機械翻訳について

Autonomous Data Warehouseについて

Autonomous Data Warehouseは、弾力的にスケールし、高速な問合せパフォーマンスを提供し、データベース管理を必要としない、使いやすい完全な自律型データ・ウェアハウスを提供します。 すべての標準SQLおよびBusiness Intelligence (BI)ツールをサポートするように設計されており、データ・ウェアハウスのワークロードに対してチューニングおよび最適化されて最適化された環境で、マーケット・リーディングOracle Databaseのすべてのパフォーマンスが提供されます。

サービスとして、Autonomous Data Warehouseではデータベース管理は必要ありません。 Autonomous Data Warehouseを使用すると、ハードウェアの構成や管理、ソフトウェアのインストールは不要です。 Autonomous Databaseは、データ・ウェアハウスの作成、データベースのバックアップ、データベースのパッチ適用とアップグレード、およびデータベースの拡大または縮小を処理します。

さらに、Autonomous Data Warehouseはチューニングを必要としません。 Autonomous Data Warehouseは、load and goサービスとして設計されています: サービスを開始し、表を定義し、データをロードしてから問合せを実行します。 Autonomous Data Warehouseを使用する場合、調整は必要ありません。 並列化、パーティション化、索引付け、または圧縮についての詳細は考慮する必要はありません。 このサービスは、高性能問合せ用のデータベースを自動的に構成します。

Autonomous DatabaseはOracle Database上に構築されているため、Oracle DatabaseをサポートするアプリケーションおよびツールもAutonomous Databaseをサポートしています。 これらのツールとアプリケーションは、標準のSQL*Net接続を使用してAutonomous Databaseに接続します。 これらのツールとアプリケーションは、データセンター内またはパブリック・クラウド内にあることができます。 Oracle Analytics Cloudおよびその他のOracle Cloudサービスでは、Autonomous Database接続がサポートされます。

Autonomous Data Warehouseは完全に弾力のあるサービスです。 開始するには、ワークロード・タイプがデータ・ウェアハウスのAutonomous Databaseを作成し、データ・ウェアハウスのOCPUの数とストレージ容量をTB単位で指定します。 いつでも、OCPUまたはストレージ容量のいずれかをスケール、増加または縮小することができます。 Autonomous Databaseインスタンスのリソースを変更すると、停止時間やサービスの中断を必要とせずに、データ・ウェアハウスのリソースが自動的に縮小または拡大します。

Autonomous Data Warehouseには、サービスの管理(サービスの停止、起動、スケーリングなどのタスク)、およびサービスのモニタリング(データ・ウェアハウスでの最近のレベルのアクティビティの表示などのタスク)を行うためのクラウド・ベースのサービス・コンソールが含まれています。

Autonomous Data Warehouseには、次の項目も含まれます:

  • Oracle Application Express (APEX): low-code開発プラットフォームで、スケーラブルで、世界クラス機能を使用してセキュアなエンタープライズ・アプリケーションをビルドできます。
  • Oracle REST Data Services (ORDS): リレーショナル・データおよびJSONドキュメント・ストア用の最新のRESTインタフェースを容易に開発できるJava Enterprise Editionベースのデータ・サービス。
  • Oracle SQL Developer Web: Oracle SQL Developerのブラウザベースのインタフェース。
  • Oracle Machine Learningノートブック: 簡単な問合せ、データの視覚化およびコラボレーション機能を提供するクラウド・ベースのノートブック・アプリケーション。 このノートブックは、他のビジネス・インテリジェンス・アプリケーションとともに使用されるように設計されています。

Autonomous Data WarehouseOracle Analytics Cloudまたは「Oracle Analyticsデスクトップ」と組み合せて使用すると、会社のデータのトレンドを明らかにし、質問に回答し、ビジネスに関する重要なインサイトを発見するのに役立つビジュアライゼーションやプロジェクトを簡単に作成できます。

次の図は、Autonomous Data Warehouseアーキテクチャを示しています。