Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Ruby SDK

Ruby SDKにより、Oracle Cloud Infrastructure Resourceを管理するコードを作成できます。

このSDKとサンプルは、Universal Permissive License 1.0とApache License 2.0の下でデュアル・ライセンスがあります。サードパーティ・コンテンツは、コードの説明に従って個別にライセンスされています。

ダウンロード: Ruby SDKは、GitHubまたはRubyGemsで入手できます。

ドキュメンテーション: Ruby SDKのドキュメント

サポートされているサービス

  • お知らせ
  • 監査
  • 予算
  • Container Engine for Kubernetes
  • コンピュート自動スケーリング
  • 作業リクエストのコンピュート
  • コア・サービス(ネットワーキングコンピュートブロック・ボリューム)
  • データベース
  • DNS
  • 電子メール配信
  • ファイル・ストレージ
  • ヘルス・チェック
  • IAM
  • キー管理
  • ロード・バランシング
  • モニタリング
  • 通知
  • オブジェクト・ストレージ
  • リソース・マネージャ
  • 検索
  • ストリーミング
  • Web Application Acceleration and Security

問合せ先

貢献

提供するバグまたは新機能の修正を取得しましたか。 SDKはソースをオープンし、GitHub上で「プル・リクエストの受入れ」をオープンしています。

通知

Ruby SDKの新しいバージョンがリリースされたときに通知を受け取るには、「Atomフィード」にサブスクライブします。

質問またはフィードバック