機械翻訳について

Salesforceのイベントの監視

Salesforceのイベント監視オプションについて理解します。

デフォルトでは、Salesforceはデータを変更するユーザー・アクティビティについてレポートするだけです。 データのコピーはレポートされず、ユーザーが表示するコンソールのページに記録されません。 イベント監視では、Salesforce内のユーザー・アクティビティおよびその他のイベントに関するより多くの情報が提供されます。 これには、実行しているレポートに関する情報、どのページが、誰から、どこからアクセスされているかに関する情報が含まれます。

Oracle CASB Cloud Serviceは、Salesforceのイベント監視からのデータを、デフォルト・ログからのデータとともに使用して、Salesforce内のユーザー・アクティビティに関するより正確なプロファイルを構築します。 プロファイルが正確であればあるほど、リスクを示す可能性のある変更を見つけやすくなります。 イベント監視を有効にすることで、Salesforceからデータを盗用している者を識別することができます。 盗用されたデータはコピーされるだけで変更されないため、イベント監視なしでは、データ盗用を見つけることはできません。

Oracle CASB Cloud Serviceでこれを有効化するには、イベント監視をSalesforceで有効にする必要があります。 Salesforceでのイベント監視の有効化および無効化の詳細は、Salesforceのドキュメントを参照してください。