ヘッダーをスキップ
Oracle® Fusion Middleware Business Intelligenceリリース・ノート
リリース12.2.1.4.0
E96111-04
 

 

Oracle® Fusion Middleware

Business Intelligenceリリース・ノート

リリース12.2.1.4.0

E96111-04(原本部品番号:E91530-04)

2019年9月

ドキュメントのアクセシビリティについて

Oracleのアクセシビリティについての詳細情報は、Oracle Accessibility ProgramのWebサイト(http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docacc)を参照してください。

Oracleサポートへのアクセス

サポートを購入したオラクル社のお客様は、My Oracle Supportを介して電子的なサポートにアクセスできます。詳細情報はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=infoか、聴覚に障害のあるお客様はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trsを参照してください。

Oracle Business Intelligenceリリース・ノート

Oracle BI Enterprise EditionおよびOracle BI Publisherの使用時に発生する可能性のある問題とその回避方法について説明します。

Oracle Business IntelligenceOracle Fusion Middlewareの互換性

Oracle Business IntelligenceOracle Fusion Middlewareの互換性について理解します。

Oracle Business Intelligence 12c (12.2.1.4.0)をOracle Fusion Middleware 12.2.1.3.0.とともにインストールする必要があります。Oracle Business Intelligence 12.2.1.4.0をOracle Fusion Middleware 12.2.1.4.0と同じOracleホーム・ディレクトリにインストールすることはできません。

My Oracle Supportからのパッチの取得

Oracle Business Intelligenceのパッチは定期的に公開されます。

パッチの詳細と環境に適したパッチを入手する方法は、『OPatchによるパッチ適用』インストールに必要なパッチの取得に関する項を参照してください。

パッチ番号27823500、27401639および27479453のパッチをWebLogic Serverに適用します。これらのパッチを適用しないと、ノード・マネージャはOracle以外のデータベースで機能しません。

高可用性環境でのレポートへのアクセスでのエラー

高可用性環境で、Oracle BI EEの検索結果からレポートにアクセスするユーザーにページが見つからないというエラーが表示されることがあります。

この問題を回避するには、レポートのURLに移動し、別名のホスト名(bihost1など)を物理ホスト名に置き換えます。

E-Business Suiteの初期化ブロックでNQSエラー・メッセージが表示される

Oracle BI管理ツール「セッション変数初期化ブロック」ダイアログで「データ・ソース・タイプ」に「データベース」を選択し、初期化文字列に「Default」を選択して、Oracle E-Business Suiteデータベースのデータベース・オブジェクトと接続プールを作成している場合は、「テスト」をクリックすると、予想どおりのエラーが表示されます。エラー・メッセージは「[nQSError: 23006]セッション変数NQ_SESSION.ICX_SESSION_COOKIEに値が定義されていません。」です。

これは予期されたエラーです。「テスト」ボタン・コマンドは、ユーザーがE-Business Suiteから接続している場合にのみ機能し、ブラウザはICX cookieを提供します。

Oracle BI Discovererとの統合およびOracle BI Discovererからの移行はサポートされない

Oracle Business Intelligence 12cでは、Oracle BI Discovererとの統合およびOracle BI Discovererからの移行をサポートしません。

ドキュメント・セットにあるこうした統合や移行に関する記載は無視してください。たとえば、Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイドの第8章「アプリケーションでのDiscovererデータの使用」はOracle Business Intelligence 12cには適用されません。

アップグレード後のBIサンプル・アプリケーションのカスタムメッセージの再構成

Oracle BI Enterprise Editionの新しいバージョンにアップグレードすると、サンプル・アプリケーションのカスタム・メッセージが上書きされます。

BIサンプル・アプリケーションをアップグレードすると、参照ファイルsignin.htmlおよびメッセージ・ファイルlogonmessages.xmlに保存されたカスタマイズ済のメッセージがシステムのデフォルト・メッセージで上書きされます。

注意:

移行の場合は、この2つのファイルがOracle BI Enterprise Edition 11gから12.2.1.xに置き換えられる必要があります。

カスタマイズ済のメッセージをバックアップして、アップグレード後に新しいカスタマイズ・ファイルに追加することができます。

  1. Oracle BI Enterprise Edition 12.2.1.xの次のカスタマイズ済ファイルをバックアップします。
    • UNIXの場合: $ORACLE_HOME/bi/bifoundation/web/msgdb/l_en/messages/logonmessages.xmlおよび$ORACLE_HOME/bi/bifoundation/web/msgdb/pages/common/signin.html
    • Windowsの場合: %ORACLE_HOME%\bi\bifoundation\web\msgdb\l_en\messages\logonmessages.xmlおよび%ORACLE_HOME%\bi\bifoundation\web\msgdb\pages\common\signin.html
  2. 最新バージョンへのアップグレード後、カスタム・メッセージをlogonmessages.xmlおよびsignin.htmlファイルに再適用します。
    • UNIXの場合: $NEWORACLE_HOME/bi/bifoundation/web/msgdb/l_en/messages/logonmessages.xmlおよび$NEWORACLE_HOME/bi/bifoundation/web/msgdb/pages/common/signin.html
    • Windowsの場合: %NEWORACLE_HOME%\bi\bifoundation\web\msgdb\l_en\messages\logonmessages.xmlおよび%NEWORACLE_HOME%\bi\bifoundation\web\msgdb\pages\common\signin.html
  3. サービスを停止して起動します。

エクスポートしたBARファイルにはデータ・ファイルが含まれない

インスタンスをBAR (Oracle Business Intelligenceアプリケーション・アーカイブ)ファイルにバックアップすると、アップロードしたデータ・ファイルはBARファイルに含まれません。

BARファイルをターゲット・システムにインポートすると、データ・ファイル自体ではなく、データ・ファイルのメタデータのみがインポートされます。この問題を回避するには、BARファイルをインポートしてから、データ・ファイルをターゲット・システムにアップロードします。

IBM AIX上のOracle Business Intelligence 12.2.1.4.0でOracle BI Serverを起動すると失敗する場合がある

IBM AIX上にOracle Business Intelligenceリリース12.2.1.4.0をインストールした後、Oracle BI Serverの起動時に障害が発生する場合があります。

obis1インスタンスのログ・ファイルに次のようなエラー・テキストが表示される場合があります。

[nQSError: 46136] Could not load CSF library
libnqcsfwrapper64.so. [[
file: server/Utility/Generic/Src/SUGCSF.cpp; line: 291

