機械翻訳について

リフレッシュできるデータのタイプ

データを追加した後、データが変更された場合は、ソースからデータをリフレッシュする必要があります。

データ・セットをリフレッシュするかわりに、既存のデータ・セットと同じ名前の新しいデータ・セットをロードすることで、データ・セットを置換できます。 ただし、データ・セットを置換すると破壊的な影響がある場合があるためお薦めしません。 次の結果を理解している場合を除き、データ・セットは置換しないでください:

  • データ・セットを置換すると、新しいデータ・セットに存在しない古い列名およびデータ型がある場合に、既存のデータ・セットを使用するプロジェクトが破損します。
  • データ・リング(データ・ステージで変更された列や新規に追加された列)は失われ、データ・セットを使用するプロジェクトは多くの場合に破損します。

データベース

データベースの場合は、SQL文が再実行されてデータがリフレッシュされます。

CSVまたはTXT

CSVまたはTXTファイルをリフレッシュするには、すでにデータ・ソースと一致されているのと同じ列が含まれていることを確認する必要があります。 再ロードするファイルに欠落している列があると、1つ以上の列が欠落しているためにデータの再ロードが失敗したことを示すエラー・メッセージが表示されます。

新規列が含まれるCSVまたはTXTファイルをリフレッシュできますが、リフレッシュ後にその新規列は非表示としてマークされ、データ・セットを使用している既存のプロジェクトの「データ・パネル」には表示されません。

Excel

Microsoft Excelファイルをリフレッシュするには、新しいスプレッドシート・ファイルに元のファイルと同じ名前のシートが含まれていることを確認する必要があります。 また、シートにはデータ・ソースとすでに一致する同じ列が含まれている必要があります。 再ロードするExcelファイルに欠落している列があると、1つ以上の列が欠落しているためにデータの再ロードが失敗したことを示すエラー・メッセージが表示されます。

新規列が含まれるExcelファイルをリフレッシュすることはできますが、リフレッシュした後に、その新規列は非表示としてマークされ、データ・セットを使用している既存のプロジェクトの「データ・パネル」には表示されません。 この問題を解決するには、データ・セットの「検査」オプションを使用して新しい列を表示し、既存のプロジェクトで使用できるようにします。

Oracle Applications

Oracle Applicationsデータ・ソースのデータとメタデータはリロードできますが、Oracle Applicationsデータ・ソースで論理SQLが使用されている場合、データのリロードではその文が再実行されるのみとなり、新規列やリフレッシュ済データはプロジェクトにプルされません。 そのデータ・セットを使用する既存プロジェクトに影響しないように、新規列は非表示としてプロジェクトに追加されます。 新規列をプロジェクトで使用できるようにするには、リフレッシュ後にデータ・セット内でそれらの非表示を解除する必要があります。 この動作は、ファイルベースのデータ・ソースの場合と同じです。