Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Toolkit for Eclipseの使用

「Oracle Cloud Infrastructureプリファレンス」を構成した後は、Eclipseを使用してテナンシに接続し、Oracle Cloud Infrastructureエクスプローラを使用してリソースを表示および更新できます。 プロファイルに保存された異なるアカウント間で切り替えることもできます。

リージョンを変更するには、エクスプローラのナビゲーション・バーでリージョン・アイコンをクリックし、ドロップダウンから選択します。

コンパートメントを変更するには、コンパートメント・アイコンをクリックし、ドロップダウンから選択します。

コンピュート・インスタンスでのToolkit for Eclipseの使用

Oracle Cloud Infrastructureエクスプローラで、コンピュートをダブルクリックして使用可能なリソースを表示します。

インスタンスのリストを表示するには、「インスタンス」をダブルクリックします。 リスト内の各項目を右クリックすると、その項目を起動、停止または再起動できます。

Block Volumesをダブルクリックして、ブロック・ボリュームのリストを表示することもできます。

オブジェクト・ストレージとのToolkit for Eclipseの使用

Oracle Cloud Infrastructureエクスプローラで、オブジェクト・ストレージをダブルクリックして使用可能なリソースを表示します。

バケットの操作

バケットを作成するには、オブジェクト・ストレージを右クリックして「新規バケットの作成」を選択します。

コンテンツと詳細を表示するには、バケットをダブルクリックまたは右クリックして、「バケットのオープン」を選択します。

バケットを削除するには、バケットの詳細を表示し、「バケットの削除」をクリックします。

オブジェクトの操作

オブジェクトをアップロードするには、宛先バケットを選択し、その詳細を表示します。 オブジェクト・リストを右クリックし、「オブジェクトのアップロード」を選択します。 1つ以上のファイルをオブジェクト・リストにドラッグしてアップロードすることもできます。

1つ以上のオブジェクトをダウンロードするには、右クリックして「オブジェクトのダウンロード」を選択します。

1つ以上のオブジェクトを削除するには、右クリックして「オブジェクトの削除」を選択します。