Oracle Business Intelligenceリリース12.2.1.4.0は、IBM AIX Database Clientリリース12.1.0.2.0に同梱されています。Oracle BI Serverが起動しないこの問題は、IBM AIXクライアント・ライブラリでの、I/O完了ポート(IOCP) APIシンボルの依存性に関連しています。

POWER Systems (64ビット)上のIBM AIXのこの問題を回避するには、Oracle Business Intelligenceをインストールする前に、IOCPモジュールを有効にします。IOCPモジュールを有効にするには、IBM AIXシステムのマニュアルで説明されているとおりにIOCPモジュールをAvailableに設定します。この設定の後でシステムを再起動してください。

IOCPモジュールが有効化されているかどうかを確認するには、次の例のようにlsdevコマンドを実行します。$ lsdev | grep iocp

次のサンプル出力は、IOCPモジュールのステータスが「Defined」(デフォルト)、つまり無効であることを意味しています。

iocp0      Defined       I/O Completion Ports

SSL構成でBIコンポーザを使用できない

Oracle BI EEシステムがSSL構成で動作している場合、BIコンポーザ機能を使用できません。

この問題の回避策はありません。

Solaris x86-64上のOracle BIのデータ・ソースとしてIBM Informix Dynamic Serverはサポートされない

IBM Informix Dynamic Server (DS)データベースに接続するためのDataDirect Connect for ODBCドライバおよびドライバ・マネージャはSolaris X86-64オペレーティング・システム用には提供されていません。Oracle BIインスタンスがSolaris x86-64オペレーティング・システムで動作している場合、データ・ソースとしてIBM Informix Dynamic Serverは使用できません。

DataDirectドライバの詳細は、『Oracle Business Intelligence Enterprise Editionメタデータ・リポジトリ作成者ガイド』のInformixデータベース用のDataDirect Connect for ODBCドライバの構成に関する項を参照してください。

Oracle Essbaseデータベース接続およびデータ・ソースに関する既知の問題

Oracle Essbaseデータベースの接続タイプおよびOracle Essbaseデータ・ソースには、多数の既知の問題があります。

  • Oracle Essbaseデータ・ソース内の特定の列を検索すると、「一致が見つかりませんでした」というメッセージが表示されます。

  • BI質問の検索結果からOracle Essbaseデータ・ソース列をクリックすると、「データのロード中にエラーが発生しました」というメッセージが表示されます。

  • Advanced Analyticsの機能がOracle Essbaseデータ・ソースに対して動作しません。

  • Oracle Essbase接続を作成して無効なログイン情報を指定すると、次のようなエラー・メッセージが誤って表示されます。「接続の保存に失敗しました。JDS - 無効な構文です。」本来は「無効なユーザー名およびパスワードのため接続に失敗しました。」というエラー・メッセージが表示される必要があります。

  • Oracle Essbase接続の作成時には、「ユーザーは自分のユーザー名とパスワードの入力が必要」認証オプションを選択できますが、Oracle Data Visualization Desktopではこの動作が有効化されず、指定したユーザー名およびパスワードですべてのユーザーが認証されます。

  • 時間ベースの列は正しくインポートされない場合があります。書式不一致のため、テキストで日付を表示している列を日付データ型の列に変換できません。

  • Oracle Essbaseデータ・ソースがデータ・フローで動作しません。

  • プロジェクトで作業するときに、列の照合を使用して、プロジェクトに含まれる別のデータ・ソースとOracle Essbaseデータ・ソースを結合できません。

  • Oracle Essbaseデータ・ソースをインポートするときに、データを準備できず、インポート後にデータを編集できません。たとえば、列のデータ型または集計を変更できません。

XLSXファイルのNull値が文字列に設定される

XLSXファイルをデータ・ソースとして追加する場合に、スプレッドシートのnull値がハイフンで表されていると、Data Visualizationでは、列の他の値に関係なく、null値が文字列として扱われます。

この問題を回避するには、列からハイフンを除去し、XLSXファイルを再度インポートします。

Microsoft Accessによって生成されたXLSXファイルをインポートするとエラーになる

Microsoft Accessによって生成されたXLSXファイルのインポートが失敗する場合があります。Data Visualizationでは、このようなXLSXファイルをヘッダーなしまたは空として解釈する場合があります。

次の手順を実行してこの問題を回避します。
  1. Accessにより出力されたXLSXファイルをMicrosoft Excelで開きます。
  2. セルを選択します。
  3. 変更を加え、その変更を元に戻します。たとえば、左上のセルを選択し、Xと入力してから、Xを削除します。
  4. ファイルを保存します。
これで、この変更済ファイルをData Visualizationに正常にインポートできます。

空白文字を含むMicrosoft Accessデータベースからのデータ・セットの作成エラー

Microsoft Accessデータベースからデータ・セットを作成するときに、データベースのスキーマ名、表名または列名にスペースが含まれている(たとえば、AssetCategoryではなくAsset Categoryになっている)場合は、エラーが発生してデータ・ソースの作成に失敗します。

次の手順を実行してこの問題を回避します。
  1. Microsoft Accessでデータベースを開きます
  2. 無効なスペースを削除します。
  3. データベースを保存します。
  4. データ・ソースを構築しなおします。

双方向の言語はサポート対象外

Oracle Data Visualization Desktopでは、双方向言語(アラビア語やヘブライ語など)はサポートされません。

この問題の回避策はありません。

プロジェクトをインポートしてOracle Databaseデータ・フローをオープンした後、接続が見つからないというエラー・メッセージが表示される

Oracle Databaseをソースとするプロジェクトをインポートしてデータ・フローをオープンしようとすると、接続が見つからないというエラー・メッセージが表示されることがあります。

この問題を回避するには、接続名をクリックして、それを再度選択し、データ・フローを保存してから再オープンします。

データ・フローの時系列予測ステップが履歴値の数が不十分なために失敗する

データ・フローの時系列予測ステップには、予測対象の各グループごとに最小限の数の履歴値が必要です。数が不足した場合、データ・フローをプレビューおよび実行したときにエラーが生成されます。

選択した「ターゲット」および「時間」列を除くすべての列がグループ化に使用されるため、その列が時系列予測ステップの前に選択されていない場合は、多数のグループが作成されることがあります。この問題を回避するには、ステップをプレビューまたは実行する前に、時系列予測ステップに該当する列を選択します。

