機械翻訳について

マップ上のサイズと色を使用した線データの表示

マップ・ビジュアライゼーションでは、太さと色を使用して線データの太さを表すことができます。

線の相対的な太さを示すには、サイズ・エッジにメジャーを関連付けることができます。 たとえば、航空会社のルートの遅延を比較するために、太い線と濃な色が多数の遅延に対応する様々な線幅のフライト・ルートを表示できます。
  1. 線データが含まれるマップ・ビジュアライゼーションを使用してプロジェクトを作成するか開き、「ビジュアル化」キャンバスで作業していることを確認します。
  2. 線データが表示されているマップ・ビジュアライゼーションを選択します。
  3. 明細データ(航空会社ルートなど)を含む列を、「データ・パネル」から「文法パネル」のカテゴリ(地理)エッジにドラッグ・アンド・ドロップします。
  4. 「データ・パネル」から「サイズ」エッジに、オプションで「文法パネル」上の「色」エッジに、線メジャー列をドラッグ・アンド・ドロップします。
    マップ・ビジュアライゼーションは、選択内容に基づいて自動的に更新され、前のレイヤーにオーバーレイされます。