機械翻訳について

Salesforceセキュリティ・モニタリングについて

Salesforceのために実行するさまざまなタイプのセキュリティ・モニタリングOracle CASB Cloud Serviceについて学んでください。

Oracle CASB Cloud Serviceは、Salesforce Sales Cloudでさまざまなリスクを監視します。 監視されるリスクには、以下のものがあります:

  • セキュリティ制御監視: たとえば、脆弱なパスワードやセッション・ポリシーなど。

  • ベンチマークのモニタリング: これには、ベンチマークのモニタリングが含まれます。たとえば、Salesforceの「設定」セクションで管理者アクティビティを確認したり、「設定」の高レベルのビューや、最も頻繁に作成および更新されたオブジェクトを表示します。 Oracle CASB Cloud Serviceは、「リスク・イベント」の傾向データ、およびこれらのベンチマークに関する詳細情報を様々なレポートで表示します。

  • ポリシー・アラート: Salesforceに関連する様々なアラートを定義できます。これには、権限(プロファイルとロール)、標準オブジェクトとカスタム・オブジェクトに関連するアクション(これらのオブジェクトのフィールドレベルの詳細まで)、レポートの実行とエクスポート、または「設定」での構成の変更が含まれます。 これらのアクティビティを、特定のユーザー、グループおよびIPアドレスにわたって追跡できます。

  • 脅威のモニタリング: Oracle CASB Cloud Serviceフラグは、通常とは異なるログインや失敗したログイン、IPアドレス・ホップ、geolocation hopping、MicrosoftアクセスがブラックリストIPから、クロス・クラウド・アクティビティ(たとえば、SalesforceアカウントやOffice 365アカウント間でのユーザーのトラッキング)などの異常な動作に対応しています。

Oracle CASB Cloud Serviceには、コンソールに表示されたリスクに対する修正チケットを管理するための組込みインシデント管理システムがあります。 このチケット発行システムはServiceNowと統合されます。

Oracle CASB Cloud Serviceがポリシーに一致するクラウド内のイベントを検出すると、Oracle CASB Cloud Serviceは「ダッシュボード」(グローバルおよびインスタンス固有の「健全性サマリー」ウィジェットの両方)の「ポリシー・アラート」カウントを更新します。 Oracle CASB Cloud Serviceは、リスク・イベント・ページにもエントリを生成します。 アラートには、影響を受けるリソース、アクションを実行したユーザーまたはエージェント、およびアプリケーション固有のイベント・ログからの追加データが示されます。