機械翻訳について

Oracle® Cloud

Oracle Application Container Cloud Serviceの新機能

リリース19.3.3

E71877-34

2019年9月

Oracle Application Container Cloud Serviceの新機能

新機能と変更された機能が利用可能になるとすぐに、Oracle Cloudサービスがホストされるデータ・センターで、Oracle Application Container Cloud Serviceインスタンスがアップグレードされます。 新機能を使用できるようにアップグレードをリクエストする必要はありません。自動的に実行されます。 ここでは、Oracle Application Container Cloud Serviceの改善のために最近追加された新しい機能および拡張機能の概要を示します。

2019年9月

機能 説明
ユニバーサル・クレジット・アカウント用のPlatform Servicesへのアクセス Oracle Cloud Infrastructure Consoleを使用して、プラットフォーム・サービスおよびOracle Application Container Cloud Serviceコンソールにアクセスします。 「インフラストラクチャ・コンソールからOracle Application Container Cloud Serviceにアクセス」を参照してください

2018年9月

機能 説明
ユーザー・インタフェースの変更 Oracle Application Container Cloud Serviceユーザー・インタフェースの一部の要素は、新しいルック・アンド・フィールを持っています。 たとえば、ページ・レイアウト、タブ、アイコン、およびメニューに変更があります。
クイック・スタート・テンプレートの削除 クイック・スタート・テンプレートは、Oracle Application Container Cloud Serviceコンソールから削除されます。 ユーザー・インタフェースからアプリケーションのサンプルを作成することもできます。 『Oracle Application Container Cloud Serviceの使用』アプリケーションの作成に関する項を参照してください。

2018年8月

機能 説明
Java EEアプリケーションのGitHubサポート GitHubのソース・コードからJava EEアプリケーションを作成できます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの開発」「デプロイメントのためにGithubに保存されているアプリケーションの準備」を参照してください。

2018年7月

機能 説明
ハッシュIPロード・バランシング・ポリシー アプリケーションで負荷分散ポリシーを指定して、1つのエントリ・ポイントから複数のサーバーへのトラフィック分散を自動化できます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの開発」「Load Balancingポリシーの選択」を参照してください

2018年6月

機能 説明
Java SE 10のサポート Java SE 10アプリケーションはOracle Application Container Cloud Serviceにデプロイできます。 Oracle Application Container Cloud Serviceの使用アプリケーションの作成、およびOracle Application Container Cloud Serviceの開発メタデータ・ファイルの作成を参照してください
アプリケーション・ページに、作成時にエラーのあるアプリケーションが表示されます。 アプリケーションを作成するときに、アプリケーション・バイナリにエラーが含まれていると、アプリケーション・ページにDeployment Failedというステータスが表示されます。 ログを見て、問題を修正してデプロイすることができます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」「アプリケーション・ページの使用」「アプリケーションの作成」および「アプリケーション管理ページを調べる」を参照してください。

2018年5月

機能 説明
Node.jsアプリケーションのGitHubサポート GitHubのソース・コードからNode.jsアプリケーションを作成することができます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの開発」「デプロイメントのためにGithubに保存されているアプリケーションの準備」を参照してください。
NFSボリューム・サポート Oracle Application Container Cloud Serviceは、Oracle Cloud Infrastructure Classicアカウント用のNFSボリュームのアプリケーション・コンテナへのマウントをサポートしています。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの開発」「ネットワーク・ファイル・システム」を参照してください

