機械翻訳について

編集を元に戻すおよびやり直し

最後のアクションをすばやく元に戻した後、やり直すことができます。 たとえば、選択したビジュアライゼーション・タイプが適切ではない場合に別のタイプを試したり、データにドリルする前の時点に戻ることができます。

元に戻すオプションとやり直しオプションは、異なるビジュアライゼーションを試す場合に便利です。 最後にプロジェクトを保存した後に行ったすべての編集を元に戻すことができます。 ただし、編集を元に戻し、その後やり直すことができない場合もあります。 たとえば、「データセットの作成」ページで、プロジェクトのデータ・セットとして使用する分析をOracleアプリケーション・データ・ソースから選択したとします。 次のステップで、元に戻すオプションを使用してデータ・セットを削除した場合、この変更をやり直すことはできません。
  • 編集を元に戻すかやり直すには、プロジェクトまたはデータ・セットのツールバーに移動して、「最後の編集を元に戻す」または「最後の編集をやり直す」をクリックします。 これらのオプションは、変更後、まだプロジェクトが保存されていない場合にのみ使用できます。

  • プロジェクトで作業している場合は、プロジェクト・ツールバーの「メニュー」をクリックし、「保存済みに戻す」を選択して、プロジェクトを最後に保存した以降のすべての編集を元に戻します。 「保存済みに戻す」は、プロジェクトを初めて保存すると有効になります。 このオプションは、「自動保存」オプションを選択した場合は自動的に無効になります。