機械翻訳について

プロジェクト内でのビジュアライゼーションの同期化

キャンバスでビジュアライゼーションを同期するかどうかを指定できます。

ビジュアライゼーションの同期設定を使用して、キャンバス上のビジュアライゼーションの相互作用の方法を指定します。 デフォルトでは、ビジュアライゼーションは自動同期化にリンクされています。 ビジュアライゼーションの同期の選択を解除すると、ビジュアライゼーションのリンクが解除され、自動同期化をオフにできます。

「ビジュアライゼーションの同期」がオン(選択済)の場合、フィルタ・バー上のすべてのフィルタおよびフィルタを作成するアクション(ドリルなど)が次のものに適用されます。

  • 単一のデータ・セットがあるプロジェクト内のすべてのビジュアライゼーション。

  • 複数のデータ・セットがある結合済データ・セットのすべての視覚化。

    データ・セットのデータ要素がフィルタとして指定されているが、結合済データ・セットと一致しない場合、フィルタは指定されたデータ・セットのビジュアライゼーションにのみ適用されます。

ビジュアライゼーションにマウス・ポインタを合せて、ビジュアライゼーションに適用されているフィルタを表示すると、そのビジュアライゼーションに適用されていないフィルタはグレー表示になります。

ビジュアライゼーション・レベルのフィルタはそのビジュアライゼーションにのみ適用されます。

「ビジュアライゼーションの同期」がオフ(選択解除)の場合、ドリルなどのアナリティク・アクションはアクションを適用したビジュアライゼーションに影響します。