Oracle Autonomous Database

 

Oracle Autonomous Databaseの職責モデル

通常、Oracleは、Oracle Autonomous DatabaseのOracle Cloudサービスの管理およびモニタリングに関連する様々な管理タスクの実行を担当します。 ただし、お客様はいくつかのタスクを担当し、Oracleに指示してタスクを開始したり、Oracleがタスクを実行する方法またはタイミングを指定することもできます。

次の表に、Autonomous Databaseサービスの管理タスクがOracleとお客様間でどのように共有されるかを示します。

タスク 対象者 詳細

Autonomous Databaseリソースのプロビジョニング

Oracle

Oracleは、リソースのプロビジョニングを担当します。 お客様は、プロビジョニングするリソースの構成特性を指定するプロビジョニング・リクエストを開始する責任があります。

データベースのバックアップ

Oracle

Oracleは、データベースを毎日バックアップし、データベースのバックアップを60日保存する責任を負います。

データベースのリカバリ

Oracle

Oracleは、データベースのリカバリを担当します。 お客様は、リカバリする既存のバックアップを指定するリカバリ・リクエストの開始責任を負います。

パッチ適用とアップグレード

Oracle

Oracleは、すべてのAutonomous Databaseリソースへのパッチ適用およびアップグレードを行います。

スケーリング

Oracle

OracleはAutonomous Databaseのスケーリングを担当します。 お客様は、スケーリング・リクエストを開始する責任があります。

サービスのヘルスのモニタリング

Oracle

Oracleは、Autonomous Databaseリソースのヘルスをモニタリングし、公開されたガイドラインに従って可用性を確保する責任があります。

アプリケーションのヘルスとパフォーマンスのモニタリング

顧客

お客様は、すべてのレベルでアプリケーションのヘルスとパフォーマンスのモニタリングを担当します。 この職責には、データベース問合せのパフォーマンスのモニタリングおよびアプリケーションの実行の更新が含まれます。

アプリケーション・セキュリティ

顧客

お客様は、すべてのレベルでアプリケーションのセキュリティについて責任を負います。 この職責には、Autonomous Databaseリソースへのクラウド・ユーザー・アクセス、これらのリソースへのネットワーク・アクセス、およびデータベース・データへのアクセスが含まれます。

Oracleによって、Autonomous Databaseに格納されたデータが暗号化されていることを確認し、Autonomous Databaseへの接続に、TLS 1.2の暗号化およびウォレット・ベースの認証が必要になります。

監査

Oracle

Oracleは、Autonomous Databaseリソースに対してREST APIコールを記録し、これらのログをお客様が監査のために利用できるようにする必要があります。

Oracleは、Autonomous DatabaseがOracle Database監査機能を有効にしてプロビジョニングされていることを確認する必要があります。 お客様は、これらの機能を使用してデータベース使用状況を監査します。

アラートと通知

Oracle

Oracleは、サービス・イベントに対してアラートおよび通知機能を提供する責任があります。 お客様は、関心のあると思われるデータベース・アラートのモニタリングを担当します。