Oracle Business Intelligenceの分析とダッシュボードの問題および回避策

この項では、Oracle Business Intelligenceの分析とダッシュボードに関する問題および回避策について説明します。

ツリーマップ・ビューがPDF、ExcelまたはPowerpoint形式でダウンロードされない

分析にツリーマップ・ビューが含まれる場合、Oracle BI EEを正しいバージョンのJava Development Kit (JDK)とともにインストールしていないと、Adobe Acrobat、Microsoft ExcelまたはMicrosoft Powerpointに結果を適切にエクスポートできません。

この問題を回避するには、Oracle BIサーバー・マシンにJDK 1.8.0.60をインストールします。JDKのバージョンは8u60ビルドb10以上である必要があります。Oracle BI EEをインストールする前に、JDKをインストールする必要があります。

ダッシュボードのアーカイブおよびアンアーカイブで分析へのリンクが失われる

ダッシュボードをアーカイブし、別のサーバーでアンアーカイブすると、そのダッシュボードで分析の下にあるリンクの一部または全部が失われる場合があります。

この問題を回避するには、宛先サーバーのカタログ・フォルダとオブジェクトが、必ず元のサーバー上の構造と一致するようにしてください。

プロンプト値が「すべての列値」にリセットされる

プロンプトを作成すると、各プロンプトが相互に依存することがあります。

このときプロンプトで値を選択すると、各プロンプトへの問合せが再作成されます。一部のプロンプトで以前に選択した値が「すべての列値」にリセットされ、問合せの結果が返ってこない場合があります。この問題を回避するには、すべてのプロンプトを相互に依存しないようにしてください。

Oracle BI Publisherの問題および回避策

この項では、Oracle BI Publisherに関する問題および回避策について説明します。

時間をX軸に表示する棒グラフで軸ラベルが正しく表示されない

BI Publisherテンプレート(.xpt)を使用したOracle BI Publisherレポートに棒グラフが含まれ、時間がx軸に表される場合、x軸のラベルが適切に表示されません。

1つ目のラベル・エントリがスキップされ、1つ目の棒データがy軸に接着して表示されます。この問題は、Oracle BI Publisherがチャートの生成に使用するデータ視覚化ライブラリの制限によるものです。
  1. レポートのデータ・モデルSQL問合せで、日付/時間フィールドにTO_CHARメソッドを使用してフィールドのデータ型をDateからStringに変更します。
  2. レイアウト・エディタでレポートを開きます。
  3. チャートを選択し、「プロパティ」ペインを展開します。
  4. 「時系列」設定を無効にし、日、月、年および時間の形式の設定をクリアします。
  5. レイアウトの変更を保存します。

ScheduleService Webサービスを使用して印刷するときBI PublisherにPDFファイル・エラー・メッセージが表示される

BI PublisherでScheduleService Webサービスを使用して、ドキュメントをPDFとして印刷すると、ドキュメントはPDFファイルではありません。などのエラー・メッセージが表示される場合があります。

この問題が発生するのは、ファイルをPostscriptプリンタに印刷するためにPDFtoPostScriptフィルタを構成している場合のみです。PDFファイルをPostscriptファイルに変換した後、BI PublisherではWebサービスでコンテンツのタイプがapplication-pdfからapplication/octet-streamに変更されません。

この問題を回避するには、WebサービスのDeliveryRequestパラメータでcontentTypeapplication/octet-streamに設定します。

Oracle BI PublisherおよびOracle BI Enterprise Editionの一部のドキュメントが更新されていない

この問題は、更新されていないOracle BI PublisherおよびOracle BI Enterprise Editionのドキュメントについて言及しています。

次のドキュメントはガイド内では更新されない予定です。これらのドキュメントに関する更新については、このリリース・ノートと今後のリリース・ノートを確認してください。

システム要件および仕様ガイド

次の事項は、『システム要件および仕様ガイド』に関する問題への対応を示しています。

IBM AIXオペレーティング・システムにおいて必要なパッケージに関してシステム要件と仕様のガイドに更新が必要

Oracle Fusion Middlewareのシステム要件と仕様のガイドには、IBM AIXオペレーティング・システムの要件に関する項があります。

この項の表にはバージョン7.1 (更新1)についての行があります。その行では、値は次のようになっています。

  • xlC.aix61.rte (バージョン12.1.0.1+)

  • xlC.rte (バージョン12.1.0.1+)

これを次のように置き換える必要があります。

  • xlC.aix61.rte (バージョン13.1.0.1+)

  • xlC.rte (バージョン13.1.0.1+)

Oracle BI管理ツールのドキュメント

Oracle BI管理ツールのドキュメントでは、次に示す問題に対処します。

Oracle BI管理ツールのオンライン・ヘルプは更新されない

Oracle BI管理ツールのオンライン・ヘルプは更新されていません。

Oracle BI管理ツールの現行の機能に関する最新情報についてはOracle Business Intelligence Enterprise Editionメタデータ・リポジトリ作成者ガイドのOracle BI管理ツールに関する項を参照し、ドキュメントの更新情報についてはリリース・ノートを参照してください。

新機能の項にあるヘルプ・トピックに対する改訂

Oracle BI EE 12cリリース(12.2.1)の新機能に関する項にある、新しいコマンドライン・ユーティリティのヘルプ・トピックには、重複したエントリが2つ含まれています。

コマンドDelete Application Role CommandRename Application Role Commandは、それぞれ1回だけリストする必要があります。

Oracle Business Intelligence Enterprise Edition開発者ガイド

『Oracle Business Intelligence Enterprise Edition開発者ガイド』では、次に示す問題に対処します。

偽装ユーザーの作成と使用に関する記載が不正確

Oracle Business Intelligence Enterprise Edition開発者ガイドの第1章「ADFアプリケーションでのBusiness Intelligenceオブジェクトの埋め込み」では、偽装ユーザーの作成および使用方法に関する項が不正確です。

代わりに次の手順を使用する必要があります。
Oracle Business Intelligence 12cで偽装ユーザーを構成する

11gのoracle.bi.server.impersonateUser権限は12cには存在しません。偽装する権限を持ったユーザーまたはアプリケーションを作成するには、リソース・タイプoracle.bi.userを使用し、名前にアスタリスク(*)、アクションに偽装を指定した権限付与を作成する必要があります。

注意:

