機械翻訳について

データ・フローのスケジュール

データ・フローを特定の時間に実行したり、毎時、毎日、毎月、毎年などの定期的に実行するようにスケジュールできます。

たとえば、新しいデータが特定の曜日に使用可能であることを確認したり、データ・ソースが更新された後にデータ・フローを実行するためのスケジュール済タスクを作成できます。

データ・フローのスケジュール済タスクの作成

新しいスケジュール済タスクを作成し、そのプロパティ(日付、時間、頻度など)を指定できます。

  1. 「データ」ページに移動し、「データ・フロー」を選択します。
  2. データ・フローを選択して「アクション・メニュー」をクリックするか、右クリックして「新規スケジュール」をクリックします。
  3. 「スケジュール」ダイアログで、名前、開始日、開始時間および繰返しを指定します。
    • 「繰返し」フィールドで、毎時、毎日、毎週、毎月、毎年などのスケジュール済タスクの頻度を選択します。 頻度タイプごとに、終了日、特定の曜日、月の日付など特定のプロパティを定義する必要があります。
  4. データ・フローにパラメータを追加した場合は、「パラメータ」セクションで他の値を指定します。
    • 「ソース」フィールドで、ソース・データ・セットをクリックします。 「データセットを追加」ダイアログで、新しいデータ・セットを選択し、「追加」をクリックします。
    • 「ターゲット」フィールドで、データ・セット名を変更します。 「Essbaseキューブの作成」のステップを含むデータ・フローの場合は、「アプリケーション」および「キューブ」の名前を変更します。
  5. OKをクリックします。

スケジュール済タスクの変更

スケジュール済タスクの事前定義済プロパティを確認および変更できます。

  1. 「データ」ページに移動し、「データ・フロー」を選択します。
  2. スケジュール済タスクを追加したデータ・フローを選択します。
  3. 「アクション・メニュー」をクリックするか、右クリックして「検査」をクリックします。
  4. データ・フロー・インスペクタ・ダイアログで、「スケジュール」タブをクリックし、スケジュール済タスクを選択します。
  5. 名前、開始日、開始時間、頻度などのプロパティを確認および変更します。
  6. Saveをクリックし、Closeをクリックします。