機械翻訳について

Oracle Application Container Cloud Serviceについて

Oracle Application Container Cloud Serviceを使用すると、Java SE、Node.js、PHP、Python、Ruby、Go、.NETコア・アプリケーションをOracle Cloudにデプロイできます。 また、Java EE Webアプリケーションをデプロイすることもできます。

Oracle Application Container Cloud Serviceをサブスクライブすると、アプリケーションをデプロイするときにすべてのタイプのアプリケーションを利用できます。 アプリケーションは、Dockerコンテナ内で実行されます。


architecture.pngの説明が続きます
図architecture.pngの説明

Oracle Application Container Cloud Serviceを使用すると、次の重要な機能を使用できます:

  • Java SE、Java EE、Node.js、PHP、Python、Ruby、Go、および.NETコア・アプリケーション用に事前設定された環境。

  • Java Flight Recorder、Java Mission Control、高度メモリー管理、進行中および適切なタイミングでのセキュリティ・アップデートなどのJava SE拡張機能。

  • Spring、Play、Tomcat、JerseyなどのすべてのJavaフレームワークとコンテナをサポートするオープン・プラットフォーム。

  • JRubyなど、Java Virtual Machine (JVM)ベースの言語のサポート。 このサービスでは、JVMを使用する任意の言語を実行できます。

  • オラクル社によるエンタープライズグレードのサポート。

  • Webベースのユーザー・インタフェースとREST API。

さらに、他のOracle Cloudサービスと統合したり、ローカル・システム上でアプリケーションを開発したり、Oracle Developer Cloud Serviceを使用することもできます。

データを格納して取得する場合は、Oracle Cloud Infrastructure Object Storage Classicを使用できます - サブスクリプションが含まれています。 また、Oracle Database Cloud ServiceまたはOracle MySQL Cloud Serviceをサブスクライブすることもできます。

単一のステップでアプリケーションをデプロイしてデータベースを構成するには、Oracle Cloud Stackを使用できます。

通信用に、Oracle Messaging Cloud Serviceをサブスクライブできます。 アプリケーションはREST APIを介してそのサービスと通信するため、特別なセキュリティ構成は必要ありません。