機械翻訳について

ビジュアライゼーション・キャンバスでのデータのソートおよび選択

フィルタをビジュアライゼーションに追加する際に特定のデータ側面にフォーカスを絞り込むのに役立ち、他の様々な分析アクション(ドリル、ソート、選択など)を実行してデータを探索できます。 これらの分析アクションを実行すると、フィルタが自動的に適用されます。

ビジュアライゼーションを選択して「メニュー」をクリックするか、右クリックして次のアナリティクス・アクションのいずれかを選択します。

  • 製品名のアルファベット順など、ビジュアライゼーションの属性をソートするには、ソート を使用します。 表ビューで作業している場合は、常に左側の列が最初にソートされます。 特定の値が左列に表示される場合は、中央列をソートできない場合があります。 たとえば、左列が製品で中央列が製品タイプの場合、製品タイプ列ではソートできません。 この問題を回避するには、列の位置を入れ替えて、再度ソートを試みます。
  • 「ドリル」を使用してデータ要素にドリルし、四半期内の週へのドリルなど、データ要素内の階層をドリルします。 複数のデータ要素を使用して非同期にドリルすることもできます。 たとえば、ピボット表の列である2つの異なる年メンバーを選択し、そのメンバーにドリルして詳細を表示できます。
  • 可視化内の特定の属性に直接ドリルするには、[属性名]へのドリルを使用します。
  • 選択済メンバーのみを保持し、可視化およびリンクされた可視化から他のすべてのメンバーを削除するには、選択項目の保持を使用します。 たとえば、特定の販売担当者によって生成された販売のみを保持できます。
  • 可視化およびリンクされた可視化から選択済メンバーを除去するには、選択済の除去を使用します。 たとえば、選択から東部リージョンと西部リージョンを削除できます。
  • 「参照線を追加」を使用して参照線を追加し、最小値や最大値など、ビジュアライゼーションに表示されている重要なファクトを強調表示します。 たとえば、最大売上額の可視化に参照線を追加できます。