新しく作成した権限をアプリケーション・ロールまたはユーザーのいずれかに付与することを選択できます。この例では、ユーザーを選択します。
  1. 管理者アカウントを使用してOracle BI EEインスタンスのFusion Middleware Controlに接続します。
  2. 「WebLogicドメイン」メニューから、「セキュリティ」を選択します。
  3. 「アプリケーション・ポリシー」をクリックします。
  4. 作成」をクリックして、「アプリケーション権限の作成」ページを表示します。
  5. 「権限」セクションで、「追加」(+)をクリックします。
  6. 「リソース・タイプ」を選択します。
  7. 「リソース・タイプ」リストからoracle.bi.userを選択します。
  8. 「続行」をクリックして、「権限の追加」ダイアログを表示します。
  9. 「リソース名」フィールドにアスタリスク(*)を入力します。
  10. 「権限アクション」セクションで偽装 | impersonateを選択します。
  11. 「選択」をクリックします。
    ここで、新しい権限受領者を追加します。
  12. 「権限受領者」セクションで、「追加」(+)をクリックして「プリンシパルの追加」ダイアログを表示します。
  13. ドロップダウン・リストから「ユーザー」を選択します。
  14. 「プリンシパル名」リストから「が次を含む」を選択し、フィールドにアスタリスク(*)を入力します。
  15. 検索の矢印アイコン(>)をクリックしてユーザー・リストを表示します。
  16. 権限を付与するユーザーを選択し、「OK」をクリックします。
    この例ではweblogicを使用しています。
  17. 「アプリケーション権限の作成」ページで「OK」をクリックします。
    これにより、偽装権限がユーザーに付与されます。
使用するWSDLバージョンに関する記載が不正確

Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイドの第1章「Oracle Business Intelligence Webサービスの概要」では、Oracle Business Intelligenceのセッション・ベースWebサービスに関する項を更新する必要があります。

最後の段落では、クライアントのバージョンに応じて、次のOracle BI EE WebサービスのURLのうちの1つを使用してWSDLドキュメントにアクセスすることを提案しています。

http://host:port/analytics-ws/saw.dll/wsdl/v6

http://host:port/analytics-ws/saw.dll/wsdl/v7

この段落では、v6やv7について記載するのではなく、Oracle BI EE 12cを記載する必要があり、新しいコードを開発するか、既存のコードを再コンパイルする場合は、バージョン12以降のOracle BI EE WebサービスのURLを使用する必要がありました。たとえば、次のようになります。

http://host:port/analytics-ws/saw.dll/wsdl/v12

カタログ・グループに関するドキュメントの記載が不適切

リリース12c(12.2.1.1.0)からは、カタログ・グループは削除されています。

『Oracle Business Intelligence Enterprise Editionジョブ・スケジューリング・ガイド』および『Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイド』にはカタログ・グル―プに関する記載があります。これらのガイドのカタログ・グループに関する記載は適用できません。

特に、次のメソッドはOracle BIリリース12.2.1.2.0、12.2.1.3.0および12.2.1.4.0では非推奨です。
メソッド セクション 用途 非推奨になった結果
getGroups() Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイドの3.13.6 ユーザーやグループなど、アカウントのメンバーであるカタログ・グループのリストを取得します。) 「getGroups操作はサポートされていないか、非推奨です」というようなレスポンスを返します。
getMembers() Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイドの3.13.7 カタログ・グループの直接のメンバーを取得します。 「getMembers操作はサポートされていないか、非推奨です」というようなレスポンスを返します。
『Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイド』は更新が必要

この問題は、更新されていないOracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイドの一部に対する更新について言及しています。

Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイドに対する更新が必要な項は次の通りです。

第5.3項 - アクション・フレームワークの構成

表5.3の前の文は、現在は次のようになっています。

Oracle BI EEのインストールでは、ActionFrameworkConfig.xmlという名前の構成ファイルを使用します。この構成ファイルを手動で編集し、アクション・フレームワークの動作方法を必要に合せて指定します。この構成ファイルは、デフォルトでは次の場所にあります。<Oracle Middleware Home>\user_projects\domains\bifoundation_domain\config\fmwconfig\biinstances\coreapplication

これはエラーです。構成ファイルは、デフォルトでは次の場所にあります。

<Oracle Middleware Home>\user_projects\domains\bi\config\fmwconfig\biconfig\actions

第9.2.3項「instanceconfig.xmlの更新」

現在、この手順のステップ2では、instanceconfig.xmlファイルが次の場所にあると記載されています。

ORACLE_INSTANCE/config/OracleBIPresentationServicesComponent/coreapplication_o bipsn

12cでは、instanceconfig.xmlファイルは次の場所にあります。

BI_DOMAIN/config/fmwconfig/biconfig/OBIPS

第9.3.6項「プロファイルの設定」

現在、この説明のステップ5は次のように記載されています。

5.結果の表示画面で、「職責」の下にOracle Business IntelligenceのURLを入力します。たとえば、次のようになります。
http://my_server.domain.com:port/analytics

これはエラーです。このパスの/analyticsの部分は省略する必要があります。

この説明のステップ5は、正しくは次のとおりです。

5.結果の表示画面で、「職責」の下にOracle Business IntelligenceのURLを入力します。たとえば、次のようになります。
http://my_server.domain.com:port

第9.3.7項「E-Business SuiteからOracle Business Intelligenceへのナビゲート」

現在、この説明のステップ4は次のように記載されています。

4.「メニュー」フィールドで、第9.3.3項「フォーム関数を起動するメニューの作成」で作成したメニュー(たとえば、OBIEE)を選択します。

Oracle Business Intelligenceにリンクするフォーム関数が起動します。

この説明のステップ4は、正しくは次のとおりです。

4.「メニュー」フィールドで、第9.3.3項「フォーム関数を起動するメニューの作成」で作成したメニュー(たとえば、OBIEE)を選択します。

これにより、Oracle Business Intelligenceが起動します。

authenticationschemas.xmlを更新するには文を追加する必要がある

Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイドの第10章「Oracle E-Business Suiteのセキュリティとの統合」では、authenticationschemas.xmlの更新に関する項がOracle BI EEリリース12.2.1以降には不適切です。

ステップ4とステップ5の間に、次の文を追加する必要があります。

サブ要素RequestVariable source="constant"の場所を探し、nameInSource属性の値をssiからドメイン構成中に作成したサービス・インスタンスの名前に変更します。明示的に選択しないと、デフォルト値はssiになります。たとえば、次のようになります。

<RequestVariable source="constant" type="auth" nameInSource="ssi" biVariableName="NQ_SESSION.SERVICEINSTANCEKEY" />

エントリがまだ存在しない場合は、新しいエントリを次の下に追加します。

<AuthenticationSchema name="EBS-ICX">
E-Business Suite認証の設定に関するドキュメント

『Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイド』の第10章「Oracle E-Business Suiteとの統合」では、認証の設定に関する項が不正確です。

Oracle Business Intelligenceと統合したE-Business Suite環境での認証のために初期化ブロックでセッション変数を使用する場合、軽量のシングル・サインオン(SSO)はリリース12.2.1.4.0では動作しません。軽量SSOはデフォルトで有効です。『Oracle Business Intelligence Enterprise Editionセキュリティ・ガイド』の軽量SSOとレガシー認証オプションに関する項を参照してください。

認証のために初期化ブロックでのセッション変数の使用を続行するには、軽量SSOを無効にする必要があります。disableBISingleSignOnコマンドを使用して軽量SSOを無効にする必要があります。『Oracle Business Intelligence Enterprise Editionセキュリティ・ガイド』のWLSTコマンドを使用したSSO認証の有効化および無効化に関する項を参照してください。

SSOを使用する必要がある場合、他のオプションを使用できます。

「Oracle E-Business Suiteセキュリティとの統合」の章は更新が必要

『Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイド』の第9章「Oracle E-Business Suiteのセキュリティとの統合」では、Oracle E-Business Suiteセキュリティを使用するためにOracle Business Intelligenceを設定する方法について説明します。

この章にある情報の一部は正確ではなくなり、「OBIEE 12cのOracle E-Business Suite (EBS)セキュリティとの統合」(文書ID 2174747.1)というタイトルのMy Oracle Supportノートにある情報に置き換えられました。Oracle E-Business Suiteセキュリティを使用するためのOracle Business Intelligenceの設定の詳細は、サポート・ノートを参照してください。

Oracle Business Intelligence Enterprise Editionジョブ・スケジューリング・ガイド

『Oracle Business Intelligence Enterprise Editionジョブ・スケジューリング・ガイド』では、次に示す問題に対処します。

カタログ・グループに関するドキュメントの記載が不適切

リリース12c(12.2.1.1.0)からは、カタログ・グループは削除されています。

『Oracle Business Intelligence Enterprise Editionジョブ・スケジューリング・ガイド』および『Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイド』にはカタログ・グル―プに関する記載があります。これらのガイドのカタログ・グループに関する記載は適用できません。

特に、次のメソッドはOracle BIリリース12.2.1.2.0、12.2.1.3.0および12.2.1.4.0では非推奨です。
メソッド セクション 用途 非推奨になった結果
getGroups() Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイドの3.13.6 ユーザーやグループなど、アカウントのメンバーであるカタログ・グループのリストを取得します。) 「getGroups操作はサポートされていないか、非推奨です」というようなレスポンスを返します。
getMembers() Oracle Business Intelligence Enterprise Editionインテグレーターズ・ガイドの3.13.7 カタログ・グループの直接のメンバーを取得します。 「getMembers操作はサポートされていないか、非推奨です」というようなレスポンスを返します。
偽装に関する記載は更新が必要

Oracle Business Intelligence Enterprise Editionジョブ・スケジューリング・ガイドは更新されなくなっているため、更新が必要です。

『Oracle Business Intelligence Enterprise Editionジョブ・スケジューリング・ガイド』は、パスワードと偽装に関する記載が明確ではありません。偽装が必要な場合、パスワードは指定しないでください。

Oracle Business Intelligenceシステム管理ガイド

次の事項は、『Oracle Business Intelligenceシステム管理ガイド』に関する問題への対応を示しています。

「Oracle Business IntelligenceでのOracle Essbaseの使用の概要」の章に関する訂正

『Oracle Business Intelligenceシステム管理ガイド』の「Oracle Business IntelligenceでのOracle Essbaseの使用の概要」の章には、いくつかの訂正が必要です。

「Essbaseアクティブーパッシブ・トポロジの概要」の項では、高可用性はアクティブ-パッシブ・トポロジを使用してサポートされると記述されています。これは正確ではありません。Essbaseは、高可用性構成をサポートしていません。フェイルオーバー・クラスタ構成の一部としてOracle Essbaseを使用する必要がある場合は、EssbaseをEPM 11.1.2.4およびOPMNプロセスとともに使用してください。

Oracle Business Intelligenceの詳細は、http://docs.oracle.com/en/middleware/を参照してください。

LogonExpireMinutes要素の非推奨

LogonExpireMinutes要素については、詳細な構成リファレンスに関する付録で説明しています。この要素は推奨されていません。かわりに、ClientSessionExpireMinutes要素を使用できます。

Oracle Business Intelligence Enterprise Edition XMLスキーマ・リファレンス

『Oracle Business Intelligence Enterprise Edition XMLスキーマ・リファレンス』では、次に示す問題に対処します。

RefObject要素の概要

『Oracle Business Intelligence XMLスキーマ・リファレンス』には、RefObject要素の様々な例が含まれます。

この要素を含める場合は、たとえガイドにある特定の例にid属性がなくても、id属性とqualifiedName属性を必ず両方含めてください。id属性を省略すると、オブジェクト・エラーを解決できませんでしたに類似したメッセージが表示される場合があります。

デリバリ・チャネルとしてのWeb Center Contentの追加

『Oracle Business Intelligence Publisher開発者ガイド』の改訂では、次に示す問題に対処します。

「Oracle BI PublisherのWebサービスのデータ型」の章では、次の更新が必要です。

Web Center Contentの配信用の新しいデータ型の追加

項「FTPDeliveryOption」の後に、新しい項「2.3.27 WCCDeliveryOption」を追加します。

次に示す2つの文を説明として使用し、次の表を追加します。

"このデータ型は、レポートをWCCで配信するために設定するオプションを定義します。最初にWCCサーバーをBI Publisherの「管理」ページで設定する必要があります。WCCサーバーを設定するには、Oracle Business Intelligence Publisher開発者ガイドの「配信先の設定」を参照してください。

"このデータ型は、ArrayOfWCCDeliveryOption複合データ型で使用されます。

フィールド 説明
文字列WCCAccount オプション。WebContent Serverからアカウントを選択します。
文字列WCCAuthor オプション。作成者の名前を入力します。作成者を指定しない場合、値はデフォルトでユーザーのログイン名になります。
文字列WCCComments オプション。コメントを入力して、WebContent Serverのドキュメントに含めます。
文字列WCCFileName 必須。サーバー上のファイルに割り当てる名前を入力します。例: report.pdf
ブールWCCIncludeMetadata 必須。Trueを指定すると、ドキュメントとともにカスタム・メタデータを送信できます。カスタム・メタデータはデータ・モデルで定義されます。
文字列WCCSecurityGroup 必須。WebContent Serverのセキュリティ・グループを選択して、レポートに割り当てます。
文字列WCCServerName 必須。BI Publisherの「管理」ページで定義されたWebContent Serverの名前を入力します。
文字列WCCTitle オプション。レポートのタイトルを入力します。タイトルを入力しない場合は、レイアウト名がタイトルとして使用されます。

