機械翻訳について

Database Classic Cloud Serviceのロールとユーザーについて

「Oracle Cloudスタート・ガイド」「Oracle Cloudユーザーのロールと特権」で説明されている役割と権限に加えて、「DBaaSデータベース管理者」ロールがOracle Database Classic Cloud Serviceに対して作成されます。

Database Classic Cloud Serviceアカウントが最初に設定されると、サービス管理者にこのロールが与えられます。 このロールを持つユーザー・アカウントは、他のユーザーがDatabase Classic Cloud Serviceにアクセスして使用できるようになる前に追加する必要があります。

アイデンティティ・ドメイン管理者は、ユーザー・アカウントを作成し、DBaaSデータベース管理者ロールを割り当てることにより、より多くのDatabase Classic Cloud Service管理者を作成できます。 「Oracle Cloudの管理とモニタリング」「ユーザー・アカウントの管理」を参照してください。

次の表では、DBaaSデータベース管理者ロールに付与される権限の概要をまとめています。

権限の説明 詳細情報

データベース・デプロイメントを作成および削除可能

カスタマイズされたデータベースの作成

データベース・デプロイメントの削除

データベース・デプロイメントのスケーリング、パッチ適用、およびバックアップ/リストアを実行可能

データベース・デプロイメントのスケーリング

Database Classic Cloud Serviceのパッチ適用

Database Classic Cloud Serviceのデータベースのバックアップとリストア

Oracle Cloudのサービス使用状況をモニターおよび管理可能

Oracle Cloudの管理およびモニタリングOracle Cloud Servicesの管理とモニタリング