2018年4月

機能 説明
GitHubサポート Oracle Application Container Cloud Serviceを使用すると、GitHubのソース・コードから直接実行可能なアプリケーションを構築して作成することができます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの開発」「デプロイメントのためにGithubに保存されているアプリケーションの準備」を参照してください。
ヘルス・チェックURLのサポート これで、manifest.jsonファイルのhttp_endpointパラメータを使用して、アプリケーション・ヘルス・チェック用に独自のHTTPエンドポイントを指定できます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの開発」「メタデータ・ファイルの作成」を参照してください。
クイックスタート・アプリケーションのプロビジョニング サンプル・アプリケーションを使用すると、1行のコードを書くことなく、Oracle Application Container Cloud Serviceアプリケーションを作成する最も簡単で簡単な方法が得られます。 Oracle Application Container Cloud Serviceは、次のクイックスタート・サンプル・アプリケーションを提供します:
  • Dropwizardアプリケーション

  • 従業員アプリケーション(Java EE)

  • 在庫管理アプリケーション

  • 従業員アプリケーション(Tomcatサーバー)

「Oracle Application Container Cloud Serviceの開発」「サンプル・アプリケーション」
アプリケーション・アーカイブのダウンロード Deploymentsページのメニュー・オプションから、アプリケーションのアーカイブをダウンロードできます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」「アプリケーションのデプロイメント・ページの探索」を参照してください。
コンテキスト・ルートのサポート これで、manifest.jsonファイルのhomeパラメータを使用して、アプリケーションに異なるコンテキスト・ルートを指定することができます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの開発」「メタデータ・ファイルの作成」を参照してください。

2018年3月

機能 説明
安全な環境変数 これで、ユーザー・インタフェースまたはdeployment.jsonファイルを使用して、環境変数を安全にすることができます。 保護された環境変数の値は、ユーザー・インタフェース上に表示されません。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」「環境変数の構成」「Oracle Application Container Cloud Serviceの開発」「メタデータ・ファイルの作成」を参照してください。
Linuxパッケージ Java SE、PHP、Node.js、またはJava EEアプリケーション・コンテナに追加パッケージをインストールして、アプリケーションを動作させることができます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」「Linuxパッケージのインストール」を参照してください。

2018年2月

機能 説明
自動スケーリング アプリケーション・インスタンスごとにメモリーを増減するために自動的にスケール・アップまたはダウンするルールを定義したり、アプリケーション上のアプリケーション・インスタンスの数を増減したり減らしたりするためのルールを定義できます。 既存のルールを編集または削除することもできます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」「アプリケーションの自動スケーリング」を参照してください。
アプリケーション・タグ

Oracle Application Container Cloud ServiceコンソールとREST APIを使用して、目的、所有者、環境などのアプリケーションを分類するためのタグを作成および管理できます。 アプリケーションに割り当てたタグに基づいて、アプリケーションを簡単に識別して検索することができます。

次のことが可能です。

  • タグを作成する

  • アプリケーションが作成された後のタグの割り当てと割り当て解除

  • タグを使用してアプリケーションを検索する

「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」「アプリケーション・ページの使用」「アプリケーションの作成」および「アプリケーション概要ページを調べる」を参照してください。
PaaS Service Managerコマンドライン・インタフェースの新しいコマンド 新しいavailable-updatesapplied-updatesrollback、およびupdateコマンドは、accsカテゴリで使用できます。 「PaaS Service Managerコマンドライン・インタフェース・リファレンス」「psm accsコマンド」を参照してください

2018年1月

機能 説明
UIブランディングの変更 Oracle Application Container Cloud Serviceユーザー・インタフェースには、このリリースではほとんど変更がありません。たとえば、次のようになります:
  • ブランド・バーのルック&フィールが変更されました

