知が表示されます。 プロジェクトの「データ・ダイアグラム」の結合を確認して調整します。

選択内容に基づくデータ・マッピング表では、プロジェクト全体でデータが更新されます。 たとえば、データ要素を「なし」にマップすると、ビジュアライゼーション、計算およびフィルタから特定のデータが削除されます。