機械翻訳について

レポートの使用例

カタログ・マネージャからのレポートを使用して、インスタンス内のデータを保持し、問題を特定してから問題が発生することができます。

たとえば、次のことが可能です。

  • 分析を使用しているダッシュボードを検索します。 分析を含むダッシュボード・レポートを作成し、分析のレポートを検索します。

  • リポジトリ表の変更された列による影響を受ける分析を特定します。 すべての列および式を含む分析レポートを作成し、カタログ・マネージャで置換する必要があるアイテムのレポートを検索します。

  • ダッシュボードで使用するダッシュボード・プロンプトと関連フィールド(列、式、サブジェクト領域など)を確認します。 分析のレポートを作成し、それらの分析で使用されるフィルタを抽出します。 プロンプトが表示される保存済フィルタを使用して式を導出するフィルタの抽出例を次に示します:

    例: "Markets"."Region" [Filter, prompted]

  • オブジェクトについては、ACLsを参照してください。 レポートでACLsを確認することで、オブジェクトへのアクセス権が、読取り/書込みなどの適切な権限を持つ適切なロールに付与されていることを確認できます。 たとえば、ACLsを表示するには、次のように指定します:

    ^biconsumer=RX:steve=F。キャレット(^)はアプリケーション・ロールを表します。