新しい項「ArrayOfWCCDeliveryOption」の追加

「ArrayOfFTPDeliveryOption」の後に、新しい項「2.3.5 ArrayOfWCCDeliveryOption」を追加します。

次の説明と表を使用します。

"このデータ型は、WCCDeliveryOptionオブジェクトの配列を保持します。

フィールド 説明
WCCDeliveryOption [] item 2.3.27項「WCCDeliveryOption」を参照してください。

Web Center Contentの配信用の行の追加

「DeliveryChannels」の「表2-22 DeliveryChannelsにより使用可能になるフィールド」で、行「ArrayOfFTPDeliveryOption ftpOptions」の後に、次の表に示す説明を使用して行を追加します。説明は、新しい項「2.3.5 ArrayOfWCCDeliveryOption」と相互参照にする必要があります。

フィールド 説明
ArrayOfWCCDeliveryOption wccOptions 2.3.5項「ArrayOfWCCDeliveryOption」を参照してください。
文字列JDBCDriverType | String JDBCDriverTypeフィールドの説明が不正確

Oracle Business Intelligence Publisher開発者ガイドの第2章「Oracle BI Publisherのデータ・タイプ」では、JDBCDataSourceに関する項に文字列JDBCDriverType | String JDBCDriverTypeフィールドの不正確な説明が記載されています。

文字列JDBCDriverType | String JDBCDriverTypeフィールドの正確な説明は次の通りです。

ドライバー・タイプの文字列には、jdbcまたはjndiのいずれかを指定できます。

JobOutputおよびJobOutputDeliveryオブジェクトのステータス・フィールドの値

『Oracle Business Intelligence Publisher開発者ガイド』第2章に記載されているJobOutputおよびJobOutputDeliveryオブジェクトのstatusフィールドに示されている値は正しくありません。

getAllScheduledReportHistoryReturn Webサービスを通じて使用できるステータス値の正しいリストは次のとおりです。

JobOutputステータス値:
  • STATUS_RUNNING = 'R';

  • STATUS_SUCCESS = 'S';

  • STATUS_FAILED = 'F';

  • STATUS_CANCELLING = 'G';

  • STATUS_CANCELED = 'C';

  • STATUS_WITH_DELIVERY_ERROR = 'D';

  • STATUS_SKIPPED = 'K';

  • STATUS_WARNING = 'I'; 

  • STATUS_UNKNOWN = 'X';

JobOutputDeliveryステース値:

  • STATUS_FAILED = 'F';

  • STATUS_WARNING = 'I';

  • STATUS_UNKNOWN = 'X';

  • STATUS_RUNNING = 'R';

  • STATUS_SUCCESS ='S';

getScheduledJobInfoメソッドの定義に一貫性がない

Oracle Business Intelligence Publisher開発者ガイドの第3章「ScheduleService」では、getScheduledJobInfo()メソッドに関する項を更新する必要があります。署名がJobInfoオブジェクトを参照するのは不正確です。

現在、JobInfoオブジェクトは次のように参照されています。

JobInfo getScheduledJobInfo(int jobInstanceID, String userID, String password); 

代わりに、署名は次のようにJobDetailオブジェクトを参照する必要があります。

JobDetail getScheduledJobInfo(int jobInstanceID, String userID, String password);
FTPによる安全なドキュメント配信のためのSFTP_HOSTKEY_FINGERPRINTプロパティ

『Oracle Business Intelligence Publisher開発者ガイド』の第8章「Delivery Manager Java APIの使用」では、SFTP_HOSTKEY_FINGERPRINTプロパティに関する情報が表8–8「SFTP経由でのドキュメント配信のプロパティ」に記載されていません。正確な情報については、次の項を参照してください。

SFTP_HOSTKEY_FINGERPRINT

SSHホスト・キーのMD5フィンガープリントを16進の文字列で入力します。各バイトを区切るためにコロン(:)などのデリミタを含めないでください。このプロパティは省略可能です。

このプロパティが設定されている場合、実行時にサーバーから取得されたホスト・キーのMD5フィンガープリントが入力された値と一致するか検証されます。フィンガープリントの不一致はSSHクライアントが意図しないホストに接続しようとしていることを示しており、場合によっては中間者攻撃の結果である可能性もあるため、一致しない場合は接続が終了します。このプロパティが設定されていない場合、ホスト・キーのフィンガープリントを検証せずにホストへの接続が確立されます。

サポートされている構成ファイルのプロパティと要素

<hostKeyFingerprint>要素は<server type="sftp">でサポートされています

BI Publisherのレイアウト・エディタでカスタムJavaScriptプラグインがサポートされない

Oracle Business Intelligence Publisher開発者ガイドの第11章「レイアウト・エディタへの拡張機能の追加」には、JavaScript拡張プラグインをレイアウト・エディタに追加できる旨が記載されています。

レイアウト・エディタではカスタムJavaScriptプラグインはサポートされません。この問題の回避策はありません。

ReportRequestのattributeFormatフィールドのExcel出力形式値が正しくない

Oracle Business Intelligence Publisher開発者ガイドの第2章「Oracle BI Publisher Web Servicesのデータ型」の複合データ型に関する項に、ReportRequestデータ型のattributeFormatフィールドのExcel出力形式値について不正確な説明が記載されています。

attributeFormatサブセクションの値について、attributeFormatフィールドの出力形式値としてExcel (*.xlsx)ではなく誤ってExcel (*.xslx)と記載されています。

『Oracle Business Intelligence Publisher開発者ガイド』でScheduleRequestデータ型に抜けがある

Oracle Business Intelligence Publisher開発者ガイドの第2章「Oracle BI Publisher Web Servicesのデータ型」では、ScheduleRequestデータ型の次のフィールドの説明が抜けています。

フィールド 説明
boolean notifyHttpWhenSkipped オプション。ジョブがスキップされたときにHTTP通知を送信するには、trueを指定します。デフォルトはfalseです。
boolean notifyWhenSkipped オプション。ジョブがスキップされたときに電子メール通知を送信するには、trueを指定します。デフォルトはfalseです。
boolean saveOutputOption オプション。スケジュール済リクエストによって生成されたレポート出力をデータベースに保存するには、trueを指定します。デフォルトはfalseです。
boolean scheduleBurstingOption  オプション。スケジュール済ジョブでバーストを有効にするには、trueを指定します。デフォルトはfalseです。
downloadReportDataChunkチャンク・サイズがKB単位でなくバイト単位である

