Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

インスタンス・プールの削除

不要になったインスタンス・プールを完全に削除できます。

警告

インスタンス・プールを削除すると、そのすべてのリソースが、関連するインスタンス、アタッチされているブート・ボリューム、ブロック・ボリュームを含む完全に削除されます。

必要なIAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者が作成するポリシーで、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのどちらを使用しているかにかかわらず、必要なタイプのアクセスを付与する必要があります。 アクションを実行しようとしたときに、権限のないメッセージや権限のないメッセージを取得する場合は、管理者に付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを確認してください。

管理者向け: インスタンス・プールおよびインスタンス構成へのアクセス権を付与する一般的なポリシーについては、「ユーザーにコンピュート・インスタンスの構成、インスタンス・プールおよびクラスタ・ネットワークを管理させます」を参照してください。

コンソールの使用

  1. 「ナビゲーション・メニュー」を開きます。 コア・インフラストラクチャの下で、コンピュートに移動し、「インスタンス・プール」をクリックします。
  2. 削除するインスタンス・プールをクリックします。
  3. 「アクション」をクリックし、「終了」をクリックします。
  4. インスタンス・プールの名前を入力し、「終了」をクリックします。

    操作の進行状況を追跡するために、関連する作業リクエストをモニターできます。 詳細は、「コンソールを使用した作業リクエストの表示」を参照してください。

APIの使用

APIおよび署名リクエストの使用については、REST APIおよび「セキュリティ資格証明」を参照してください。 SDKの詳細は、「ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェース」を参照してください。

TerminateInstancePool操作を使用して、インスタンス・プールを削除します。