機械翻訳について

インフラストラクチャ・コンソールからのインスタンスの作成

プライマリ・アカウント管理者(Oracle Cloudサブスクリプションを作成したユーザー)は、前提条件ステップを実行し、自分または他の委任ユーザーがインフラストラクチャ・コンソールからOracle Content and Experienceインスタンスを作成できます。

次の手順は、プライマリ・アカウント管理者が実行する前提条件です:

  • Oracle Content and Experienceのコンパートメントを作成します。

    コンパートメントは、分離(あるプロジェクトまたはビジネス・ユニットを別のプロジェクトと区別)、アクセス(ポリシーの使用を通じて)および使用状況と請求の測定のためにクラウド・リソースを編成するために使用されます。 一般的な方法は、組織の主要な各部分(Sales、Human Resourcesなど)に対するコンパートメントを作成することです。 自分または別の委任ユーザーがOracle Content and Experienceインスタンスを作成すると、コンパートメントの選択を求められます。 セキュリティ上の理由から、Oracleでは、ルート・ストレージ・コンパートメントを使用するのではなく、特定のストレージ・コンパートメントを作成して使用することを強くお薦めします。

  • Oracle Content and Experienceインスタンスの作成を他のユーザーに委任するには、次のいずれかのトピックのステップを実行します:
  • 「別々の環境で複数のOracle Content and Experienceインスタンスを作成するには」では、セカンダリOracle Identity Cloud Service (IDCS)ドメインを作成し、Oracle Content and Experienceインスタンスの作成時に入力する必要があるIDCS値をいくつか収集します。

    異なるアイデンティティ要件およびセキュリティ要件に対応するために、別々の環境に複数のOracle Content and Experienceインスタンスを作成する場合があります(例:開発用と本番用の環境)。 そのためには、IDCSの複数のインスタンスを作成します。 別のIDCS環境を用意することで、ある環境で作業するユーザーが、別の環境でのユーザーの作業に影響を与えることはありません。 複数のインスタンスを使用することで、それぞれの環境の管理制御を分離できます。 これは、たとえば、開発ユーザーIdが本番環境の既存のものから保護されたり、別の管理者が異なる環境を制御できるようにする場合に必要になります。 複数のインスタンスを利用すると、「プライマリ」インスタンス、Oracle Cloudアカウントを伴うインスタンス、および1つ以上のsecondary (追加)インスタンスが作成されます。

  • 「別のリージョンにインスタンスを作成するには」では、サブスクリプションをそのリージョンに拡張し、Oracle Cloud Infrastructure (OCI)を使用して新しいリージョンからOracle Identity Cloud Service (IDCS)をフェデレートします。

    Oracle Infrastructure and Platform Cloud Services (Oracle IaaS/PaaS)は異なるデータセンターで有効になっています。 これらのデータセンターは、地理的なロケーションに基づいてデータ・リージョンにグループ分けされています。 これらのサービスを購入するか、無料プロモーションにサインアップする際には、通常、アクセスするために最も近い自分のリージョンにあるデータ・リージョンを選択します。 これが「プライマリ・データ・リージョン」になります。 ただし、必要に応じて、同じクラウド・アカウント内の他の地理的リージョンにサブスクリプションを延長し、そこでサービスを使用することができます。 たとえば、購入中にプライマリ・データ・リージョンとして北米を選択した場合、サブスクリプションをEMEA(ヨーロッパ、中東およびアフリカ)データ・リージョンに拡張できます。 これにより、ユーザーはEMEAデータセンターで利用可能なサービスを使用できるようになります。

  • イントラネット内でのみ表示、Oracle Cloud Infrastructure FastConnectの設定、テナンシ値の収集、ローカル・ピアリング・ゲートウェイの作成、リクエスタ・グループおよびポリシーの作成、およびプライベート・サービス・インスタンスのテナンシの設定をOracle Supportに依頼できる「プライベート・インスタンスを作成するには」

    パブリック・インターネット上では実現できないパフォーマンスやセキュリティの強化を必要とするお客様もいます。 Oracle Cloud Infrastructure FastConnectを使用すると、Oracle Content and Experienceインスタンスへのよりパフォーマンスが高く、堅牢でセキュアな接続を提供できます。 このタイプの接続をよく使用するのは、アクセスを確実に内部ネットワークに制限する必要があるお客様や、エンド・ユーザーに可能なかぎり最善で最も信頼性の高い接続を用意する必要があるお客様です。

会社のニーズに適した前提条件ステップを実行した後、自分または委任されたユーザーはOracle Content and Experienceインスタンスの作成」を使用できます。

ノート:

同じサブスクリプション内に複数のインスタンスを作成できます。