  • サイド・メニューのOracleサービス名のアイコンが削除されます。

  • ヘルパー引き出しアイコンがブランド・バーの上に移動

  • サービス・タイプ・メニューが右側に移動

  • 新しいサービスの詳細アイコンが「アプリケーション概要」ページに表示されます

  • 開始アイコン、停止アイコン、およびリフレッシュ・アイコンのルック&フィールが変更されました。

2017年12月

機能 説明
.NETサポート .NETアプリケーションをOracle Application Container Cloud Serviceにデプロイすることができます。 Oracle Application Container Cloud Serviceの使用アプリケーションの作成、およびOracle Application Container Cloud Serviceの開発メタデータ・ファイルの作成を参照してください。
アプリケーションの作成ダイアログ・ボックスの変更 「アプリケーションの作成」ダイアログ・ボックスで使用頻度の低いオプションは、デフォルトでは表示されません。 『Oracle Application Container Cloud Serviceの使用』アプリケーションの作成に関する項を参照してください。
Oracle Identity Cloud Serviceサポートの強化 Oracle Application Container Cloud Serviceとの統合Oracle Identity Cloud Serviceは、Java SE 7および8とNode.jsアプリケーションに加えて、PHPアプリケーションをサポートしています。 また、基本認証とOAuth認証の両方をサポートしています。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」「Oracle Identity Cloud ServiceとOracle Application Container Cloud Serviceの使用」を参照してください。

2017年10月

機能 説明
既定で設定されたレプリケーション・ポリシー Oracle Application Container Cloud Serviceにアプリケーションをデプロイする前に、Oracle Cloud Infrastructure Object Storage Classicレプリケーション・ポリシーを設定する必要はなくなりました。
サポートに行く GoアプリケーションをOracle Application Container Cloud Serviceにデプロイできます。 Oracle Application Container Cloud Serviceの使用アプリケーションの作成、およびOracle Application Container Cloud Serviceの開発メタデータ・ファイルの作成を参照してください。
ワーカー・アプリケーション ワーカー・アプリケーションはプライベートで、他のアプリケーションによってのみアクセス可能です。 バックグラウンドで実行され、ユーザー・インタフェースを持たないバックエンド・プロセスに役立ちます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの開発」「デプロイメントのためのワーカー・アプリケーションの準備」を参照してください。
安全なアプリケーション Oracle Identity Cloud Serviceで対応するアプリケーションを作成して、Java SEまたはNode.jsアプリケーションにアクセスできるユーザーを制御できます。 『Oracle Application Container Cloud Serviceの使用』アプリケーションの作成に関する項を参照してください。
Oracle Data Hub Cloud Serviceのサービス・バインド Oracle Data Hub Cloud Serviceと通信するアプリケーションのサービス・バインディングを作成できます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」「サービス・バインディングの管理」を参照してください。
一度にすべてのインスタンスを記録 Java Flight Recorderを使用してレコーディングを作成すると、すべてのアプリケーション・インスタンスがデフォルトで一度に作成されます。 それでも、個々のインスタンスのレコーディングを作成することはできます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」「アプリケーション管理ページを調べる」を参照してください。

2017年9月

機能 説明
Java EE Webアプリケーションのサポート Java EE 7の.warファイルをOracle Application Container Cloud Serviceにデプロイすることができます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの開発」「デプロイメントのためのJava EE Webアプリケーションの準備」を参照してください。
デプロイメント・ステータスの通知 アプリケーションをデプロイするときに、デプロイメント状況の通知を送信する電子メール・アドレスを指定できます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」「アプリケーションの作成」「PaaS Service Managerコマンドライン・インタフェース・リファレンス」accs pushアプリケーション管理のためのREST APIのアプリケーションの作成を参照してください。
Java SEおよびNode.jsアップデート Java SEバージョン7u141b11〜7u151b15,8u131b11〜8u141b15、および9eab173〜9b178がサポートされています。 Node.jsバージョン4.8.3〜4.8.4、6.11.0〜6.11.1、および8.1.0〜8.1.4がサポートされています。

