Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

ブート・ボリュームのリスト

特定のコンパートメント内のすべてのブート・ボリューム、または単一のブート・ボリュームに関する詳細情報をリストすることができます。

必要なIAMサービス・ポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者が作成するポリシーで、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのどちらを使用しているかにかかわらず、必要なタイプのアクセスを付与する必要があります。 アクションを実行しようとしたときに、権限のないメッセージや権限のないメッセージを取得する場合は、管理者に付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを確認してください。

管理者向け: 「ユーザーがコンピュート・インスタンスを起動できるようにします」のポリシーには、ボリュームをリストする機能が含まれています。 「ボリューム管理者によるブロック・ボリューム、バックアップおよびボリューム・グループの管理」のポリシーでは、指定されたグループはブロック・ボリュームとバックアップを使用してすべてを行いますが、インスタンスは起動しません。

新しいポリシーの場合は、「ポリシーの開始」「共通ポリシー」を参照してください。 インスタンス、クラウド・ネットワーク、またはその他の「コア・サービスAPI」リソースのポリシーを作成する方法について詳しくは、「コア・サービスの詳細」を参照してください。

コンソールの使用

  1. 「ナビゲーション・メニュー」を開きます。 コア・インフラストラクチャの下で、コンピュートに行き、「ブート・ボリューム」をクリックします。

  2. 「コンパートメント」を選択してください。

現在のコンパートメントのボリュームの詳細なリストが表示されます。 特定のボリュームの詳細情報を表示するには、ブート・ボリューム名をクリックします。

ブート・ボリュームに関連付けられたインスタンスは、「アタッチされたインスタンス」フィールドにリストされます。 このフィールドの値が表示された場合:

None in this Compartment.

ブート・ボリュームが関連インスタンスからデタッチされているか、またはブート・ボリュームが保存されている間にインスタンスが終了しています。

別のコンパートメントのボリュームを表示するには、「コンパートメント」ドロップダウン・メニューでコンパートメントを変更します。

APIの使用

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

ブート・ボリュームをリストする:

コンパートメント内のブート・ボリュームのリストを取得します。

シングル・ブート・ボリュームを取得する:

単一のブート・ボリュームに関する詳細情報を取得する: