機械翻訳について

psm stack delete

このコマンドは、既存のインスタンスを削除するために使用します。

構文

psm stack delete -n|--name stackName 
    [-f|--force true|false]
    [-r|--retain-resources tags]
    [-c|--config-payload path-to-payload]
    [-of|--output-format json|html|short]
    [-wc|--wait-until-complete true|false]

パラメータ

特に示されていないかぎり、すべてのパラメータは必須です。

パラメータ 説明
-n|--name stackName 削除するスタックの名前。
-f|--force true|false (オプション)プロセスが実行中であってもすべてのリソース・インスタンスを強制的に削除するかどうかを指定するブール・フラグ。

許容値: true, false

デフォルト: true

-r|--retain-resources tags (オプション)タグのカンマ区切りリスト。 これらのタグの少なくとも1つが割り当てられているスタック内のリソースは削除されません。

リソースを削除せずにスタックを削除するには、このパラメータを値_allに設定します。

-c|--config-payload path-to-payload (オプション)スタック削除構成パラメータを含むJSONファイルへのパス。 「ペイロードの例」に示すように、このファイルの形式は、REST APIを使用してStackインスタンスを削除するときに指定したリクエスト本文と同じです。 この形式については、「Oracle Cloud Stack ManagerのREST API」「スタックの削除」のBody ParameterセクションのComponentsセクションを開きます。
-of|--output-format json|html|short (オプション)出力形式。

許容値: json, html, short

デフォルトの出力形式は、psm setupコマンドを使用して「psm CLIを構成」を使用したときに指定したものです。

-wc|--wait-until-complete true|false

(オプション)ブール値をtrueに設定すると、コマンドが同期して動作します。つまり、送信されたジョブが完了するまで戻りません。 ジョブが完了するまで、次のメッセージが表示されます:
Waiting for the job to complete... (it cannot be cancelled)
デフォルト: false

ペイロードの例

以下は、Oracle Java Cloud Serviceインスタンスを含むスタックを削除するためのサンプル・ペイロード構成ファイルです。

{ 	
  "operationType": "DELETE",
  "jcs": {
    "parameters": {
      "serviceParameters": {
        "dbaName": "yourDBUsername",
        "dbaPaasword": "yourDBPassword"
      },
    }
  }
}

コマンドの例

$ psm stack delete -n MyStack -f false -c c://myDisk/payloads/deleteConfigs.json

出力にはジョブID番号が含まれています。 次のようにstack operation-statusコマンドを実行して、削除操作の状態を随時チェックできます。

$ psm stack operation-status -j jobID

コマンドの例: リソースを保持

-rパラメータを使用して、スタック内の削除すべきではないリソースを識別します。 次の例では、スタックを削除しますが、prodというタグまたはsharedという名前のタグが割り当てられているリソースはすべて保持されます。

$ psm stack delete -n MyStack -r prod,shared