Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Linuxベースのインスタンスの「ブロック・ボリューム」パフォーマンス・テスト用サンプルのFIOコマンド

このトピックでは、Linuxベース・イメージから作成されたインスタンス上でOracle Cloud InfrastructureBlock Volumeサービスのパフォーマンス・テストを実行するために使用できるサンプルのFIOコマンドについて説明します。

FIOのインストール

Linuxベースのオペレーティング・システムを使用してインスタンスにFIOをインストールおよび構成するには、使用しているインスタンスのオペレーティング・システム・バージョンに適用可能なコマンドを実行します。

Oracle LinuxおよびCentOS
Ubuntu

FIOコマンド

IOPSパフォーマンス・テスト

IOPSのパフォーマンスをテストするには、次のFIO例コマンドを使用します。 コマンドを直接実行するか、コマンドを使用してジョブ・ファイルを作成してから、ジョブ・ファイルを実行できます。

ランダム読取りのテスト
ファイルのランダム読取り/書込みのテスト
ランダム読取り/書込みのテスト
順次読取りのテスト

スループット・パフォーマンス・テスト

次のFIOサンプル・コマンドを使用して、スループットのパフォーマンスをテストします。

ランダム読取りのテスト
ファイルのランダム読取り/書込みのテスト
ランダム読取り/書込みのテスト
順次読取りのテスト

レイテンシ・パフォーマンス・テスト

次のFIOサンプル・コマンドを使用して、レイテンシ・パフォーマンスをテストしてください。 コマンドを直接実行するか、コマンドを使用してジョブ・ファイルを作成してから、ジョブ・ファイルを実行できます。

レイテンシのランダム読み取りのテスト
レイテンシのランダム読取り/書込みのテスト