Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Bring Your Own Image

Oracle Cloud Infrastructureを使用すると、基盤となるハードウェアがサポートしている限り、オペレーティング・システム(OS)のバージョンをクラウドに移行できます。 サービスは、実行するOSに依存しません。 Bring Your Own Image (BYOI)機能:

  • リフト・アンド・シフト・クラウド移行プロジェクトを可能にします。
  • 古いオペレーティング・システムと最先端のオペレーティング・システムの両方をサポートします。
  • 実験を奨励します。
  • インフラの柔軟性を向上させます。
ノート

ライセンス要件

提供するOSイメージに基づいてインスタンスをアップロードして起動するときは、すべてのライセンス要件に従わなければなりません。

Bring Your Own Imageシナリオ

Oracle Cloud InfrastructureでサポートされているBring Your Own Imageシナリオには、新しいオペレーティング・システム・イメージに基づくシナリオと既存のオペレーティング・システム・イメージに基づくシナリオが含まれます。

新しいオペレーティング・システム・イメージの構築

Oracleには、Oracle Linux、Microsoft Windows、UbuntuおよびCentOS用の事前構築されたイメージがいくつか用意されています。 イメージの完全なリストについては、「Oracle提供イメージ」を参照してください。

既存のオペレーティング・システム・イメージを表示