機械翻訳について

Oracle® Cloud

Oracle Big Data Cloud Serviceの新機能

「バージョン18.4.5」

E79543-28

2018年12月

Oracle Big Data Cloud Serviceの新機能

このドキュメントでは、Oracle Big Data Cloud Serviceの新機能について説明します。 これは、特定の機能または機能が利用可能になった日によって編成されます。

Oracle Big Data Cloud Serviceの新しいリリースに、Apache Hadoop(CDH)またはCloudera Managerを使用したCloudera Distributionの新しいリリースが含まれている場合は、以下が適用されます:

  • 新しいクラスタを作成すると、CDHおよびCloudera Managerを含む最新のすべてのソフトウェアが作成されます。

  • 既存のクラスタでは、CDHとCloudera Managerの新しいバージョンは自動的にインストールされません。 ただし、選択した時間に手動で置き換えることができます。 「Oracle Big Data Cloud Serviceの使用」「クラスタ・ソフトウェアの更新または更新」を参照してください

リリース18.4.5 - 2018年12月

特徴 説明

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアがリリース4.13.1に更新されます。 これには、Hadoop (CDH)を使用したCloudera配布が含まれます5.14.1

「マネージャOracle Big Data」が強化されました。

  • ノートブックは次のように拡張されます:
    • ノートブック・ツールは、Apache Zeppelin 0.8.0で作成され、Apache Zeppelin 0.7.2からアップグレードされます。 「Zeppelin 0.8.0の新機能」を参照してください。
    • sparkインタプリタにより、spark2インタプリタが置き換えられます。 新しいsparkインタプリタで、Apache Sparkリリース2.2が使用されます。 spark2インタプリタは使用できなくなりました。
    • 解釈には、ユーザーごと、またはノートごとにスコープを設定できます。
    • タイムアウト・ベースのインタプリタ・ライフサイクル管理が使用可能です。
  • その他の新機能は次のとおりです:
    • ローカル・コンピュータからHDFSにディレクトリをアップロードできます。
    • 2つの新しいジョブ・タイプが使用可能です: ODHI問合せ(Hiveに対する汎用問合せの場合)およびODHIインポート(Hiveにデータをロードする場合)。
    • 「データ・エクスプローラ」ページで、HDFSファイルを右クリックし、「ファイル・コンテンツのプレビュー」を選択して、構文の強調表示が付いたファイルの部分的なコンテンツを参照できます。
    • 新規ジョブの作成時に、ジョブを即時実行するか、スケジュールを指定するかを選択できます。

リリース18.4.3 - リリースなし

Oracle Big Data Cloud Serviceの18.4.3リリースがありませんでした

リリース18.4.1 - リリースなし

Oracle Big Data Cloud Serviceの18.4.1リリースがありませんでした

リリース18.3.5 - 2018年9月

特徴 説明

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアがリリース4.11.7に更新されました。 これには、Hadoop (CDH)を使用したCloudera Distribution 5.12

「マネージャOracle Big Data」が強化されました。

パスを指定するときは変数を使用できます。

リリース18.3.3 - 2018年8月

特徴 説明

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアがリリース4.11.6に更新されました。 これには、Hadoop (CDH)を使用したCloudera Distribution 5.12

「マネージャOracle Big Data」が強化されました。

  • 使用状況を追跡できます。
  • FAQは、Notebookセクションに含まれています。

リリース18.3.1 - 2018年7月

特徴 説明

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは4.11.5をリリースするように更新されます。 これには、Hadoop (CDH)を使用したCloudera Distribution 5.12

システム・ソフトウェアは、サービス・コンソールからパッチを当てて更新することができます。

リリース18.3.1以降は、サービス・コンソールを通じてクラスタをパッチ(更新)することができます。 リリース18.2.3を更新することは可能ですが、まず手動でパッチを適用する必要があります。 「Oracle Big Data Cloud Serviceの使用」「クラスタ・ソフトウェアの更新または更新」を参照してください。

「マネージャOracle Big Data」が強化されました。

  • ドラッグ&ドロップ・パイプライン・エディタを使用して、ジョブを連鎖させるパイプラインを作成できます。
  • ノートブックではSpark 2のインタプリタがサポートされています。

リリース18.2.5 - 2018年6月

特徴 説明

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは4.11.4をリリースするように更新されます。 これには、Hadoop (CDH)を使用したCloudera Distribution 5.12

