Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

Compute Bare Metalインスタンスのヘルス・モニタリング

ベアメタル・インスタンスのComputeヘルス・モニタリングは、ベアメタル・インスタンスにおけるハードウェアの問題に関する通知を提供する機能です。 健全性モニタリング機能を使用すると、DIMM、CPU、マザーボード、NVMeドライブなどのコンポーネントを含むベアメタル・インスタンス・ハードウェアのヘルスを簡単にモニタリングできるようになりました。 通知を使用して問題を特定し、インスタンスを事前に再デプロイして可用性を改善できます。

ヘルス・モニタリング通知は、発生したエラーの1営業日以内にテナント管理者に電子メールで送信されます。 この警告を使用すると、潜在的なハードウェア障害の前にアクションを実行し、インスタンスを正常なハードウェアに再デプロイしてアプリケーションへの影響を最小限に抑えることができます。

Computeヘルス・モニタリングのエラー・メッセージのガイダンス

この項では、ヘルス・モニタリング・エラーの最も一般的なメッセージと、ベアメタル・インスタンスについて試行する際のトラブルシューティングの提案について説明します。

通知Eメール内の情報と一致するエラー・メッセージをクリックして、トラブルシューティング・セクションを展開します。

1: PCIサブシステムで障害が検出されました
2:メモリー・サブシステムで障害が検出されました。
3: インスタンスの起動中または最新の再起動中に、メモリー・サブシステムでフォルトが検出されました
4: 1つ以上のCPUでフォルトが検出されました
5: インスタンス管理コントローラでフォルトが検出されました