機械翻訳について

Oracle Content and Experienceの概要

Oracle Content and Experienceは、クラウド・ベースのコンテンツ・ハブであり、チャネル全体でのコンテンツ管理を促進し、エクスペリエンスの提供を加速します。 コラボレーションとワークフロー管理の強力な機能を提供して、コンテンツの作成と配信を合理化し、顧客と従業員のエンゲージメントを強化します。

Oracle Content and Experienceを使用すると、内部および外部のデバイスと迅速にコラボレーションして、コンテンツを承認し、コンテキスト化されたエクスペリエンスを作成できます。 組込みのビジネスに特化したツールを使用して、魅力的なコンテンツの新しいwebエクスペリエンスを実現します。 すべてのステークホルダーとデジタルのエンゲージメントを向上させるには、同じコンテンツ・プラットフォームおよび同じプロセスを使用します。 技術的なボトルネックと組織のボトルネックがなくなるため、適切なエクスペリエンスを生み出すことができなくなりました。

Oracle Content and Experienceへのアクセス

Oracle Content and Experienceへのアクセス権が付与されると、インスタンスURLとユーザー名の詳細を含むようこそ電子メールを受信します。 この情報は、サービスにログインするために必要となるため、後で参照できるようにしておくことをお薦めします。

Oracle Content and Experienceと対話するには様々な方法があります:

  • 「インタフェース」では、お気に入りのwebブラウザから簡単にアクセスできます。 クラウド内のコンテンツの管理、ファイルおよびフォルダの他のユーザーとの共有、会話の開始と参加、webサイトの作成(許可されている場合)などが可能です。
  • 「デスクトップ・アプリケーション」では、クラウドとコンピュータ間でファイルおよびフォルダの同期を保つことができます。 自分のファイルや共有しているファイルを同期し、最新バージョンへ常にアクセスできるようにします。
  • Microsoft Officeアドオンでは、Microsoft Word、Excel、PowerPointおよびOutlookからOracle Content and Experienceの機能に直接アクセスできます。
  • AndroidおよびiOS用のモバイル・アプリは、電話やその他のモバイル・デバイスでの簡単なアクセスを提供します。 モバイル・アプリケーションは、webブラウザのサービスと同じように見えるので、すぐに使い慣れています。 クラウド・コンテンツへのアクセス、ファイルとフォルダの検索およびソート、コンテンツの共有、および会話による作業を行うことができます。
  • REST APIおよびSDKは、開発者に強力なツールを提供して、Oracle Content and Experienceの機能をwebアプリケーションおよびモバイル・アプリケーションにプログラム的に組み込むことができます。

ロールの理解

アクセスできるOracle Content and Experienceの機能は、割り当てられているロールによって異なります。 表示されるオプションは、ユーザー・ロールによって異なります。 Standardユーザーは、ドキュメント、会話およびサイトを操作できます。 エンタープライズ・ユーザーは、アセットにもアクセスできます。 開発者には、テンプレート、テーマ、コンポーネント、レイアウトなどのwebサイト・ピースをビルドしてカスタマイズするオプションが表示されます。 管理者には、サービスの構成、他のビジネス・アプリケーションとのサービスの統合およびアセット・リポジトリの設定を行うためのオプションが表示されます。

Oracle Content and Experienceには、次に示す様々なタイプのロールがあります:

  • 「組織ロール」 - 組織内でのロールによって、実行する必要があるタスクおよび機能の使用方法が決まります。
  • 「ユーザー・ロール」 - ユーザー・ロールは、Oracle Content and Experienceに表示される機能を制御します。
  • 「リソース・ロール」 (permissions) - ドキュメント、コンテンツ・アイテム、サイト、テンプレートなどのリソースで表示および実行できる内容は、そのリソースの共有時に割り当てられるロールによって異なります。

詳細...

アセットの管理

Oracle Content and Experienceは、webサイト、マーケティング資料、電子メール・キャンペーン、オンライン・ストア、ブログなど、様々な「チャネル」で使用するすべてのアセットを管理するための強力な機能を提供します。 これにより、すべてのアセットに中央のコンテンツ・ハブが提供され、そこでアセットを「リポジトリ」collectionsに編成し、それらの使用方法と場所を定義するルールを作成できます。

また、アセットの作成と承認プロセスを段階的に説明したり、承認されたバージョンのみを使用可能にするための、広範囲にわたる管理およびワークフロー機能も用意されています。

tagおよびfilterのアセットは簡単であるため、必要なアセットをすばやく検索し、許可されている場所に使用できます。 また、「スマート・コンテンツ」の機能を使用すると、アセットにタグ付けが行われ、アセットが自動的に提案されます。

「アセット・タイプ」を作成して、ユーザーがアセットを作成するときに収集する必要がある情報を定義します。 デジタル・アセット・タイプでは、デジタル・アセット(ファイル、イメージおよびビデオ)に必要なカスタム属性を定義します。 コンテンツ・タイプでは、コンテンツの様々な部分を再利用可能な単位にグループ化します。 ユーザーは、それらのアセット・タイプに基づいてデジタル・アセットとコンテンツ・アイテムを作成して、チャネル間での一貫した使用および表示を確保できます。

詳細...