Big Data Managerが強化されました。

新しいBig Data Managerユーザーを追加するために使用されるbdm-add-userスクリプトには、セキュア・クラスタに関する新しいオプションがあります。

リリース18.2.3 - 2018年5月

特徴 説明

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは4.11.3をリリースするようにアップデートされています。 これには、Hadoop (CDH)を使用したCloudera Distribution 5.12

Big Data Managerが強化されました。

  • 「マネージャOracle Big Data」コンソールのスライダを使用してジョブのリソースを管理できるようになりました。

  • odcp (および「マネージャOracle Big Data」コピー・ジョブ)のパフォーマンスが向上しました。

Cloudera Managerのパスワードを更新することができます。

Oracle Big Data Cloud Serviceコンソールの「サービス資格証明」メニューを使用してCloudera Managerのパスワードを更新することが可能になりました。

リリース18.2.1 - 2018年4月

特徴 説明

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、Oracle Big Data Cloud Serviceの4.11.2をリリースするように更新されています。 これには、Hadoop (CDH)を使用したCloudera Distribution 5.12

リリース18.1.5 - 2018年3月

特徴 説明

Big Data Managerが強化されました。

「Oracle Big Dataマネージャ」 Administrationセクションには、可用性ドメイン内のOracle Big Data Cloud Serviceインスタンスに含まれるファイアウォールを管理するためのツールが含まれています。

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、Oracle Big Data Cloud Serviceの4.11.1をリリースするように更新されています。 これには、Hadoop (CDH)を使用したCloudera Distribution 5.12

リリース18.1.3 - 2018年2月

特徴 説明

Big Data Managerが強化されました。

Oracle Big Data Managerには、ZIPアーカイブをアップロードおよび抽出する機能が追加されました。

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、Oracle Big Data Cloud Serviceの4.9.6をリリースするように更新されています。 これには、Cloudera Distribution with Hadoop (CDH)5.11が含まれます。

リリース18.1.1 - 2018年1月

特徴 説明

Big Data Managerが強化されました。

Oracle Big DataマネージャはJDBCプロバイダをサポートし、Oracle Database、MySQL、およびAmazon Redshiftに格納されているデータをブラウズできます。

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、Oracle Big Data Cloud Serviceの4.9.5をリリースするように更新されています。 これには、Cloudera Distribution with Hadoop (CDH)5.11が含まれます。

リリース17.4.5 - 2017年12月

特徴 説明

Big Data Managerが強化されました。

Oracle Big DataマネージャがCloudera Managerと統合されました。 Oracle Big Data Managerの起動、停止、監視、Webコンソールの起動、Cloudera Managerからのノートブックの実行が可能です

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、Oracle Big Data Cloud Serviceの4.9.4をリリースするように更新されています。 これには、Cloudera Distribution with Hadoop(CDH)5.11

リリース17.4.3 - 2017年11月

特徴 説明

Oracle Cloud Infrastructure Object Storage ClassicOracle Big Data Cloud Serviceインスタンスに関連付けるには、ストレージ・コンテナを手動で指定する必要があります。

「クラスタの作成」を参照してください。

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、Oracle Big Data Cloud Serviceの4.9.3をリリースするように更新されています。 これには、Cloudera Distribution with Hadoop(CDH)5.11

リリース17.4.1 - 2017年10月

特徴 説明

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、Oracle Big Data Cloud Serviceのリリース4.9.2に更新されています。 これには、Cloudera Distribution with Hadoop(CDH)5.11

リリース17.3.5 - 2017年9月

特徴 説明

月次ユニバーサル・クレジット・サブスクリプションを購入することで、Oracle Big Data Cloud Serviceをサブスクリプションすることができます。

ユニバーサル・クレジット・サブスクリプションは、Oracle Cloudサービスのcategoryへのサブスクリプションです。 そのカテゴリ内のサービスの一部または全部に適用できるいくつかのクレジットを購入します。 Big Data Cloud Serviceは、Infrastructure as a Service (IaaS)およびPlatform as a Service (PaaS)サービスを含むカテゴリにあります。

