Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

コンピュート・インスタンスの管理

インスタンス構成やインスタンス・プールなどのリソースを使用して、コンピュート・インスタンスの管理を簡略化できます。

インスタンス構成は、コンピュート・インスタンスの作成時に使用する設定を定義するテンプレートです。

インスタンス・プールは、インスタンス構成に基づいて作成された同じリージョン内のインスタンスのグループです。

インスタンス構成

インスタンス構成では、ベース・イメージ、シェイプ、メタデータなどの詳細を含め、コンピュート・インスタンスをインスタンス・プールの一部として作成する際に使用する設定を定義します。 また、ブロック・ボリュームのアタッチメントやネットワーク構成など、インスタンスに関連付けられたリソースを指定することもできます。

既存のコンピュート・インスタンスからインスタンス構成を作成します。 ステップについては、「インスタンス構成の作成」を参照してください。

既存のインスタンス構成を変更するには、必要な設定を使用して新しいインスタンス構成を作成します。

インスタンス構成を削除ステップは、「インスタンス構成の削除」を参照してください。

次のAPI操作を使用して、インスタンス構成を操作します。

インスタンス・プール

インスタンス・プールでは、同じインスタンス構成に基づき、同じリージョン内で複数のコンピュート・インスタンスをプロビジョニングおよび作成できます。 また、ロード・バランシング・サービスやIAMサービスなどの他のサービスとの統合も可能となるため、インスタンスのグループの管理が容易になります。

インスタンス・プールは、既存のインスタンス構成を使用して作成します。 ステップについては、「インスタンス・プールの作成」を参照してください。

CPU使用率などのパフォーマンス・メトリックに基づいて、インスタンス・プールのインスタンス数を自動的に調整できます。 これを行うには、インスタンス・プールの自動スケーリングを有効にします。 バックグラウンド情報およびステップについては、「自動スケーリング」を参照してください。

インスタンス・プールを作成した後、コンソールからサイズを更新し、ロード・バランサをアタッチまたはデタッチできます。 追加の設定を更新するには、CLI、API、またはSDKを使用する必要があります。

インスタンス構成を更新する必要がある場合は、新しいインスタンス構成を作成してから、インスタンス・プールを更新して新しいインスタンス構成を使用します。 詳細は、「インスタンス・プールの更新」を参照してください。

インスタンス・プールを削除するステップは、「インスタンス・プールの削除」を参照してください。

警告

インスタンス・プールを削除すると、そのすべてのリソースが、関連するインスタンス、アタッチされているブート・ボリューム、ブロック・ボリュームを含む完全に削除されます。

インスタンス・プールのライフサイクル状態

次に、インスタンス・プールの様々なライフサイクル状態について説明します。

  • プロビジョニング: インスタンス・プールを作成する場合、これはインスタンス・プールが存在する最初の状態です。 インスタンス・プールのインスタンスは、指定されたインスタンス構成に基づいて構成されています。

  • 起動: インスタンスを起動中です。 この時点で実行可能な処理は、インスタンス・プールを終了することのみです。

  • 実行中: インスタンスが作成され、実行中です。

  • 停止中: インスタンスの停止処理中です。

  • 停止: インスタンスが停止しています。

  • スケーリング: インスタンス・プールが作成されたら、インスタンス・プール・サイズを更新すると、この状態は作成中(サイズの拡大)、または終了中(サイズの減少)になります。 この時点で実行可能な処理は、インスタンス・プールを終了することのみです。

  • 終了: インスタンスおよび関連リソースを終了しています。

  • 終了: インスタンス・プール、そのインスタンスおよび関連リソースがすべて終了します。

インスタンス構成およびインスタンス・プールを操作する場合は、次の点に注意してください。

  • 少なくとも1つのインスタンス・プールに関連付けられているインスタンス構成は削除できません。

  • 複数のインスタンス・プールに対して同じインスタンス構成を使用できます。 ただし、インスタンス・プールに関連付けられるインスタンス構成は1つのみです。

  • インスタンス構成は、関連付けられたインスタンス・プールを作成するのと同じコンパートメント内に存在する必要があります。

  • インスタンス・プールが拡張期間のスケーリングまたはプロビジョニング状態になっている場合、リクエストされたインスタンスの数が、そのシェイプおよび可用性ドメインのテナンシ・サービス制限を超えた可能性があります。 テナンシ「サービスの制限」コンピュートを確認してください。 制限の増加をリクエストする場合は、「サポートに連絡してください」を実行する必要があります。 詳細は、「サービス制限」を参照してください。 この場合、インスタンス・プールを終了して再作成する必要があります。

  • インスタンス・プールのインスタンス構成を変更しても、そのプールの一部である既存のインスタンスは変更されません。 インスタンス構成の変更後に作成された新規インスタンスでは、新規インスタンス構成が使用されます。 インスタンス・プールのサイズを増やすか、既存のインスタンスを終了するまで、新しいインスタンスは作成されません。

  • インスタンス・プールのサイズを減らすと、最も古いインスタンスが最初に終了します。

次のAPI操作を使用して、インスタンス・プールを管理します。