管理コンソール・オンライン・ヘルプ

前 次 新規ウィンドウで目次を開く
ここから内容の開始

動的クラスタの作成


動的クラスタは、アプリケーションのリソース・ニーズを満たすように動的にスケール・アップできるサーバー・インスタンスで構成されます。動的クラスタは、指定した数の生成された(動的)サーバー・インスタンスの構成を定義する単一のサーバー・テンプレートを使用します。サーバー・テンプレートの詳細は、サーバー・テンプレートの作成を参照してください。

動的クラスタを作成すると、動的サーバーが事前構成され、自動的に生成されます。これにより、追加のサーバー容量が必要な場合に動的クラスタ内のサーバー・インスタンスの数を簡単にスケール・アップできます。詳細は、動的クラスタを参照してください。

動的クラスタを作成するには、次の手順に従います。

  1. まだ行っていない場合、管理コンソールのチェンジ・センターで「ロックして編集」をクリックします(チェンジ・センターの使用を参照)。
  2. 管理コンソールの左ペインで、「環境」→「クラスタ」を選択します。
  3. 「クラスタ」表で、「新規」をクリックし、「動的クラスタ」を選択します。
  4. クラスタ・アイデンティティおよびプロパティの指定ページで、次の手順に従います。
    1. 「名前」に、新しい動的クラスタの一意の名前を入力します。
    2. 「メッセージング・モード」で、このクラスタで使用するメッセージング・モードを選択します。
    3. ユニキャスト・メッセージング・モードを使用している場合は、「ユニキャスト・ブロードキャスト・チャネル」にユニキャスト・ブロードキャスト・チャネルを入力します。このチャネルは、クラスタ内のメッセージを送信するために使用されます。チャネルを指定しなかった場合は、デフォルトのチャネルが使用されます。
    4. マルチキャスト・メッセージング・モードを使用している場合は、次の手順に従います。

      「マルチキャスト・アドレス」に、新しい動的クラスタのマルチキャスト・アドレスを入力します。マルチキャスト・アドレスは、224.0.0.0から239.255.255.255の範囲のIPアドレスです。WebLogic Serverで使用されるデフォルト値は239.192.0.0です。このアドレスは、このクラスタに対して一意である必要があり、他のアプリケーションとは共有できません。

      「マルチキャスト・ポート」に、新しい動的クラスタのマルチキャスト・ポートを入力します。マルチキャスト・ポートは、クラスタ・メンバーが相互に通信するために使用されます。有効な値は1から65535までです。

  5. 「次」をクリックします。
  6. 動的サーバーのプロパティの指定ページで、次の手順に従います。
    1. 「動的クラスタ・サイズ」に、この動的クラスタにプロビジョニングされる動的サーバー・インスタンスの初期数を入力します。
    2. 「動的クラスタ最大サイズ」に、動的クラスタ内でスケール・アップ操作が可能な実行中の動的サーバー・インスタンスの最大数を入力します。この数は、「動的クラスタ・サイズ」と、スケール・アップ操作が可能な動的サーバー・インスタンスの追加数の合計です。
    3. 「サーバー名の接頭辞」で、クラスタ内の動的サーバーに使用する命名規則を指定します。
    4. 「ドメインのデフォルトに基づいて新しいサーバー・テンプレートを作成する」または「このクラスタ用に既存のサーバー・テンプレートのクローンを作成する」を選択します。既存のテンプレートをクローンすることを選択した場合は、「クローンを作成するサーバー・テンプレート」でテンプレートを選択します。

      サーバー・テンプレートは、動的クラスタ内のすべてのサーバー・インスタンスに共通する特性を構成するときに使用します。サーバー・テンプレートが構成されていない場合は、自動的にテンプレートが作成されます。

  7. 「次」をクリックします。
  8. マシン・バインディングの指定ページで、クラスタ内の動的サーバーを複数のマシンに分散する方法を選択します。
  9. 「次」をクリックします。
  10. リスニング・ポート・バインディングの指定ページで、動的サーバーをリスニング・ポートにバインドする方法を選択します。
  11. 「次」をクリックします。
  12. クラスタ構成を確認ページで、新しい動的クラスタの構成詳細が正しいことを確認します。
  13. 「終了」をクリックします。
  14. これらの変更をアクティブにするには、管理コンソールのチェンジ・センターで「変更のアクティブ化」をクリックします。
    すべての変更が即座に有効になるわけではありません。再起動が必要なものもあります(チェンジ・センターの使用を参照)。

結果

新しい動的クラスタが「クラスタ」表に表示されます。以前のサーバー・テンプレートを適用しなかった場合は、新しいサーバー・テンプレートが作成され、指定の命名規則が使用されます。クラスタが正常に作成されたことを示すメッセージが表示されます。


先頭に戻る