Oracle Business Intelligence Publisher開発者ガイドの第4章「ReportService」では、downloadReportDataChunk()メソッドに関するトピックに、int sizeフィールドについて不正確な説明が記載されています。

int sizeフィールドの正確な説明は次のとおりです。

int size - ダウンロードするファイルのサイズ(バイト単位)です。

PDFのマージ機能に関するドキュメント

Oracle Business Intelligence Publisher開発者ガイドの第7章「BI Publisher Java APIの使用」では、PDFドキュメント・マージ機能に関する項が適切でないため、次のテキストで置き換えられます。

PDFドキュメントのマージ

PDF Mergerクラスでは、複数ドキュメントをマージして単一のPDFドキュメントを作成する機能がサポートされています。ページの番号付け、透かしまたはその他の背景イメージを追加できます。

入力/出力ファイル名を使用したPDFドキュメントのマージ

次のコードは、物理ファイルを使用して2つのPDFドキュメントをマージ(連結)して、単一の出力ドキュメントを生成する方法を示しています。

入力
  • PDF_1ファイル名(文字列)

  • PDF_2ファイル名(文字列)

出力
  • PDFファイル名(文字列)

入力/出力ファイル名を使用したPDFドキュメントのマージのサンプル・コード

import java.io.*;
import oracle.xdo.common.pdf.util.PDFMerger;
.
.
.
  public static void main(String[] args)
  {

    PDFMerger merger = null;

    try
    {
      // Initialize PDFMerger - last argument is PDF file name for output
      merger = new PDFMerger(new File(args[args.length - 1]));

      // Add PDF documents to merge
      for (int i = 0; i < args.length - 1; i++)
      {
        merger.addDocument(new File(args[i]));
      }
    }
    catch (Exception exc)
    {
      exc.printStackTrace();
    }
    finally
    {
      if (merger != null)
      {
        // Close the merged document
        try
        {
          merger.close();
        }
        catch (Exception exc)
        {
          exc.printStackTrace();
        }
      }
    }
  }

入力/出力ストリームを使用したPDFドキュメントのマージ

入力
  • PDFドキュメント(入力ストリーム配列)

出力
  • PDFドキュメント(出力ストリーム)

入力/出力ストリームを使用したPDFドキュメントのマージ

import java.io.*;
import oracle.xdo.common.pdf.util.PDFDocMerger;
.
.
.
  public boolean mergeDocs(InputStream[] inputStreams, OutputStream outputStream)
  {
    PDFMerger merger = null;

    try
    {
      // Initialize PDFMerger
      merger = new PDFMerger(outputStream);
      
      // Add input stream one by one
      for (InputStream inputStream : inputStreams)
      {
        merger.addDocument(inputStream);
      }
    }
    catch (Exception exc)
    {
      exc.printStackTrace();
      return false;
    }
    finally
    {
      if (merger != null)
      {
        // Close the merged document
        try
        {
          merger.close();
        }
        catch (Exception exc)
        {
          exc.printStackTrace();
          return false;
        }
      }
    }

ページ番号を配置するための背景とのマージ

次のコードは、入力ストリームを使用して2つのPDFドキュメントをマージし、単一のマージ出力ストリームを生成する方法を示しています。ページ番号をPDFに追加できます。

ドキュメントとページ番号をマージするには、次のステップを実行します。

  1. 最終出力PDFドキュメントでページ番号を表示する位置にPDFフォーム・フィールドを組み込んだ背景用PDFテンプレート・ドキュメントを作成します。

  2. フォーム・フィールドに@pagenum @という名前を設定します。

  3. フィールドに、ページ番号の開始番号を入力します。フィールドに値を入力しない場合、開始ページ番号はデフォルトで1に設定されます。

入力:

  • PDFドキュメント(入力ストリーム配列)

  • 背景用PDFドキュメント(入力ストリーム)

出力:

  • PDFドキュメント(出力ストリーム)

ページ番号を配置するための背景とPDFドキュメントとのマージのサンプル・コード

import java.io.*;
import oracle.xdo.common.pdf.util.PDFDocMerger;
.
.
.
  public boolean mergeDocs(InputStream[] inputStreams, InputStream backgroundStream, OutputStream outputStream)
  {
    PDFMerger merger = null;

    try
    {
      // Initialize PDFMerger
      merger = new PDFMerger(outputStream);

      // Set Background
      merger.setBackground(backgroundStream);
      
      // Add input stream one by one
      for (InputStream inputStream : inputStreams)
      {
        merger.addDocument(inputStream);
      }
    }
    catch (Exception exc)
    {
      exc.printStackTrace();
      return false;
    }
    finally
    {
      if (merger != null)
      {
        // Close the merged document
        try
        {
          merger.close();
        }
        catch (Exception exc)
        {
          exc.printStackTrace();
          return false;
        }
      }
    }

    return true;
  }

テキストまたはイメージの透かしの設定

ドラフト・ドキュメントでは、すべてのページに「DRAFT」という透かしが必要になる場合があります。また、ドキュメントに背景イメージが必要な場合もあります。次のコード・サンプルは、PDFDocMergerクラスを使用して透かしを設定する方法を示しています。

テキストの透かしの設定

setTextDefaultWatermark()メソッドを使用して、次の属性でテキストの透かしを設定します。

  • テキストの角度(度): 55

  • 色: 明るい灰色(0.9, 0.9, 0.9)

  • フォント: Helvetica

  • フォント・サイズ: 100

  • 開始位置は、テキストの長さに基づいて計算されます。

または、setTextWatermark()メソッドを使用して、各属性を別々に設定する方法もあります。setTextWatermark()メソッドを次のように使用します。

  • setTextWatermark ("Watermark Text", x, y) - 透かしテキストを宣言し、開始位置のxおよびy座標を設定します。次に示す例では、透かしテキストは「Draft」、座標は200f, 200fです。

  • setTextWatermarkAngle (n) - 透かしテキストの角度を設定します。このメソッドをコールしない場合は、0(ゼロ)が使用されます。

  • setTextWatermarkColor (R, G, B) - RGBカラーを設定します。このメソッドをコールしない場合は、明るい灰色(0.9, 0.9, 0.9)が使用されます。

