機械翻訳について

データ・ソースからデータを追加するための一般的なワークフロー

次に、データ・ソースからデータを追加するための一般的なタスクを示します。

タスク 説明 詳細情報

接続の追加

使用するデータ・ソースがOracle Applicationsまたはデータベースである場合は、接続を作成します。

Oracle Applications接続の作成

データベース接続の作成

データ・ソースを作成します

スプレッドシートからデータをアップロードします。 Oracle Applications (サブジェクト・エリアおよび分析)およびデータベースからデータを取得します。

Oracle Applicationsまたはデータベースからデータ・ソースを作成するには、新しい接続を作成するか、既存の接続を使用する必要があります。

データ・セットとしてスプレッドシートを追加

サブジェクト領域からのデータ・セットの作成

分析からのデータ・セットの作成

データベースからのデータ・セットの作成

アップロードされたデータの拡張

データ・ソースに新しい列を追加します。

分析用データ・セットの準備

データ・ソースの共有の管理

追加したデータにどのユーザーがアクセスできるかを指定します。

追加したデータの共有の制御

データの除去

追加したデータを除去します。

プロジェクトからのデータ・セットの削除