機械翻訳について

Enterprise Manager Database Express 12cへのアクセス

Oracle Database 12cを管理するためのWebベースのツールであるEnterprise Manager Database Express 12c (EM Express)は、Oracle Database 12cリリース1 (12.1)またはOracle Database 12cリリース2 (12.2).を使用して作成されたOracle Database Cloud Serviceデータベース・デプロイメントで利用できます

EM Expressにアクセスしてデータベースを管理する前に、EM Expressにアクセスするために使用されるネットワーク・ポートを次のように決定する必要があります:

  • CDBを管理するため。 データベース・デプロイメントの作成時に、Database Cloud ServiceではEM ExpressによるCDBへのアクセスのために、デプロイメントのコンピュート・ノードに自動的にポート5500を設定します。 手動の構成ステップを実行する必要はありません。

  • Oracle Database 12c Release 1(バージョン12.1)を使用してPDBを管理します。 バージョン12.1のデータベース・デプロイメントでは、EM Expressを使用して管理する各PDBのポートを手動で設定する必要があります。 「EM ExpressのポートをPDBを管理するように設定」を参照してください。

  • Oracle Database 12c Release 2(バージョン12.2)でPDBを管理します。 Oracle Database 12c Release 2では、グローバル・ポートと呼ばれる単一ポート上のCDBおよびすべてのPDBにアクセスするようにEM Expressを構成できます。 2016年12月初め以降に作成されたバージョン12.2のデータベース・デプロイメントの場合、グローバル・ポートはデフォルトで設定されます。 2016年12月以前に作成されたデプロイメントについては、「EM Expressのグローバル・ポートを設定してCDBとPDBを管理する(Oracle Database 12.2のみ)」を参照してください。

注意:

特定のデータベースに対して使用されているポートを確認するには、データベース管理者としてデータベースに接続し、次の例に示す問合せを実行します。
SQL> select dbms_xdb_config.getHttpsPort() from dual;

DBMS_XDB_CONFIG.GETHTTPSPORT()
------------------------------
                          5502

管理したいCDBまたはPDBのEM Expressポートを特定したら、次のいずれかのオプションを選択してEM Expressにアクセスする必要があります:

EM Expressに対するPDBを管理するためのポートの設定

Oracle Database 12cリリース1では、ルート・コンテナ(CDB)およびEM Expressを使用して管理する各PDBに対して一意のHTTPSポートを構成する必要があります。

EM ExpressでPDBを管理できるようにHTTPSポートを構成する手順:

  1. SQL*Plusを起動し、SYSDBA権限を持つSYSユーザーとしてPDBにログインします。

  2. DBMS_XDB_CONFIG.SETHTTPSPORTプロシージャを実行します。

    SQL> exec dbms_xdb_config.sethttpsport(port-number)

EM Expressに対するグローバル・ポートの設定によるCDBおよびPDBの管理(Oracle Database 12.2のみ)

Oracle Database 12cリリース2では(グローバル・ポートと呼ばれる)1つのポートを構成でき、これにより、EM Expressを使用してそのCDBのHTTPSポート経由でCDBのすべてのPDBに接続できるようになります。

2016年12月初旬より後に作成されたデータベース・デプロイメントでは、グローバル・ポートがデフォルトで設定されています。

2016年12月より前に作成されたデプロイメントでグローバル・ポートを構成する手順:

  1. SQL*Plusを起動し、SYSDBA権限を持つSYSユーザーとしてルート・コンテナ(CDB)にログインします。

  2. DBMS_XDB_CONFIG.SETGLOBALPORTENABLEDプロシージャを実行します。

    SQL> exec dbms_xdb_config.SetGlobalPortEnabled(TRUE)

EM Expressポートを使用したEM Expressへのアクセス

EM Expressポートがブロックされていない場合、ブラウザをURL https://node-ip-address:EM-Express-port/emに移動してEM Expressにアクセスできます。node-ip-addressはEM Expressをホストするコンピュート・ノードのパブリックIPアドレス、EM-Express-portはデータベースが使用するEM Expressポートです。

Oracle Database Cloud Serviceコンソールを介してEM Expressにアクセスし、12.1でCDBを管理したり、12.2でグローバル・ポートによりルート・コンテナおよびPDBを管理することもできます。

  1. Oracle Database Cloud Serviceコンソールのインスタンス・ページを開きます。

    詳細は、「Oracle Database Cloud Serviceコンソールへのアクセス」を参照してください。

  2. デプロイメントのアクション・メニュー(メニュー・アイコン)から、「EMコンソールを開く」を選択します。

    EM Expressのログイン・ページが表示されます。

  3. DBA特権を持つユーザーの名前(SYSまたはSYSTEMなど)とパスワードを入力します。 SYSDBA権限で接続するには、as sysdbaを選択します。 「ログイン」をクリックします。

このオプションは、Oracle Database Cloud Service「インスタンスの概要」ページのアクション・メニュー(メニュー・アイコン)からも利用できます。

注意:

Oracle RACデータベースをホスティングしているデータベース・デプロイメント上では、リンク「Open EM Console」によってノード1でEM Expressが開かれます。 EM Expressをノード2で開くには、ブラウザでURL https://node2-ip-address:EM-Express-port/emに移動します。node2-ip-addressは、ノード2の公開IPアドレス、EM-Express-portはデータベースにより使用されるEM Expressポートです。

SSHトンネルを使用したEM Expressへのアクセス

ポートがブロックされているときにEM Expressにアクセスするには、EM Expressをホスティングしているコンピュート・ノード上のEM ExpressポートにSSHトンネルを作成する必要があります。 「コンピュート・ノード・ポートへのSSHトンネルの作成」を参照してください。

SSHトンネルを作成した後でURL https://localhost:EM-Express-port/emに移動すると、EM Expressにアクセスできます。

EM Expressログイン・ページが表示されたら、DBA特権を持つユーザーの名前(SYSまたはSYSTEMなど)とパスワードを入力します。 SYSDBA権限で接続するには、as sysdbaを選択します。 「ログイン」をクリックします。