機械翻訳について

Oracle Cloudサブスクリプションの購入およびアクティブ化

Oracle Content and Experienceの使用を開始する前に、組織でサブスクリプションを購入し、クラウド・アカウントを作成してから、サービスをアクティブ化する必要があります。

Oracle Cloud Universal Creditsサブスクリプションを購入するには、いくつかの方法があります:

  • サービス(SaaS)の顧客としてソフトウェアを利用している場合は、Oracle Salesに連絡する必要があります。
    1. UCMアカウントをすでに持っている場合は、ステップ2にスキップできます。 新しいUCMアカウントを作成する必要がある場合、営業担当は契約を送信します。契約に署名すると、サービスのアクティブ化を求める電子メールを受信します。
    2. 営業担当に連絡して、Oracle Content and Experience Cloud Service for Oracle CXをオーダーし、UCMアカウントに関連付けられている順序を確認してください。

      Oracle Content and Experienceの契約に署名すると、サービスは自動的にアクティブ化され、Oracle Content and Experienceのようこそeメールを受信します。

  • 「Oracle Cloud webサイト」を使用 - ユニバーサル・クレジットを使用してOracle Cloud webサイトのセルフサービス・ツールを介してサブスクリプションを購入する場合、サブスクリプション・サインアップの一部としてクラウド・アカウントを作成し、サービスが自動的にアクティブ化されて、Oracle Content and Experienceのようこそ電子メールを受信することになります。 「Oracle Cloudスタート・ガイド」「Oracle Cloudサブスクリプションをサブスクリプション」を参照してください。
  • Oracle Salesを使用 - ユニバーサル・クレジットを使用してOracle Sales経由でサブスクリプションを購入する場合、受信したアクティブ化電子メールを使用してクラウド・アカウントを作成し、サービスをアクティブ化する必要があります。 サービスをアクティブ化すると、Oracle Content and Experienceのようこそ電子メールを受信します。 「Oracle Cloudスタート・ガイド」「ようこそ電子メールから注文をアクティブ化」を参照してください。

ノート:

  • サブスクリプションを購入したとき、またはサービスをアクティブ化したときにクラウド・アカウントを作成できない場合は、「Oracle Cloudスタート・ガイド」「クラウド・アカウントのサインアップ」を参照してください。
  • 非従量制サブスクリプションからユニバーサル・クレジット・サブスクリプションに切り替えた場合、コンテンツを新規サービス・インスタンスにレプリケートする必要があります。

サブスクリプションの詳細については、「Oracle Cloudスタート・ガイド」「Oracle Cloudサブスクリプションの概要」を参照してください。

次に実行する作業

サービスをアクティブ化したら、「サービス・インスタンスを作成」が必要です。