機械翻訳について

分析のプロパティの設定

分析のプロパティを設定して、結果の表示方法およびデータの処理方法を指定できます。 ピボット表、表、ヒート・マトリックス、ツリーマップまたはトレリス・ビューでユーザーが右クリックした場合に使用可能にするアクションも設定できます。

たとえば、Brand Revenue分析のカスタム・メッセージを作成できます。 Revenue列のフィルタが限定的すぎて結果が何も表示されない場合にこのメッセージを表示できます。

  1. 分析を編集用に開きます。
  2. 基準タブ・ツールバーまたは結果タブ・ツールバーで分析プロパティの編集を選択して、分析プロパティダイアログを表示します。
  3. 結果の表示タブで、結果の表示に影響するオプションを選択します。 たとえば、結果がない場合の設定フィールドで、分析の実行時に結果が何も返されない場合に表示するデフォルトまたはカスタムのメッセージを指定します。 このメッセージは、たとえば、分析の列に非常に限定的なフィルタが設定されている場合などに表示されます。 列を含めずに単に分析を作成する場合、カスタム・メッセージは表示されません。
  4. 管理者権限があり、HTMLマークアップ(JavaScriptを含む)を使用してメッセージをカスタマイズする場合、「結果がない場合の設定」フィールドで「カスタム・メッセージの表示」を選択してから、「HTMLマークアップを含みます」を選択し、適用するHTMLマークアップを入力します。
  5. ダイアログの相互作用タブをクリックします。
  6. ピボット表、表、グラフ、ヒート・マトリックス、ツリーマップまたはトレリス・ビューで右クリックした場合に使用可能にするアクション(ドリルなど)を指定します。
  7. ダイアログのデータタブをクリックします。
  8. OKをクリックします。