機械翻訳について

サイン・アップおよびサイン・イン

組織がOracle Content and Experienceをサブスクライブし、組織のサービス管理者がユーザーを追加してアクセスできるようにします。 ユーザーは、開始に必要な情報を含むようこそ電子メールを受信します。 これには、資格証明(ユーザー名、パスワードおよびアイデンティティ・ドメイン)とサービスへのアクセス権が含まれます。 サービスのWebアドレス(URL)も含まれます。 電子メールを受信していない場合は、サービス管理者(サービスを管理する担当者)に問い合せてください。

開始するには、指定したサービスURLに移動し、ようこそ電子メールで送信されたアカウント情報を入力します。 コーポレート資格証明を使用してサインインするようにシステムが設定されていることも、サービス用の個別のアカウントが用意されていることもあります。 これらはすべて受信した電子メールに記載されています。

URLやアカウント情報がわからなかったり、サインインできない場合は、アカウントまたはパスワードに関する詳細をサービス管理者に問い合せてください。 サービス管理者とは、組織のサービスを管理する人のことです。