機械翻訳について

サインイン

Oracle CASB Cloud Serviceにサインインする方法を学習します。

Oracle CASB Cloud Serviceを組織で初めて使用する場合は、ログインURL、資格証明、ワンタイム・ログイン・コードについてサポート担当者または正規の再販業者に問い合せてください。 あなたがルート・テナント管理者になります。

Oracle Cloudを介してOracle CASB Cloud Serviceを使用している場合は、「ユニバーサル・クレジットを使用したOracle CASB Cloud Serviceへのアクセス」を参照してください。

Oracle CASB Cloud Serviceを組織すでに使用している場合は、ログインURLおよび資格証明についてローカルのOracle CASB Cloud Serviceルート・テナント管理者に問い合せてください。

初回サインイン

Oracle CASB Cloud Serviceに初めてサインインする方法について説明します。

注意:

初めてOracle CloudにサインアップしてOracle CASB Cloud Serviceにアクセスする場合、「ユニバーサル・クレジットを使用したOracle CASB Cloud Serviceへのアクセス」の初回サインイン手順に従います。

シングル・サインオンが有効になっていない場合、初めてサインインする際に確認コードを入力する必要があります。 確認コードと初回アクセスURLが含まれた電子メールを受信します。

  1. 初回アクセス用のリンクをクリックし、求められたら電子メール・アドレスを入力して、「次」をクリックします。
  2. 次に表示される内容は、ルート・テナント管理者がOracle CASB Cloud Serviceに対してシングル・サインオン(SSO)を有効にしているかどうか、およびユーザーのOracle CASB Cloud Serviceでのロールによって異なります。 SSOを有効にした後は、ルート・テナント管理者は常に 電子メールとパスワードでログインするか、SSO経由でログインするかを選択できます。

    表示される内容により、次の操作を行います。

    • ようこそメッセージとパスワード・プロンプトは表示されるが、SSOでサインイン・ボタンは表示されない場合は、パスワードを入力して「サインイン」をクリックします。

      パスワードが承認されると、次にOracle CASB Cloud Serviceコンソールに「ダッシュボード」が表示されます。

    • ようこそメッセージとパスワード・プロンプトとSSOでサインイン・ボタンが表示される場合:

      • パスワードを入力して「サインイン」ボタンをクリックします。

        パスワードが承認されると、次にOracle CASB Cloud Serviceコンソールに「ダッシュボード」が表示されます。

      • SSOでサインイン・ボタンをクリックして、シングル・サインオン・アイデンティティ・プロバイダのログイン・ページに移動することもできます。 そのアイデンティティ・プロバイダにログインします。

        ログイン資格証明が承認されると、次にOracle CASB Cloud Serviceコンソールに「ダッシュボード」が表示されます。

    • シングル・サインオン・アイデンティティ・プロバイダのログイン・ページが表示される場合、 そのアイデンティティ・プロバイダにログインします。

      ログイン資格証明が承認されると、次にOracle CASB Cloud Serviceコンソールに「ダッシュボード」が表示されます。

  3. Oracle CASB Cloud Serviceコンソールにアクセスしたときに、「アプリケーションの登録」またはアプリケーション検出の実行を求めるプロンプトが表示される場合:
    • 「アプリケーションの登録」を選択してアプリケーション・インスタンスの登録ページに移動します。

  4. Oracle CASB Cloud Serviceコンソールにアクセスしたときに、「アプリケーションの登録」またはアプリケーション検出の実行を求めるプロンプトが表示される場合:
    • アプリケーション検出の実行を選択して、ダッシュボードのアプリケーション検出タブに移動します。

      Oracle CASB Cloud Service - Discoveryのみを使用する場合は、ここに移動します。

    • 「アプリケーションの登録」を選択してアプリケーション・インスタンスの登録ページに移動します。

      これは、Oracle CASB Cloud Serviceのすべての機能を使用できる新規ユーザーが初回に行う通常の作業です。 アプリケーション・インスタンスを準備および登録する手順は、「モニタリングのためのクラウド・アプリケーションの設定」を参照してください。

      アプリケーション・インスタンスを追加する準備が整っているかどうかに関係なく、組織でこのコンソールにアクセスする最初のユーザーは、バックアップ・テナント管理者を追加する必要があります。 Oracle CASB Cloud Service管理者の追加を参照してください。

  5. Oracle CASB Cloud Serviceコンソールにアクセスしたときに、「アプリケーションの登録」またはアプリケーション検出の実行を求めるプロンプトが表示されない場合は、次のいくつかの作業を実行できます。

以降のログイン

初回ログイン後、Oracle CASB Cloud Serviceに毎回サインインする方法について説明します。

初回ログイン後、初回ログイン時とほぼ同じ方法でOracle CASB Cloud Serviceにアクセスします。 ただし、次の場合は、ログイン・ステップの詳細が異なることがあります。

  • Oracle Cloudを介してOracle CASB Cloud Serviceを使用し始める場合。

  • ユーザーのOracle CASB Cloud Serviceロールが変更された場合。

  • 最後のログイン以降、シングル・サインオン(SSO)が有効になった場合。

  • 最後のログイン以降、最初のアプリケーションが登録された場合。

  • 2要素認証を使用する場合。

初回サインインのステップは常に有効ですが、ステップの流れが異なることがあります。

SSOが有効になっていない場合に、2要素認証を使用すると、どこかの時点で確認コードの入力を求められます。 下記のステップを参照してください

注意:

Oracle CASB Cloud Service - Discoveryのみを使用している場合、Oracle CASB Cloud Serviceにアプリケーション・インスタンスを登録したことがなければ、常に「アプリケーションの登録」またはアプリケーション検出の実行を求めるプロンプトが表示されます。

電子メールとパスワードの資格証明によって提供されるセキュリティを補完するために、SSOが有効になっていない場合、組織は2要素認証を要求することができます。 すなわち、ログイン中に、電子メールとパスワードのほかに新しい認証コードの入力を求められることがあります。 Oracle CASB Cloud Serviceはその認証コードを電子メール・アドレスに送信し、コードは1回のみ有効です。

注意:

SSOが有効になっている場合でも、ルート・テナント管理者であれば、電子メールとパスワードを使用してログインできます。 その際、会社が2要素認証を使用している場合、ログイン中に、新しい認証コードの入力を求められることがあります。
  1. 初回サインインのステップに従います。

  2. どこかの時点で、確認コードの入力を求めるメッセージが表示された場合:

    1. ログインに使用する電子メール・アカウントを確認します。確認コードが記載された電子メールを捜してください。

    2. 電子メールから確認コードをコピーして、確認ページに貼り付けます。

    3. ログインに使用しているコンピュータを他のユーザーが使用できないことが確実な場合は、このコンピュータを信頼するチェック・ボックスを選択して、認証コード(30日間有効)を保存します。

      共有コンピュータで作業している場合は、このチェック・ボックスを選択しないでください

    4. 「確認」をクリックします。