Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

インフラストラクチャ・ヘルス・メトリック

「メトリック」「アラーム」、および「通知」を使用して、「コンピュート」ベアメタル・インスタンスのヘルス、容量およびパフォーマンスを監視できます。

このトピックでは、メトリック・ネームスペースoci_compute_infrastructure_healthによって生成されたメトリックについて説明します。

リソース: ベア・メタル「コンピュート」のインスタンス。

メトリックの概要: oci_compute_infrastructure_health

インフラストラクチャの健全性メトリックは、CPU、マザーボード、DIMM、NVMeドライブなどのハードウェア・コンポーネントを含むベアメタル・インスタンスのインフラストラクチャのヘルスを監視するのに役立ちます。 これらのメトリックを使用してハードウェアの問題を特定したり、アプリケーションへの影響を最小限に抑えるように「事前の対処方法」を使用できます。

必要なIAMポリシー

リソースを監視するには、管理者によって作成されたポリシーに必要なタイプのアクセス権が付与されている必要があります。これは、コンソール、SDKやCLI、またはその他のツールとともにREST APIを使用しているかどうかに関係なく実行できます。 ポリシーによって、モニター・サービスおよびモニターされているリソースにアクセスできるようにする必要があります。 アクションを実行しようとしたときに、権限のないメッセージや権限のないメッセージを取得する場合は、管理者に付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを確認してください。 モニター用のユーザー承認の詳細は、関連サービスの認証と認可のセクションを参照してください: 「モニタリング」または通知

使用可能なメトリック: oci_compute_infrastructure_health

次の表に示すメトリックは、作成するベア・メタル・インスタンスごとに自動的に使用可能です。 このメトリックを取得するためにインスタンスでモニタリングを有効化する必要はありません。

モニタリング・サービスを使用して、「カスタム問合せ」を作成することもできます。

このメトリックには、次のディメンションが含まれます:

faultClass
ハードウェアの問題のタイプ:
  • CPU: 1つ以上のCpuで障害が検出されました。

  • MEM-BOOT: インスタンスの起動中または最近の再起動中にメモリー・サブシステムで障害が検出されました。

  • MEM-RUNTIME: メモリー・サブシステムで障害が検出されました。

  • MGMT-CONTROLLER: インスタンス管理コントローラの障害が検出されました。

  • PCI: PCIサブシステムの障害が検出されました。

resourceDisplayName
インスタンスのわかりやすい名前。
resourceId
インスタンスのOCID。
メトリック メトリック表示名 単位 説明 ディメンション
health_status インフラストラクチャ・ヘルス・ステータス 問題 問題の数 ゼロ以外の値はすべて、ヘルスの欠陥を示します。

faultClass

resourceDisplayName

resourceId

コンソールの使用

単一のコンピュート・インスタンスのインフラストラクチャ・ヘルス・メトリックを表示するには
コンパートメント内のすべてのコンピュート・インスタンスのインフラストラクチャ・ヘルス・メトリックを表示するには

APIの使用

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

モニタリングには次のAPIを使用します: