プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseインストレーション・ガイド
18c for Microsoft Windows
E99713-01
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

Oracle Databaseのソフトウェア要件

次の表に、Windows x64上のOracle Databaseのソフトウェア要件を示します。

表2-3 Windows x64のソフトウェア要件

要件

オペレーティング・システム

Oracle Database for Windows x64は、次のオペレーティング・システムでサポートされています。

  • Windows 7 x64 - Professional、EnterpriseおよびUltimateエディション

  • Windows 8.1 x64 - ProおよびEnterpriseエディション

  • Windows 10 x64 - Pro、EnterpriseおよびEducationエディション

  • Windows Server 2012 x64 - Standard、Datacenter、EssentialsおよびFoundationエディション

  • Windows Server 2012 R2 x64 - Standard、Datacenter、EssentialsおよびFoundationエディション

  • Windows Server 2016 x64 - Standard、DatacenterおよびEssentialsエディション

注意:

  • Windows Multilingual User Interface Packがサポートされています。

  • サーバー・コア・オプションはサポートされていません。

仮想化

Windows上のOracle Databaseでは、次の仮想化テクノロジが動作保証されています。

  • Oracle VM Server

  • Microsoft Hyper-V

動作保証されるOracle VM Serverの組合せの詳細は、My Oracle Supportのノート464754.1を参照してください。動作保証されるHyper-Vの組合せの詳細は、次を参照してください。

http://www.oracle.com/technetwork/database/virtualizationmatrix-172995.html

コンパイラ

次のコンポーネントは、Microsoft Visual C++ 2013 Update 5、Microsoft Visual C++ 2015 Update 3、Microsoft Visual C++ 2017およびIntel 14.0 Cの各コンパイラでサポートされています。
  • Oracle Call Interface

  • 外部コールアウト

  • Pro*C/C++

  • Oracle XML Developer's Kit(XDK)

Oracle C++ Call Interfaceでは、次をサポートしています。
  • Microsoft Visual C++ 2013 Update 5

  • Microsoft Visual C++ 2015 Update 3 - OCCIライブラリはORACLE_HOME\oci\lib\msvc\vc14にインストールされています。 MSVC++ 2015でOCCIアプリケーションを開発する場合は、リンクおよび実行のために、OCCIライブラリがこのディレクトリから適切に選択されていることを確認します。

  • Microsoft Visual C++ 2017 - MSVC++ 2017を使用してOCCIアプリケーションを開発する際は、MSVC++ 2015, Update 3でビルドされたOCCIライブラリを使用します。リンクおよび実行のために、OCCIライブラリがORACLE_HOME\oci\lib\msvc\vc14ディレクトリから選択されていることを確認します。

  • Microsoft Visual Studio 2013 STLでのIntel 14.0 Cコンパイラ

Pro*COBOLのサポート:
  • Micro Focus Visual COBOL 2.2 - Update 2

ネットワーク・プロトコル

Oracle Net Foundationレイヤーでは、次の業界標準のネットワーク・プロトコルで通信するために、Oracle protocol supportが使用されます。

  • TCP/IP

  • SSL付きTCP/IP

  • 名前付きパイプ

Oracle Database Client

Oracle Database 18cに接続するには、次が必要です。

  • Oracle Database Clientはバージョン11.2.0.4以降。

  • 以前のOracle Database ClientがOracle Database 18cと同じコンピュータ上で実行されている場合、継承接続は使用できません。

Oracle Database Clientを最新のパッチセット(11.2.0.4、またはそれ以上)にアップグレードすることをお薦めします。次からアクセスできるMy Oracle Supportの「パッチと更新版」セクションから、パッチセットをダウンロードできます。

https://support.oracle.com