2017年8月

機能 説明
アトミック・アプリケーション・アップデート アプリケーション・コンソールのデプロイメント・タブで、アプリケーションを複数変更して一度再起動できます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」「アプリケーションのデプロイメント・ページの探索」を参照してください。
ログと記録数と集計、および最新のログ・ライン アプリケーション・コンソールの「管理」タブには、最新のログと録画が取得されたときのタイムスタンプと、ログと録画の数のカウントが表示されます。 ログと録画は、アプリケーション・インスタンスごとに別々の表ではなく、単一の表にリストされます。 ポップアップ・ウィンドウで最新の2000件のログ行を表示することもできます。 「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」「アプリケーション管理ページを調べる」を参照してください。
2つのインスタンスと2 GBのデフォルト アプリケーション・インスタンスのデフォルト数は2です。 インスタンスあたりのデフォルトのメモリー容量は2 GBです。 Oracle Application Container Cloud Serviceの使用アプリケーションの作成、およびOracle Application Container Cloud Serviceの開発メタデータ・ファイルの作成を参照してください。
Java SE 9アクセスのサポート Java SE 9アプリケーションは、Oracle Application Container Cloud Serviceにデプロイできます。 Oracle Application Container Cloud Serviceの使用アプリケーションの作成、およびOracle Application Container Cloud Serviceの開発メタデータ・ファイルの作成を参照してください。
Node.jsおよびPHPの更新 Node.jsバージョン4.8.0〜4.8.3および6.10.0〜6.11.0がサポートされています。 PHPのバージョン7.0.16から7.0.20および7.1.2から7.1.6がサポートされています。

2017年7月

機能 説明
ヘルプ引き出し ヘルプ・ドロワーは、Oracle Application Container Cloud Service Webインタフェースの各ページで使用できます。
Java SEの更新 Java SEバージョン7u141および8u131がサポートされています。

2017年6月

機能 説明
Rubyのサポート RubyアプリケーションをOracle Application Container Cloud Serviceにデプロイすることができます。 Oracle Application Container Cloud Serviceの使用アプリケーションの作成、およびOracle Application Container Cloud Serviceの開発メタデータ・ファイルの作成を参照してください。
PaaS Service Managerコマンドライン・インタフェースでのアーカイブのアップロード -pオプションを使用すると、CLIを使用してアプリケーションをデプロイするときにアーカイブまたはディレクトリをアップロードできます。 「PaaS Service Managerコマンドライン・インタフェース・リファレンス」accs pushを参照してください。
Oracle Cloud Stackの使用 「Oracle Application Container Cloud Serviceの使用」の本に、Oracle Cloud StackOracle Application Container Cloud Serviceを使用するセクションが含まれています。 「アプリケーションのデプロイとスタック・マネージャを使用したデータベースの構成」を参照してください。

注意すべきその他の変更点

次のサードパーティとOracleのソフトウェアのバージョンが、現在のOracle Application Container Cloud Serviceリリースでサポートされます。

ソフトウェア バージョン
Node.js

ノード4

4.8.3, 4.8.4, 4.8.7, 4.8.7

ノード6

6.10.0, 6.11.0, 6.11.1, 6.12.2, 6.12.2

ノード8

8.1.0, 8.1.4, 8.9.3, 8.9.3

ノード。10

0.10.48, 0.10.48

ノード。12

0.12.17, 0.12.18, 0.12.18

Oracle Linux 7.2
Oracle Java SE

JDK 7

7u141b11, 7u151b15, 7u161b13, 7u171b61, 7u181b09, 7u181b09

JDK 8

8u131b11, 8u141b15, 8u144b01, 8u151b12, 8u162b32, 8u171b11, 8u171b11

JDK 9

9eab173, 9b178, 901b11, 904b11, 904b11

JDK 10

10.0.1-b46, 10.0.1-b46

Oracle Java EE 7
PHP

PHP 5.6

5.6.22, 5.6.30, 5.6.30

PHP 7.0

7.0.16, 7.0.20, 7.0.20

PHP 7.1

7.1.2, 7.1.6, 7.1.6

Python 2.7.13, 2.7.14, 2.7.15, 3.6.0, 3.6.1, 3.6.2, 3.6.3, 3.6.4, 3.6.5, 3.6.6, 3.6.7
Ruby 2.3.4, 2.3.5, 2.3.6, 2.3.7, 2.3.8,2.4.1, 2.4.2, 2.4.3, 2.4.4, 2.4.5
実行 1.7.6, 1.8.3, 1.8.4, 1.8.5, 1.8.6, 1.8.7
.NET 1.1.2-runtime, 2.0.0-runtime