  • setTextWatermarkFont ("font name", font size) - フォントとサイズを設定します。このメソッドをコールしない場合は、Helvetica, 100が使用されます。

次の例は、これらのプロパティを設定し、PDFDocMergerをコールする方法を示しています。

入力:

  • PDFドキュメント(入力ストリーム)

出力:

  • PDFドキュメント(出力ストリーム)

PDFドキュメントでのテキストの透かしの設定のサンプル・コード

import java.io.*;
import oracle.xdo.common.pdf.util.PDFDocMerger;
.
.
.
  public boolean mergeDocs(InputStream[] inputStreams, OutputStream outputStream)
  {
    PDFMerger merger = null;

    try
    {
      // Initialize PDFMerger
      merger = new PDFMerger(outputStream);
      
      // You can use setTextDefaultWatermark() without these detailed setting
      merger.setTextWatermark("DRAFT", 200f, 200f); //set text and place
      merger.setTextWatermarkAngle(80);                //set angle 
      merger.setTextWatermarkColor(1.0f, 0.3f, 0.5f);  // set RGB Color

      // Add input stream one by one
      for (InputStream inputStream : inputStreams)
      {
        merger.addDocument(inputStream);
      }
    }
    catch (Exception exc)
    {
      exc.printStackTrace();
      return false;
    }
    finally
    {
      if (merger != null)
      {
        // Close the merged document
        try
        {
          merger.close();
        }
        catch (Exception exc)
        {
          exc.printStackTrace();
          return false;
        }
      }
    }

    return true;
  }

イメージの透かしの設定

イメージの透かしは、ドキュメントの背景全体または特定の領域(例: ロゴ表示領域)に表示されるように設定できます。次のように、長方形の座標を使用して、イメージの配置とサイズを指定します。

float[] rct = {LowerLeft X, LowerLeft Y, UpperRight X, UpperRight Y}

たとえば、次のようになります。

float[] rct = {100f, 100f, 200f, 200f}

イメージは、定義された長方形の領域にあわせてサイズが変更されます。

サイズを変更せずに実際のイメージ・サイズを使用するには、左下Xと左下Yの位置で配置を定義し、右上Xと右上Yの座標は-1fと指定します。たとえば、次のようになります。

float[] rct = {100f, 100f, -1f, -1f}

入力:

  • PDFドキュメント(入力ストリーム)

  • イメージ・ファイル(入力ストリーム)

出力:

  • PDFドキュメント(出力ストリーム)

PDFドキュメントでのイメージの透かしの設定のサンプル・コード

import java.io.*;
import oracle.xdo.common.pdf.util.PDFDocMerger;
.
.
.
  public boolean mergeDocs(InputStream[] inputStreams, OutputStream outputStream, String imageFilePath)
  {
    PDFMerger merger = null;

    try
    {
      // Initialize PDFMerger
      merger = new PDFMerger(outputStream);
      
      FileInputStream wmStream = new FileInputStream(imageFilePath);
      float[] rct = {100f, 100f, -1f, -1f};
      merger.setImageWatermark(wmStream, rct);

      
      // Add input stream one by one
      for (InputStream inputStream : inputStreams)
      {
        merger.addDocument(inputStream);
      }
    }
    catch (Exception exc)
    {
      exc.printStackTrace();
      return false;
    }
    finally
    {
      if (merger != null)
      {
        // Close the merged document
        try
        {
          merger.close();
        }
        catch (Exception exc)
        {
          exc.printStackTrace();
          return false;
        }
      }
    }

    return true;
  }

Oracle Fusion Middleware Business Intelligenceリリース・ノート, リリース12.2.1.4.0

E96111-04

Copyright © 2010, 2019, Oracle and/or its affiliates.All rights reserved.

このドキュメントでは、Oracle Business Intelligence Enterprise Editionの新機能およびその他の重要な変更について説明します。

このソフトウェアおよび関連ドキュメントの使用と開示は、ライセンス契約の制約条件に従うものとし、知的財産に関する法律により保護されています。ライセンス契約で明示的に許諾されている場合もしくは法律によって認められている場合を除き、形式、手段に関係なく、いかなる部分も使用、複写、複製、翻訳、放送、修正、ライセンス供与、送信、配布、発表、実行、公開または表示することはできません。このソフトウェアのリバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルは互換性のために法律によって規定されている場合を除き、禁止されています。

ここに記載された情報は予告なしに変更される場合があります。また、誤りが無いことの保証はいたしかねます。誤りを見つけた場合は、オラクル社までご連絡ください。

このソフトウェアまたは関連ドキュメントを、米国政府機関もしくは米国政府機関に代わってこのソフトウェアまたは関連ドキュメントをライセンスされた者に提供する場合は、次の通知が適用されます。

U.S. GOVERNMENT END USERS: Oracle programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, delivered to U.S. Government end users are "commercial computer software" pursuant to the applicable Federal Acquisition Regulation and agency-specific supplemental regulations. As such, use, duplication, disclosure, modification, and adaptation of the programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, shall be subject to license terms and license restrictions applicable to the programs. No other rights are granted to the U.S. Government.

このソフトウェアもしくはハードウェアは様々な情報管理アプリケーションでの一般的な使用のために開発されたものです。このソフトウェアもしくはハードウェアは、危険が伴うアプリケーション(人的傷害を発生させる可能性があるアプリケーションを含む)への用途を目的として開発されていません。このソフトウェアもしくはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用する際、安全に使用するために、適切な安全装置、バックアップ、冗長性(redundancy)、その他の対策を講じることは使用者の責任となります。このソフトウェアもしくはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用したことに起因して損害が発生しても、オラクル社およびその関連会社は一切の責任を負いかねます。

OracleおよびJavaはOracle Corporationおよびその関連企業の登録商標です。その他の名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

Intel、Intel Xeonは、Intel Corporationの商標または登録商標です。すべてのSPARCの商標はライセンスをもとに使用し、SPARC International, Inc.の商標または登録商標です。AMD、Opteron、AMDロゴ、AMD Opteronロゴは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標または登録商標です。UNIXは、The Open Groupの登録商標です。

このソフトウェアまたはハードウェア、そしてドキュメントは、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセス、あるいはそれらに関する情報を提供することがあります。お客様との間に適切な契約が定められている場合を除いて、オラクル社およびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスに関して一切の責任を負わず、いかなる保証もいたしません。お客様との間に適切な契約が定められている場合を除いて、オラクル社およびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセスまたは使用によって損失、費用、あるいは損害が発生しても一切の責任を負いかねます。