機械翻訳について

コンテンツを管理するための一般的なワークフロー

カタログ内のコンテンツにアクセスし、編成するための一般的なタスクは、次のとおりです。

タスク 説明 詳細情報

コンテンツの検索および参照

編集が必要なアイテムの検索など、コンテンツを調査します。

コンテンツの検索および探索

コンテンツの名前変更

コンテンツの名前を改良または更新します。

コンテンツの名前変更

コンテンツ・プロパティの表示または設定

コンテンツに関する情報を表示したり、様々なコンテンツ・オプションおよびプロパティを変更します。

アクセス・プロパティ

他のユーザーとのコンテンツの共有

コンテンツを他のユーザーと共有できるように権限を割り当てます。

他のユーザーとのコンテンツの共有

電子メールによるレポートと配信の追跡

レポートを組織の内部または外部の任意の人に電子メールで送信します。 すべての人を毎日または毎週のレポートで最新に保ちます。

電子メール・レポートの送信および配信の追跡

ビジネス・プロセスの自動化

分析、ダッシュボード、ブリーフィング・ブックをオンデマンドまたは定期的なスケジュールでターゲットとするユーザーに配信するエージェントを作成します。

エージェントを使用したビジネス・プロセスの自動化

デバイスと配信プロファイルを構成する

エージェントによってアラートが生成されたときに連絡するために使用するデバイスと配信プロファイルを構成します。

デバイスと配信プロファイルの構成

コンテンツの所有権の変更

他のユーザーをコンテンツの所有者として割り当てます。

アイテムの所有権の割当

Smart Viewを使用した分析

Smart Viewでレポート・コンテンツを分析します。

Smart Viewのレポート・コンテンツへのアクセス

拡張カタログ管理の実行 カタログに関する拡張レポートを生成し、個別品目の基礎となるXMLなどを確認します。 拡張カタログ管理の実行