機械翻訳について

列のプロパティの設定

分析の作成時に、列プロパティを編集して、列のルック・アンド・フィールを制御できます。 たとえば、Revenue列の値が小数点以下2桁でドル記号とともに表示されることを指定できます。

  1. 分析を編集用に開きます。
  2. 選択された列ペインで、列名の横にあるオプションをクリックして≪列のプロパティを選択します。
  3. 列値の表示方法を指定します。
  4. 列見出しおよびカスタム・テキストを書式設定し、データの表示条件を追加します。
  5. ユーザーが列見出しや値をクリックしたときに実行される処理を指定します。
  6. 列のデフォルト書式設定を設定します。
  7. OKをクリックします。

コンテンツへの書式の適用

列、ビュー、ダッシュボード・ページのセクションなど、多くのタイプのコンテンツの値に基本の書式設定を適用できます。

たとえば、列内のリージョン名がArial 14ポイントの赤色で表示されるようにできます。 州名がCalibri 12ポイントの青色で表示されるようにすることもできます。

  1. 分析を開き、書式設定を編集する列を開きます。
  2. フォント、セルの配置、枠線などの列のスタイル特性を指定します。
  3. OKをクリックします。

列の書式設定

分析を作成する場合、列のプロパティを編集して列の外観とレイアウトを制御できます。 列のコンテンツが特定の条件を満たした場合にのみ書式設定を適用するように指定することもできます。

たとえば、Revenue列の100万ドルを超える値が緑色の背景で表示されるように指定できます。

  1. 分析を開き、書式設定を編集する列を開きます。
  2. 列のプロパティダイアログで、≪列書式タブをクリックします。
  3. 値の集計に影響を与えずに分析の列を非表示にするには、非表示チェック・ボックスを選択します。
    たとえば、Illinois州の顧客のみを含む分析を構築できます。 この列はフィルタ処理のためにのみ追加されているため、Customers.State列を非表示にできます。
  4. フォルダ見出しおよび列見出しフィールドに独自の値を入力するには、カスタムの見出しを選択します。 これらのフィールドを使用して、変数を参照し、見出しの値を書式設定できます。 これらの値により、分析内でこの列が識別されます。
  5. 管理者権限があり、JavaScriptを含むHTMLマークアップを含むヘッダーをカスタマイズする場合は、「カスタム見出し」「HTMLマークアップを含みます」の順に選択し、適用するHTMLマークアップを入力します。
  6. 列で繰り返されるデータ値の表示に影響を与えるには、いずれかの値の抑制オプションを選択します。
    複数の連続する行に同じ値が表示される場合、その値を1回のみ表示するように指定できます。
  7. 列のデータのデフォルト表示を上書きするには、データ書式タブをクリックします。
    このタブのオプションは、データのタイプによって異なります。
  8. 列値を特定の条件に基づいて一定の方法で表示するかどうかを指定するには、条件付き書式タブをクリックします。 条件付き書式設定には、データおよびデータが含まれるセルの色、フォント、イメージなどを含めることができます。 ヒート・マトリックスでは、データ・セルの背景やフォント色に条件付き書式を適用できません。
  9. 条件の追加をクリックして、列を選択します。
  10. 次と等しい/次に存在する次より大きいなどの演算子を選択します。
  11. 値(1000000など)を直接入力するか、またはリストから値を選択して、演算子の値を指定します。
  12. オプションで、詳細オプションの追加をクリックして条件に変数を追加します。
  13. 条件に当てはまる場合に適用する書式設定を指定します。
  14. OKをクリックします。

分析の動的化

ユーザーが分析で列見出しや値をクリックしたときに実行される処理を指定できます。 たとえば、ユーザーがProduct列の値をクリックすると、列値を作成するために合計されたデータにドリルダウンするように指定できます。

分析への相互作用性の追加

ビューを左クリックしたり、右クリックしてポップアップ・メニューを表示したユーザーが使用できるインタラクションを追加することにより、ビューをよりインタラクティブにすることができます。 たとえば、「ドリル」というように、地理的リージョンの列のデフォルトのプライマリ・インタラクション(左クリック・アクション)を指定することができます。 これにより、ユーザーはサブリージョンまでドリルダウンできます。

階層データの場合、デフォルトの左クリック相互作用はデータの詳細にドリルダウンすることです。 Webページを表示する右クリック・オプションまたはビューにリンクする右クリック・オプションを追加できます。

  1. 分析を編集用に開きます。
  2. 選択された列ペインで、列名の横にあるオプションをクリックして≪列のプロパティを選択します。
  3. 列のプロパティダイアログで、≪相互作用タブをクリックします。
    列見出しおよびデータ値には相互作用を指定できます。
  4. 「列ヘッダー」または「値」の横にある「プライマリ相互作用」をクリックし、必要な動作を選択します。 たとえば、アクションを無効にする場合はなしを選択し、詳細を表示する場合はドリルを選択します。
  5. OKをクリックします。

    実行時にダッシュボード列またはデータ・セルを右クリックしたときに使用できる相互作用を指定できます。 次に、Products列で製品名を右クリックしたときに使用できる相互作用の例を示します。 この列は、Top Product Performers Based on Revenue表にあります。

    表示される選択肢のうち、ドリルグループの作成および計算項目の作成を設定できます。

インタラクションの使用可能化

分析に相互作用を追加したら、他のユーザーがポップアップ・メニューでそれらの相互作用を使用できるようにします。

  1. 分析を編集用に開きます。
  2. 基準タブまたは結果タブをクリックします。
  3. ツールバーで分析プロパティの編集をクリックします。
  4. 相互作用タブをクリックします。
  5. その分析で使用できるようにする相互作用を選択します。
  6. OKをクリックします。

システムのデフォルト書式の設定

適切な権限がある場合は、列の書式設定をデフォルト書式設定として保存できます。 システム全体のデフォルトを設定すると、より一貫性のある操作性をユーザーに提供し、ユーザーが分析を使用する際の時間を節約できます。

たとえば、テキスト列に対するシステム全体のデフォルトとしてTimes New Romanを設定できます。

ベスト・プラクティスは、デフォルト値を特定の値で上書きするのではなく、デフォルト値を変更することです。

  1. 分析を編集用に開きます。
  2. 選択された列ペインで、列名の横にあるオプションをクリックして≪列のプロパティを選択します。
  3. 列のプロパティダイアログで、列のデフォルトのフォーマットを指定します。
  4. 「デフォルトとして保存」をクリックします。
  5. OKをクリックします。