機械翻訳について

SQL*Plusでの接続

SQL*Plusは、SQLコマンドの入力に使用されるコマンドライン・インタフェースです。 SQL*Plusは、Oracle Databaseに接続します。

クライアントをインストールして構成し、SQL*Plusを使用してAutonomous Data Warehouseに接続するには、次の手順を実行します。

  1. Oracle Call Interface (OCI)、ODBCおよびJDBC OCI接続を準備します。 Oracle Call Interface (OCI)、ODBCおよびJDBC OCI接続の準備を参照してください。
  2. tnsnames.oraファイルに用意されているデータベース・ユーザー、「パスワード」およびデータベースTNS名を使用して接続します。

    次に例を示します。

    sqlplus sales_dwh@adwc1_low  
    
    SQL*Plus: Release 18.0.0.0.0 - Production on Wed Apr 3 15:09:53 2019
    Version 18.5.0.0.0
    
    Copyright (c) 1982, 2018, Oracle.  All rights reserved.
    
    Enter password:
    Last Successful login time: Wed Apr 03 2019 14:50:39 -07:00
    
    Connected to:
    Oracle Database 18c Enterprise Edition Release 18.0.0.0.0 - Production
    Version 18.4.0.0.0
    
    SQL>

注意:

  • Oracleウォレットは、ウォレットの場所がsqlnet.oraファイルで指定されるため、SQL*Plusに対して透過的です。 これは、任意のOracle Call Interface (OCI)、ODBCまたはJDBC OCI接続にも当てはまります。

  • Microsoft Active Directory資格証明を使用して「Autonomous Data Warehouseデータベース」に接続する場合、AD_domain\ AD_usernameという形式(二重引用符を含める必要があります)およびActive Directoryユーザー・パスワードを使用して、Active Directoryユーザー名を接続します。 詳細については、「Microsoft Active DirectoryとAutonomous Databaseの使用」を参照してください。