ユニバーサル・クレジットのサブスクリプションでは、カテゴリ内のすべてのサービスを使用するかどうかにかかわらず、月額または年間契約額を指定して選択します。 あなたのサービスの利用は毎時従量制され、毎月請求されます。 未使用金額は、確定した期間の終了時に失効します。 コミットされた金額を超えて使用すると、オーバーヘッドになります。 「Oracle Cloudスタート・ガイド」「Oracle Cloudへようこそ」「Oracle Cloudサブスクリプションを購入」を参照してください。

Oracle Sales担当者に連絡して、お客様のニーズに最も適したサブスクリプション・モデルを判断してください。

Big Data Managerが強化されました。

ビッグ・データ・マネージャは次のようになりました:

  • HTTPプロトコルによるデータ転送が容易なツール。

  • Oracle Bare Metal Cloud Object Storage Serviceのサポート

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、Oracle Big Data Cloud Serviceのリリース4.9.1に更新されています。 これには、Cloudera Distribution with Hadoop(CDH)5.11

リリース17.3.3 - 2017年8月

特徴 説明

ビッグ・データ・マネージャは、新しい機能と機能によって強化されています。

  • bigdatamgrユーザーは、管理者権限でデフォルトで作成されます。

  • Amazon Web Services Simple Storage Service(AWS S3)がサポートされています。

  • 新しいジョブ・タイプがOracle Distributed Diff(odiff)ツールでサポートされています。odiffを使用すると、HDFS、OSS、AWS S3など、さまざまなロケーションに保存されている大規模なデータセットを比較できます。

  • 「マネージャOracle Big Data」データ・エクスプローラには、一般的な操作を実行するキーボード・ショートカットがあります。

  • Big Data Managerは、現在のユーザーにHDFSホーム・ディレクトリがないかどうかを検出し、そうであればエラーを表示します。

  • Oracle Bare Metal Cloud Serviceのサポートは限られています。 ストレージをブラウズして、ファイルを他のプロバイダのファイルとコピーして比較することができます。 しかし、このリリースの「Oracle Big Dataマネージャ」で直接Oracle Bare Metal Cloud Serviceプロバイダを編集することはできません。

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、Oracle Big Data Cloud Serviceのリリース4.8.2にアップデートされています。 これには、Cloudera Distribution with Hadoop(CDH)5.10.1が含まれます。

リリース17.3.1 - 2017年7月

特徴 説明
Oracle Big Data Cloud Serviceコンソール用の新しいユーザー・インタフェース設計。 グラフィカル・ユーザー・インタフェースの一部の領域が少し変更され、ワークフローに若干の変更が加えられます。 たとえば、「Oracle Big Data Cloud Serviceの使用」「すべてのクラスタの表示」および「クラスタの詳細の表示」を参照してください。

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、次のように更新されます:

  • Hadoop(CDH)を使用したCloudera Distributionは5.10.1にアップグレードされました。

  • Cloudera Manager(CM)が5.10.1にアップグレードされました。

  • 上記のCDHおよびCMバージョンは、Oracle Big Data Cloud Serviceのソフトウェア・リリース4.8.1に基づいています。

リリース17.2.3 - 2017年5月

特徴 説明
ビッグ・データ・マネージャ 「マネージャOracle Big Data」を使用してデータをコピーし、コピー・ジョブを管理します。 「マネージャOracle Big Data」には、グラフィカル・ユーザー・インタフェース、コマンドライン・インタフェース・ユーティリティ、bdm-cli、およびREST APIが含まれています。 「Oracle Big Data Cloud Serviceの使用」「ビッグ・データ・マネージャを使用したデータのコピー」を参照してください。

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、4.7.3 forOracle Big Data Cloud Serviceをリリースするように更新されています:

リリース17.2.1 - 2017年4月

特徴 説明

Oracle Big Data SQL Cloud Service

Oracle Big Data SQL Cloud ServiceOracle Big Data Cloud Serviceサブスクリプションに追加できるようになりました。 Oracle Big Data SQLを使用すると、SQL問合せを使用して、Big Data Cloud Service HadoopクラスタとOracle Database Exadata Cloud Serviceのデータにアクセスできます。 Oracle Database Exadata Express Cloud Serviceの使用権は、Oracle Big Data SQL Cloud Serviceサブスクリプションに含まれています。 「Oracle Big Data Cloud Serviceの使用」「Oracle Big Data Cloud ServiceでのOracle Big Data SQL Cloud Serviceの使用」を参照してください。

高速プロビジョニング

クラスタの作成と拡張にかかる時間が大幅に短縮されました。

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、Oracle Big Data Cloud Serviceの4.7.2をリリースするように更新されています:

リリース17.1.5 - 2017年3月

特徴 説明
従量制サービス利用可能 以前のリリースでは、唯一のサブスクリプション・オプションは非従量制サブスクリプションでした。このサブスクリプションでは、指定した期間、指定されたリソースへのエンタイトルメントを購入しました。 これで、非従量制サブスクリプションまたは従量制サブスクリプションのいずれかを購入することができます。 従量制サービスを使用すると、実際の使用のために延滞で請求されます。 「Oracle Big Data Cloud Serviceの使用」「Oracle Big Data Cloud Serviceのサブスクリプション方法」を参照してください。
バースティング制限が480 OCPU(または15ノード)に増加しました。 最大で480個のOCPU(15個のクラスタ・コンピュート・ノード)を追加できます。 以前の制限は192 OCPU(6ノード)でした。 「Oracle Big Data Cloud Serviceの使用」「クラスタ・コンピュート・ノードをクラスタに追加する(バースティング)」を参照してください。
odcpはAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をサポートしています。 Oracle Big Data Cloud Service odcp分散コピー・ユーティリティは、Amazon Web Services Simple Storage Service (Amazon S3)をストレージ・プロバイダとしてサポートするようになりました。 「Oracle Big Data Cloud Serviceの使用」「odcpによるデータのコピー」を参照してください。

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、次のように更新されます:

  • Hadoop(CDH)によるCloudera Distributionは5.8から5.9.1にアップグレードされました。

  • Cloudera Manager(CM)は5.8.1から5.9にアップグレードされました。

  • 上記のCDHおよびCMバージョンは、Oracle Big Data Cloud Serviceのソフトウェア・リリース4.7.1に基づいています。

リリース17.1.3 - 2017年2月

特徴 説明
クラスタにエッジ・ノードを追加 クラスタ内でいくつかのノードを「エッジ・ノード」として指定できるようになりました。 追加のノードをエッジ・ノードとして指定するには、クラスタに少なくとも4つの「恒久的なHadoopノード」が必要です。 「Oracle Big Data Cloud Serviceの使用」「Oracle Big Data Cloud Serviceノードについて」「クラスタの作成」、および「クラスタに永続的なノードを追加」を参照してください。

リリース17.1.1 - 2017年1月

特徴 説明

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、次のように更新されます:

  • Oracle Big Data Cloud Serviceのソフトウェア・リリースは4.6.3から4.6.4にアップグレードされました。

リリース16.4.5 - 2016年12月

特徴 説明

安全なクラスタでデータをコピー

odcp分散コピー・ツールを使用して、保護されたクラスタ上の大きなファイルをコピーできるようになりました。 「Oracle Big Data Cloud Serviceの使用」「odcpコマンドライン・ユーティリティを使用したデータのコピー」を参照してください。

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、次のように更新されます:

  • forOracle Big Data Cloud Serviceのソフトウェア・リリースは4.6.1から4.6.3にアップグレードされました。

リリース16.4.3 - 2016年11月

特徴 説明

ユーザー・インタフェースのルック・アンド・フィールの変更

ユーザー・インタフェースのビジュアル・スタイルがよりクリーンな外観に更新されました。 コントロールのいくつかの再編成もありますが、古い機能はすべて保持されています。

リリース16.4.1 - 2016年10月

特徴 説明

サービス・インスタンスとクラスタを作成するための新しいワークフロー。

クラスタを作成するための新しいプロセスがあります。 まず、サブスクリプションで指定されたリソース(ノード)を割り当てるサービス・インスタンスを作成します。 次に、クラスタの詳細を指定し、クラスタ自体を作成します。 「Oracle Big Data Cloud Serviceの使用」「サービス・インスタンスの作成」「クラスタの作成」を参照してください。

クラスタ・コンピューティング・ノードをクラスタに追加する(バースティング)。

既存のクラスタに対して、最大6つのクラスタ・コンピュート・ノード(192個のOCPU)をいつでも追加および削除できます。 クラスタ計算ノードには、ストレージを持たないOracle Compute Units(OCPU)とメモリーのみが含まれます。 これらのノードは、負荷が高い場合に必要なときにコンピューティング・パワーを強化します。 「Oracle Big Data Cloud Serviceの使用」「クラスタ・コンピュート・ノードをクラスタに追加する(バースティング)」を参照してください。

システム・ソフトウェアが更新されました

システム・ソフトウェアは、次のように更新されます:

  • Hadoop(CDH)によるCloudera Distributionは、5.7から5.8にアップグレードされました。

  • Cloudera Manager(CM)は5.7から5.8.1にアップグレードされました。

  • 上記のCDHとCMのバージョンは、Oracle Big Data Cloud Serviceのソフトウェア・リリース4.6.1に基づいています。

最初のリリース - 2015年10月

Oracle Big Data Cloud Serviceは、2015年10月に最初にリリースされました。 上記と16.4.1の間の様々な更新は、上記のように新しい機能によって置き換えられました。

ドキュメントのアクセシビリティについて

Oracleのアクセシビリティについての詳細情報は、Oracle Accessibility ProgramのWebサイトhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docaccを参照してください。

Oracle Supportへのアクセス

サポートを購入したOracleのお客様は、My Oracle Supportにアクセスして電子サポートを受けることができます。 詳細情報は(http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=info)か、聴覚に障害のあるお客様は(http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trs)を参照してください。


Oracle Cloud Oracle Big Data Cloud Serviceの新機能、バージョン18.4.5

E79543-28

Copyright © 2016, 2018, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

このソフトウェアおよび関連ドキュメントの使用と開示は、ライセンス契約の制約条件に従うものとし、知的財産に関する法律により保護されています。 ライセンス契約で明示的に許諾されている場合もしくは法律によって認められている場合を除き、形式、手段に関係なく、いかなる部分も使用、複写、複製、翻訳、放送、修正、ライセンス供与、送信、配布、発表、実行、公開または表示することはできません。 このソフトウェアのリバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルは互換性のために法律によって規定されている場合を除き、禁止されています。

ここに記載された情報は予告なしに変更される場合があります。 また、誤りが無いことの保証はいたしかねます誤りを見つけた場合は、オラクル社までご連絡ください。

このソフトウェアまたは関連ドキュメントを、米国政府機関もしくは米国政府機関に代わってこのソフトウェアまたは関連ドキュメントをライセンスされた者に提供する場合は、次の通知が適用されます。

U.S. GOVERNMENT END USERS: Oracle programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, delivered to U.S. Government end users are "commercial computer software" pursuant to the applicable Federal Acquisition Regulation and agency-specific supplemental regulations. As such, use, duplication, disclosure, modification, and adaptation of the programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, shall be subject to license terms and license restrictions applicable to the programs. No other rights are granted to the U.S. Government.

このソフトウェアまたはハードウェアは様々な情報管理アプリケーションでの一般的な使用のために開発されたものです。 このソフトウェアまたはハードウェアは、危険が伴うアプリケーション(人的傷害を発生させる可能性があるアプリケーションを含む)への用途を目的として開発されていません。 このソフトウェアもしくはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用する際、安全に使用するために、適切な安全装置、バックアップ、冗長性(redundancy)、その他の対策を講じることは使用者の責任となります。 このソフトウェアまたはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用したことに起因して損害が発生しても、オラクル社およびその関連会社は一切の責任を負いかねます。

OracleおよびJavaはOracle およびその関連企業の登録商標です。 その他の名称は、他社の商標の可能性があります。

Intel、Intel Xeonは、Intel Corporationの商標または登録商標です。 すべてのSPARCの商標はライセンスをもとに使用し、SPARC International, Inc. の商標または登録商標です。AMD、Opteron、AMDロゴ、AMD Opteronロゴは、Advanced Micro Devices, Inc. の商標または登録商標です。 UNIXは、The Open Groupの登録商標です。

このソフトウェアまたはハードウェア、そしてドキュメントは、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセス、あるいはそれらに関する情報を提供することがあります。 お客様との間に適切な契約が定められている場合を除いて、オラクル社およびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスに関して一切の責任を負わず、いかなる保証もいたしません。 お客様との間に適切な契約が定められている場合を除いて、オラクル社およびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセスまたは使用によって損失、費用、あるいは損害が発生しても一切の責任を負いかねます。