コンテンツの管理

Oracle Content and Experienceを使用すると、クラウドで「コンテンツの管理」を実行でき、すべて1箇所からアクセスできます。

ファイルをフォルダにグループ化し、ローカル・コンピュータの場合とほとんど同じ方法で共通のファイル管理操作(コピー、移動、削除など)を実行できます。 また、すべてのファイルがクラウドに存在するため、どこにいてもモバイル・デバイス上でファイルにアクセスできます。 デスクトップ・アプリケーションをインストールすると、すべてのコンテンツが自動的にローカル・コンピュータに同期されるため、簡単に最新バージョンを取得できます。

詳細...

コンテンツでのコラボレーション

クラウド内のすべてのコンテンツを使用すると、shareのファイルまたはフォルダを使用して、組織内外の他のユーザーと共同作業することが簡単になります。 コンテンツを共有しているユーザーは、必要ならばいつでもどこでも最新の情報にアクセスできます。 フォルダ全体にアクセス権を付与することも、特定のアイテムへのリンクを提供することもできます。 共有アイテムへのすべてのアクセスが記録されるので、各共有アイテムがアクセスされた方法と時期をモニターできます。

Oracle Content and Experience「会話」では、トピックのディスカッションおよびリアルタイムでのコメントの投稿によって他のユーザーとコラボレートできます。 スタンドアロンの会話は任意のトピックで開始でき、必要に応じてファイルを追加できます。 または、迅速かつ簡単にフィードバックするために、特定のファイル、フォルダ、アセットまたはサイトに関する会話を開始できます。

会話に関連付けられたすべてのメッセージ、ファイルおよび注釈が保持されるため、ディスカッションの追跡と確認が簡単です。 また、会話はクラウド内に存続するため、それらを表示してモバイル・デバイスから移動することもできます。

詳細...

サイトの構築

Oracle Content and Experienceを使用すると、迅速にbuildを行い、マーケティングやコミュニティのwebサイトをコンセプトから開始に公開し、オンラインでの体験を提供できます。 プロセスが完全に統合されている場合: コンテンツ、コラボレーションおよび創造性が、単一のオーサリングおよび公開環境に結合されています。

迅速に開始するには、すぐに使用できるtemplateを使用し、components、サンプル・ページ、「レイアウト」、サイト「テーマ」を使用して、事前定義済のビルディング・ブロックからサイトをアセンブルします。 または、開発者が「カスタム・テンプレート」「カスタム・テーマ」または「カスタム・コンポーネント」を作成して、独自のオンライン・エクスペリエンスを作成できます。

コンポーネントをページ上の指定されたスロットにドラッグ・アンド・ドロップするだけで、「YouTubeビデオ」「ストリーミング・ビデオ」、イメージ、ヘッドライン、段落、ソーシャル・メディア・リンクおよびその他のサイト・オブジェクトを追加します。 ボタンにタッチして、テーマを切り替えて、組織全体で最適化された一貫したルック・アンド・フィールを提供します。

更新を行い、サイトの更新をプレビューし、準備ができたら「公開」で1回クリックするだけで更新をプレビューできます。

サイト・ビルダーでのサイトのビルドおよび公開に加えて、Oracle Content and Experienceは、REST API、React JS、Node JSおよびその他のwebテクノロジを使用する「'headless'サイト開発」もサポートしています。

詳細...

Oracle Content and Experienceの統合および拡張

Oracle Platform-as-a-Service (PaaS)のオファリングとして、Oracle Content and Experienceは、他のOracle Cloudサービスとシームレスに動作します。

ユーザーがコンテンツを直接操作できるように、webアプリケーションで「web UIの埋込み」を使用できます。 アプリケーション統合フレームワーク(AIF)を使用して、サード・パーティのサービスおよびアプリケーションを「カスタム・アクション」を介してOracle Content and Experienceインタフェースに統合します。 または、「コンテンツ・コネクタ」を開発して、すでに他の場所で作成したコンテンツをOracle Content and Experienceに取り込んで集中管理し、複数のチャネルにわたって新しいエクスペリエンスで使用できるようにします。

コンテンツおよびサイト管理、配信、コラボレーションのための豊富な「REST APIとSDK」セットを使用して、Oracle Content and Experience機能をwebアプリケーションに組み込むことができます。

クラウド内のコンテンツSDKおよびアセットと相互作用するクライアント・アプリケーションを作成します。 コラボレーション・オブジェクトを使用したカスタム統合を開発するか、アセットを取得して必要な場所で使用します。 webサイト、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)、モバイル・アプリケーションのいずれを使用している場合でも、各チャネル用に最適化されたすべてのコンテンツおよびアセットにアクセスし、配信できます。

詳細...

スタート・ガイド

Oracle Content and Experienceの開始に役立つように、「ドキュメント」「ビデオ」「ガイド・ツアー」「開発者情報」など、多くのリソースを持つOracle Help Centerにアクセスしてください。

また、必要な場合は、「サポート」および「コミュニティ」が用意されています。