Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

ポリシー・ベースのバックアップ

Oracle Cloud Infrastructure Block Volumeサービスは、スケジュールに従ってボリューム・バックアップを自動的に実行し、選択したバックアップ・ポリシーに基づいてそれらを保持する機能を提供します。 これにより、データのコンプライアンスおよび規制要件に準拠することができます。

警告

ポリシーベース・バックアップによるBlock Volumeの削除

すべてのポリシーベースのバックアップは最終的に期限切れになるので、ボリューム・バックアップを無期限に保つには、手動バックアップを作成する必要があります。

ボリューム・バックアップ・ポリシー

Bronze、Silver、Goldの3つの定義済みバックアップ・ポリシーがあります。 各バックアップ・ポリシーには、バックアップ頻度と保存期間が設定されています。

ブロンズ・ポリシー

ブロンズ・ポリシーには、月の最初の日に実行される毎月の増分バックアップが含まれます。 これらのバックアップは12ヶ月間保持されます。 このポリシーには、毎年1月1日に実行される完全バックアップも含まれます。 完全バックアップは5年間保持されます。

シルバー・ポリシー

シルバー・ポリシーには、毎週日曜日に実行される増分バックアップが含まれています。 これらのバックアップは4週間保持されます。 この方針には、毎月の増分バックアップも含まれ、月の最初の日に実行され、12か月間保持されます。 1月1日に毎年実行されるフル・バックアップも含まれています。 完全バックアップは5年間保持されます。

ゴールド・ポリシー

ゴールド・ポリシーには、毎日の増分バックアップが含まれます。 これらのバックアップは7日間保持されます。 このポリシーには、毎週日曜日に実行され、4週間保持される増分バックアップも含まれます。 また、毎月の増分バックアップ、月の初日に実行、12ヶ月間保持、フル・バックアップは毎年1月1日に実行されます。 完全バックアップは5年間保持されます。

ボリュームへのバックアップ・ポリシーの割り当て

Oracle Cloud Infrastructureで新しいボリュームを作成すると、その時点で適切なバックアップ・ポリシーを選択できます。詳しくは、「ボリュームの作成」を参照してください。

要件が変更された場合は、別のバックアップ・ポリシーを選択するか、すべてを一緒に削除してスケジュールと保存期間を調整できます。 また、既存のボリュームにバックアップ・ポリシーを割り当てることもできます。 「コンソールの使用」を参照してください。

必要なIAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者が作成するポリシーで、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのどちらを使用しているかにかかわらず、必要なタイプのアクセスを付与する必要があります。 アクションを実行しようとしたときに、権限のないメッセージや権限のないメッセージを取得する場合は、管理者に付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを確認してください。

重要

バックアップ・ポリシーを表示または使用するには、事前定義済のバックアップ・ポリシーが配置されているルート・コンパートメントにアクセスする必要があります。

管理者向け: 「ボリューム管理者によるブロック・ボリューム、バックアップおよびボリューム・グループの管理」のポリシーは、指定されたグループがブロック・ボリュームとバックアップを使用してすべてを実行できるようにします。 「ボリューム・バックアップ管理者にバックアップのみを管理させる」のポリシーは、バックアップの作成と管理だけにアクセスを制限します。

ヒント

ユーザーがボリュームからバックアップを作成したり、バックアップからボリュームをリストアする場合、ボリュームとバックアップを同じコンパートメントに置く必要はありません。
ただし、ユーザーは両方のコンパートメントにアクセスできる必要があります。

新しいポリシーの場合は、「ポリシーの開始」「共通ポリシー」を参照してください。 インスタンス、クラウド・ネットワーク、またはその他の「コア・サービスAPI」リソースのポリシーを作成する方法について詳しくは、「コア・サービスの詳細」を参照してください。

コンソールを使用した場合

コンソールを使用すると、既存のボリュームのバックアップ・ポリシーを割り当てたり変更したりすることができます。

バックアップ・ポリシーを割り当てるには
バックアップ・ポリシーを削除するには
バックアップ・ポリシーを変更するには

バックアップの詳細については、「Block Volumeのバックアップの概要」「新しいボリュームへのバックアップのリストア」を参照してください。