機械翻訳について

特定レポートのジョブ履歴の表示

特定のレポートのコンテキストから「ジョブ履歴のレポート」ページに移動すると、そのレポートのジョブは、デフォルトのフィルタが適用された状態で自動的に表示されます。

特定のレポートのジョブ履歴を表示するには、次のステップを実行します:
  1. 次のいずれかを実行します:
    • 「カタログ」からレポートに移動し、「ジョブ履歴」をクリックします。

    • 「レポート・ビューア」からレポートに移動し、「ジョブ履歴」をクリックします。

  2. 「ジョブ履歴のレポート」ページで、必要に応じてフィルタを指定し、「検索」をクリックします。

    次にデフォルトのフィルタを示します:

    • 「レポート・パス」 - 「レポート・ジョブ履歴」ページを起動したレポートのパスに相当します。

    • 「処理開始」 - 1週間前以降です。

    • 「所有者」 - ユーザーIDと同じです。

    • 「スコープ」 - すべての履歴と等しい。 プライベート・ジョブ履歴およびパブリック・ジョブ履歴が含まれます。

    • 「ステータス」 - すべてに等しい。 ステータスに使用可能なすべての値を含めます - 成功、失敗、実行中、出力エラーあり、取消済、取消済、配信エラーあり、スキップ済および待機中。