ドキュメントのアクセシビリティについて

Oracleのアクセシビリティへの取り組みについては、Oracle Accessibility ProgramのWebサイト(http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docacc)にアクセスしてください。

Oracle Supportへのアクセス

サポートを購入したOracleのお客様は、My Oracle Supportにアクセスして電子サポートを受けることができます。 詳細情報はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=infoか、聴覚に障害のあるお客様はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trsを参照してください。


Oracle Cloud Oracle Application Container Cloud Serviceの新機能, リリース19.3.3

E71877-34

Copyright © 2016, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

このドキュメントでは、Oracle Application Container Cloud Serviceの新機能と重要なその他の変更点について説明しています。

このソフトウェアおよび関連ドキュメントの使用と開示は、ライセンス契約の制約条件に従うものとし、知的財産に関する法律により保護されています。 ライセンス契約で明示的に許諾されている場合もしくは法律によって認められている場合を除き、形式、手段に関係なく、いかなる部分も使用、複写、複製、翻訳、放送、修正、ライセンス供与、送信、配布、発表、実行、公開または表示することはできません。 このソフトウェアのリバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルは互換性のために法律によって規定されている場合を除き、禁止されています。

ここに記載された情報は予告なしに変更される場合がありますまた、誤りが無いことの保証はいたしかねます。 誤りを見つけた場合は、オラクル社までご連絡ください。

このソフトウェアまたは関連ドキュメントを、米国政府機関もしくは米国政府機関に代わってこのソフトウェアまたは関連ドキュメントをライセンスされた者に提供する場合は、次の通知が適用されます。

U.S. GOVERNMENT END USERS: Oracle programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, delivered to U.S. Government end users are "commercial computer software" pursuant to the applicable Federal Acquisition Regulation and agency-specific supplemental regulations. As such, use, duplication, disclosure, modification, and adaptation of the programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, shall be subject to license terms and license restrictions applicable to the programs. No other rights are granted to the U.S. Government.

このソフトウェアまたはハードウェアは様々な情報管理アプリケーションでの一般的な使用のために開発されたものです。 このソフトウェアまたはハードウェアは、危険が伴うアプリケーション(人的傷害を発生させる可能性があるアプリケーションを含む)への用途を目的として開発されていません。 このソフトウェアまたはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用する際、このソフトウェアまたはハードウェアを安全に使用するために、適切な安全装置、バックアップ、冗長性(redundancy)、その他の対策を講じることは使用者の責任となります。 このソフトウェアまたはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用したことに起因して損害が発生しても、オラクル社およびその関連会社は一切の責任を負いかねます。

OracleおよびJavaはOracle およびその関連企業の登録商標です。 その他の名称は、他社の商標の可能性があります。

Intel、Intel Xeonは、Intel Corporationの商標または登録商標です。 すべてのSPARCの商標はライセンスをもとに使用し、SPARC International, Inc.の商標または登録商標です。AMD、Opteron、AMDロゴ、AMD Opteronロゴは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標または登録商標です。 UNIXは、The Open Groupの登録商標です。

このソフトウェアまたはハードウェア、そしてドキュメントは、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセス、あるいはそれらに関する情報を提供することがあります。 適用されるお客様とOracle Corporationとの間の契約に別段の定めがある場合を除いて、Oracle Corporationおよびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスに関して一切の責任を負わず、いかなる保証もいたしません。 適用されるお客様とOracle Corporationとの間の契約に定めがある場合を除いて、Oracle Corporationおよびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセスまたは使用によって損失、費用、あるいは損害が発生しても一切の責任を負いかねます。