Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Oracle Analytics for Applicationsデータの構成

機能管理者またはシステム管理者アプリケーション・ロールを持つクラウド・アカウント管理者は、データ・ロードおよびレポート構成の詳細を指定し、データ・ウェアハウスにおける「Oracle Fusionアプリケーション・サービス」ソース・データのロード方法および表示方法を決定するパイプラインのアクティブ化計画を作成します。

たとえば、初期抽出日に2019年1月1日を指定して、グローバル通貨を米ドル(USD)として指定し、トランザクションをグローバル通貨に換算するために使用する為替レートを選択できます。

データを構成するための一般的なワークフロー

これらのタスクをガイドとして使用して、Oracle Analytics for Applicationsデータを構成します。

タスク 説明 詳細情報
グローバル構成の詳細を指定 データ・プランを実行する前に、データ・モデル・ファイルにグローバル構成詳細を設定します。 グローバル構成の設定
レポート構成の詳細を指定 データ・プランを実行する前に、データ・モデル・ファイルのレポート構成詳細を設定します。 レポート構成の設定
パイプラインのアクティブ化計画の作成 「Oracle Fusionアプリケーション・サービス」データの分析を開始するには、データをデータ・ウェアハウスにコピーするプランを作成します。 パイプラインのアクティブ化計画の作成
パイプラインのアクティブ化計画の編集 パイプラインのアクティブ化計画をアクティブ化する前に、パイプラインのアクティブ化計画の詳細を変更できます。 パイプラインのアクティブ化計画の編集
パイプラインのアクティブ化計画のアクティブ化 データ・ウェアハウスにデータを実行およびロードするには、プランをアクティブ化する必要があります。 パイプラインのアクティブ化計画のアクティブ化
パイプラインのアクティブ化計画の非アクティブ化 パイプラインのアクティブ化計画のすべての増分設定ジョブおよびETL計画ジョブを非アクティブ化できます。 パイプラインのアクティブ化計画の非アクティブ化
パイプラインのアクティブ化計画の削除 パイプラインのアクティブ化計画をアクティブ化する前に削除できます。 パイプラインのアクティブ化計画の削除
機能領域のプランのリロード このアクションを実行して、選択した機能領域のデータをリフレッシュします。 パイプラインのアクティブ化計画のリロード
パイプラインのアクティブ化計画のリセット アクティブ化されたパイプラインのアクティブ化計画をリセットできます。 プランをリセットすると、データ・ウェアハウスからすべてのデータが削除されます。 パイプラインのアクティブ化計画のリセット
要求履歴の表示 機能領域別、ロード・タイプ別およびステータス別に、ロード・リクエスト履歴を表示します。 リクエスト履歴の表示

パイプラインのアクティブ化計画について

パイプライン・アクティブ化プランとは、機能領域に固有のデータをデータ・ウェアハウスにロードするロード計画です。

これらのプランには、機能領域に固有の構成パラメータが保持されます。 たとえば、General LedgerはFinanceの下の機能領域です。

次の状況では、パイプラインのアクティブ化計画を発行できません:
  • ロード進行中: 増分ロードが進行中の場合。
  • 積荷の停止: 増分ロードが次の時間に実行するようにスケジュールされている場合。
  • 日次リフレッシュ・リクエスト数を超えました: その日の非定型データ・リフレッシュ・リクエストの最大数を超えた場合。 この場合、次の日にリクエストを発行できます。

ベスト・プラクティスについて

パイプラインのアクティブ化計画を実行する前に従うベスト・プラクティスのリストを次に示します。

  • 機能領域のロードおよびレポート・パラメータを正確に定義してください。
  • オフ・ピーク時に実行するデータ・ロードをスケジュールします。
  • 週末および平日の増分ロード時に初期の全倉庫ロードを実行して、ユーザーが影響を受けないようにします。

グローバル構成について

グローバル構成の詳細はすべての機能領域に適用されます。

機能領域レベルで適用可能な構成詳細は、通貨、換算レート・タイプおよび初期抽出日時を使用して、増分ジョブの実行をスケジュールします。
  • グローバル通貨: ビジネスで複数通貨でトランザクションが取得される可能性があるため、通貨換算が