機械翻訳について

Database Classic Cloud Service REST APIの使用

Oracle Database Classic Cloud Service 「インスタンスと関連」データベース・デプロイメントは、REST (REpresentational State Transfer)アプリケーション・プログラミング・インタフェース(APIs)を使用してプログラムでプロビジョニングおよび管理できます。

各REST APIコールはHTTPリクエストにマップされます: オブジェクトの取得(GET)、オブジェクトの追加(POST)、オブジェクトの更新(PUT)、およびオブジェクトの削除(DELETE)を実行します。 HTTPレスポンス・コードには、リクエストが成功したかどうかが示されます。 GETPOSTPUTおよびDELETEリクエストの実行が可能なオブジェクトは、それぞれ独自のURIによって一意に識別されます。

REST APIを使用してDatabase Classic Cloud Serviceにアクセスするには、サービス・インスタンスに関連付けられているRESTエンドポイントURLを使用する必要があります。 詳細は、Oracle Database Cloud ServiceのREST APIを参照してください。