機械翻訳について

キャッシュの作成と使用の一般的なワークフロー

Oracle Application Container Cloud Serviceでキャッシュを使用するには、以下のタスクを参考にしてください。

タスク 説明 詳細情報
Oracle Application Container Cloud Serviceの概要と使用について理解します。 キャッシュを使用する前に、このサービスのその他の機能についても熟知しておくようにします。 『Oracle Application Container Cloud Serviceの使用』アプリケーション管理の一般的なワークフローに関する項および『Oracle Application Container Cloud Serviceの開発』アプリケーション開発の一般的なワークフローに関する項
Application Caches Webユーザー・インタフェースにアクセスします。 これはアプリケーションのWebユーザー・インタフェースとは別のものです。 Oracle Application Container Cloud Service内のキャッシュへのアクセス
キャッシュ・サービスを作成します。 アプリケーションがアクセスできるキャッシュ・サービスを作成します。 「キャッシュ・サービスの作成」またはアプリケーション・キャッシュ管理のためのREST API
アプリケーション・コードでキャッシュURLを参照します。 アプリケーションが実行時にCACHING_INTERNAL_CACHE_URL環境変数を読み取るようにしてください。 キャッシュURL環境変数
アプリケーション・コードでキャッシュAPIを使用します。 JavaアプリケーションでJava APIを使用できます。 任意の言語からREST APIを呼び出すことができます。 「キャッシュのためのJava APIの使用」.
アプリケーションのデプロイ時にキャッシュ・サービスを参照します。 デプロイ時に使用可能なキャッシュ・サービスのリストから選択できます。 アプリケーション・デプロイメント時のキャッシュの参照