機械翻訳について

Autonomous Data Warehouseを使用する前に

Oracle Autonomous Data Warehouseの使用を開始する前に、Oracle Cloudに精通している必要があります。

詳細については、Oracle Cloudスタート・ガイドを参照してください。

Autonomous Databaseを作成する前に:

  • Oracle Cloudで、Oracle Cloud Free Tierにサインアップするか、有料のクラウド・アカウントにサインアップします。 そうするまで、Autonomous Data Warehouseデプロイメントを作成することはできません。

  • (オプション)データストア用にオブジェクト・ストアを活用する場合は、usernameおよび「パスワード」を含むOracle Autonomous Data Warehouseで使用するオブジェクト・ストアの資格証明が必要です。 必要な資格証明の詳細については、使用するオブジェクト・ストアに応じて、次を参照してください。
    • Oracle Cloud Infrastructure Object StorageusernameはあなたのOracle Cloud Infrastructureユーザー名です。 passwordは認証トークンです。 「認証トークンの操作」を参照してください。

    • Oracle Cloud Infrastructure Object Storage ClassicusernameOracle Cloud Infrastructure Classicユーザー名、passwordOracle Cloud Infrastructure Classicパスワードです。

    • Amazon S3usernameはAWSアクセス・キーID、passwordはAWSシークレット・アクセス・キーです。 「AWSのアイデンティティとアクセス管理」を参照してください。

    • Azure Blob StorageusernameはAzureストレージ・アカウント名、passwordはAzureストレージ・アカウント・アクセス・キーです。 「Azureストレージ・アカウントについて」を参照してください。

    • Oracle Cloud Infrastructure Object Storage「Google Cloudストレージ」「Wasabiホット・クラウド・ストレージ」などのAmazon S3-Compatible 詳細については、「CREATE_CREDENTIALプロシージャ」を参照してください。

  • (オプション)クラウド・ストレージ手動バックアップ用のバケットを作成します。

    Autonomous Data Warehouseをクラウド・ストレージに手動でバックアップする場合は、インスタンスをクラウド・ストレージのバックアップ・ロケーションに関連付ける必要があります。 Oracle Cloud Infrastructure Object Storageの定義と手動バックアップのためのバケットの作成の詳細は、「Autonomous Data Warehouseでの手動バックアップの構成」を参照してください。

Autonomous Databaseを作成した後、次の手順を実行します: