機械翻訳について

Oracle Big Data Cloud Serviceノードについて

すべてのクラスタには少なくとも3つの永続Hadoopノード(スタータ・パック)が必要であり、永続Hadoopノードとエッジ・ノードを組み合わせた57の永続ノードを追加することができます。 さらに、クラスタには最大15個のクラスタ・コンピュート・ノード(480個のOCPU)を持つことができます。

永続的なHadoopノード

永続Hadoopノードは、クラスタの存続期間中存続します。 各ノードには:

  • 32 個のOracle Compute Unit(OCPU)

  • 248 GBの空きRAM

  • 48 TBのストレージ

  • ライセンスとサポートを含むCloudera Enterprise Data Hub Editionソフトウェア・スタックのフル活用

クラスタに必要なノードの数を計画するときは、次の点に注意してください:

  • 3ノード・クラスタは、開発にのみ推奨されます。 本番クラスタには5つ以上のノードが必要です。 これは、ノードに障害が発生した場合、ノードの責任を別のノードに移行し、クラスタの高可用性設定でクォーラムを保持できるようにするためです。

  • サービスは、4ノード以上のクラスタ上にある場合よりも、3ノード・クラスタ上で異なる方法で配布されます。 「3ノードの開発専用クラスタでサービスを実行する場所」を参照してください

  • エッジ・ノードを追加するには、少なくとも4つの永続Hadoopノードが必要です。

  • Oracle Big Data Cloud ServiceクラスタにOracle Big Data Discoveryをインストールするには、少なくとも5つのノードが必要です。

エッジ・ノード

エッジ・ノードは、Hadoopクラスタと外部ネットワークとの間のインタフェースを提供します。 これらは通常、クライアント・アプリケーションとクラスタ管理ツールを実行するために使用され、Hadoopサービスを実行するクラスタのノードとは別のものです。 パーマネントHadoopノードと同様に、エッジ・ノードはクラスタの存続期間中存続します。 永続Hadoopノードと同じ特性を持っています:

  • 32 個のOracle Compute Unit(OCPU)

  • 248 GBの空きRAM

  • 48 TBのストレージ

  • ライセンスとサポートを含むCloudera Enterprise Data Hub Editionソフトウェア・スタックのフル活用

クラスタを作成したりクラスタを拡張したりするときは、最初の4つのノードが永続的なHadoopノードである限り、エッジ・ノードになるノードの数を指定できます。

クラスタ・コンピュート・ノード

クラスタ・コンピュート・ノードはOCPUとメモリーしか保持できず(ストレージは保持しない)、自由に追加と削除が可能です(このプロセスは"バースティング"と呼ばれます)。 バースティングにより、処理のニーズの変化に応じてクラスタを拡張および縮小できます。

クラスタは、最大15クラスタのコンピュート・ノードによって拡張できます。 ただし、サービス・コンソールでクラスタ・コンピュート・ノードを操作する場合は、OCPU数で識別し、次のようにサポートされています。

  • 32 OCPUノード= 1ノード

  • 64 OCPUノード= 2ノード

  • 96 OCPUノード= 3ノード

  • 128 OCPUノード= 4ノード

  • 160 OCPUノード= 5ノード

  • 192 OCPUノード= 6ノード

  • 224 OCPUノード= 7ノード

  • 256 OCPUノード= 8ノード

  • 288 OCPUノード= 9ノード

  • 320 OCPUノード= 10ノード

  • 352 OCPUノード= 11ノード

  • 384 OCPUノード= 12ノード

  • 416 OCPUノード= 13ノード

  • 448 OCPUノード= 14ノード

  • 480 OCPUノード= 15ノード

クラスタ・コンピュート・ノードにはHadoop Distributed File System (HDFS)が含まれないため、これらのノードにはデータが格納されません。 したがって、クラスタからクラスタ・コンピュート・ノードを削除しても、クラスタに格納されているデータには影響しません。